プロジェクト概要

津波被災地で頑張るペット達と飼い主さん達に

コミュニケーションの場を!

 

宮城県気仙沼市は現在、ペットショップ無し、ドッグラン無し、ドッグカフェ無しの状況で、ペットにとって、動物を愛する飼い主様にとって良い生活環境とは言えません。
そこで、ペット、飼い主様のコミュニケーションの場をつくり、笑顔と元気を被災地に送るべく、この町で月に一度移動式ドッグカフェ「気仙沼Dog Place」を開催します!

 

 

しかし、開催日程は決まり、待ち望んでいる方が多い中、開催資金が不足しています。皆様、被災地で頑張るペット達のために、開催費用をご支援いただけないでしょうか?

 

 

 

こんにちは。宮城県仙台市にて「ペット輸送ゆりかご」を運営する藤田直之と申します。一昨年に発生した東日本大震災以来、たくさんの全国の皆さんに支えていただきながら"被災地で頑張るペット達とその飼主さん"を応援する活動を行ってまいりました。 震災発生直後には、仙台市動物管理センターに集まるペット用物資を一軒ずつお届けして回ったり、避難所に身を寄せるペット達に届けたりと自分が出来ることで被災地支援をしてまいりました。

 

(お預かりした大事なペット用品を一軒ずつお届けしています)

 

半年が過ぎる頃から、多くの方々から直接私へペットフードやペット用品を送っていただき、それらを必要に応じて飼い主様に自らお届けをして回りました。それは時間の経過と共に変化する環境、状況、そして被災をした皆さんの気持ちに触れて、寄り添うとてもデリケートな経験でした。

 

 

(全国の皆様からいただいた物資があふれんばかり)

 

 

(物資が届いて犬も満足そう!)

 

 

小さな「支援」を継続して大きな「力」に

 

その後、活動は時間の経過と共にカタチを変え、全国の方々、ラジオ局インターFM様、一般社団法人盲導犬総合支援センター様、スポナビハワイ・ドットコム様等の応援やご支援により今も継続をしています。 下記ブログでは当社の被災地での活動を報告、発信をしています。
『心、つながる!ミンナでヒトツ!2011.3.11 東日本大震災「復興の輪」ブログ』 
http://tunagaru.yurikago-yusou.com/

 

 

 

被災地を回って、必要だと気付いたこと
それは、笑顔になってもらうこと!

 

私自身がこの活動を通して感じたこと、それは「人を支える、応援をする」ことの大切さです。あの凄惨な景色の中で日々を送る飼主さん達に喜んでもらえる事、笑顔になって前を向いてもらう事こそが一歩ずつ進む復興へのエネルギーになると実感しています。そして、笑顔をつくるためには、人間の力だけではなく、家族同然のペットももちろん大事な存在で、その笑顔をつくるための場をつくり出したいと思っています。

 

 

(窮屈な仮設住宅の生活でも、ペットと共にいれば自然と笑顔に)

 

 


まずは、皆さんが集う「場」をつくることから

 

被災地へ何度も足を運び、ペット達に会い、飼主さん達と会話をする中で生まれたた企画が『移動式ドッグカフェ 気仙沼Dog Place』です!
なぜこの企画を考えついたかというと、理由があります。
まず第一に、飼い主さん同士のコミュニケーションの場をつくるべき、と感じたからです。というのも、飼主さん同士のコミュニケーションは病気やしつけの知識を得る意味でも大切なことですが、転居を余儀なくされた方々の中にはそういったコミュニティを失ってしまった方もいます。
そして、そういったコミュニティをつくり出すには「場」が必要になります。
私は、移動式ドッグカフェを開催することで、まずはその土台となる「場」をつくり出したいと考えています。

 

 

 

 

「場」をつくることで、コミュニケーションを育てていく

 

さらに、現在仮設住宅にお住まいの方で問題となっていることとして、引きこもりがちになってしまっている、ということがあります。そういった方々にも、ペットと一緒に外出するひとつのきっかけのひとつになれば良いな、という思いがあります。
また、ペットと暮らしたくても環境面で難しい方もいる中、ご希望やご依頼があれば仮設住宅などでドッグセラピーを兼ねて開催をすることも可能で、移動式ならではの、その場に合わせた対応をすることができます。

 

 

すでにご協力いただける声があがっています!!

 

開催時には今までの活動で出会った方々にご協力をあおぎ「しつけ相談会」などのイベントも行う予定です。また、この企画を行うにあたり被災地で頑張る飼主さん達から、

「私、地元新聞に知り合いがいるから告知してもらいます」

「じゃあ私はポスターを作ってアチコチに...。」

「私、開催できそうな場所に心当たりがあるから!」

と、とても前向きで具体的なご協力の声があがり、皆さんご無理のない範囲で運営にも参加をしていただく予定になっております。

 


すでに多くの現地の方々からご支援の声をいただいている中、
資金面の不足だけが問題となっております。 多くの御支援を頂くことで、必ず成功します!成功させます! 皆様、どうかご協力の程、宜しくお願い致します!

 

 

 

 

 

大きな「力」をもっと、もっと、もっと大きな「力」に!

 

最後になりましたが、この企画『気仙沼Dog Place』にはまだ続きがあります。 震災から二年が経ちましたが瓦礫等が撤去された寂しい光景、物哀しい姿の土地が被災地にはまだまだ広がっています。この企画『気仙沼Dog Place』をキッカケにこれからのまちづくり、公園整備の際においてまだ被災地にはない「公営ドッグラン」がこの地に出来るようにとの願いも持っております。この企画がその第一歩となり、また沢山の皆様の想いに支えて頂くことにより、より良い未来へと繋がりますように!

 

‐イベント詳細‐

開催日時: 7月7日日曜日
開催場所: トヨタカローラ気仙沼店駐車場(移動式ドッグカフェ)

‐引換券詳細‐

★お礼状

気仙沼DogPlaceより「被災地で頑張るペット達と飼主さん」からの感謝メッセージを添えてお送りします。

★サイトお名前掲示

インターネット上の気仙沼Dog Placeページにてお名前を掲示させて頂きます。

★チャリティ・ステッカー

気仙沼Dog Place チャリティ・ステッカーをお送りします。

★オリジナル・シャツ

気仙沼Dog Place オリジナルシャツをお送りします。

★サイト内にリンクバナー(小)掲出

インターネット上の気仙沼DogPlaceページにてリンクバナーを掲出させて頂きます。

(ご希望により掲出されなくても構いません)
★サイト内にリンクバナー(大)掲出

インターネット上の気仙沼Dog Placeページにてリンクバナーを掲出させて頂きます。

(ご希望により掲出されなくても構いません)  
 


最新の新着情報