K38は、アメリカ沿岸警備隊(日本の海上保安庁)から認定されており、水上オートバイに関する法律、ルールやマナー等を教育しています。またインストラクターの育成にも力を注いでいます。日本では、以下の通り、4エリアで7名ほどのインストラクターを配置しています。