プロジェクト概要

今年、ぜひ日本語吹替したい作品は「AT EYE LEVEL 」です。

 

 

孤児のミッヒと、小人症のトムの交流を通じて差別・偏見を「自分ごと」に感じる


「差別や偏見がない世の中に」とは頭ではわかってはいるつもりでも、小人病の人が自分の父親だとわかるシーンで、やはり私も、ミッヒと同じくショックを受けました。さまざまな顛末があって、共同生活を始めるミッヒとトムですが、最初は本当にこれ以上ないぐらいに、ぎごちない。それもまたとてもリアルでした。 
 
最初は、この二人が、どうなるのだろう?と不安さえ覚えるほどです。
 
もちろん、ミッヒの出現は、トムにとっても、晴天の霹靂(へきれき)。人一倍背が低い小人症ではありますが、カヌーのチームを率いる監督という仕事を持つトムは、誇るべき仕事をもち、誰に頼るでもない、きままなシングルライフを送っていました。突然現れた、愛する人の面影を残したミッヒと、ミッヒの動揺を感じ取り、自分には父親の資格がないんじゃないか、と悩みます。心配する同僚に対しても、「お前たちにわかるはずない」と突き放してしまいます。
 
しかし、なにげなく「一緒に時間をすごすこと」が二人の距離を縮めいきます。映画を見終わる頃には、偏見や差別が、人間同士の絆の前では、あまりに小さいことに気づきました。
 
自分の中にあった「偏見」に気付かされてくれた作品であり、親子のきずな、友達とのきずな、の意味を教えてくれたこの映画に感謝しました。
 
これからを生きる子どもたちに
映画ができることは、沢山あると私は信じています。

 

 

 

今年の11月の25〜27日に、

第3回こども国際映画祭in沖縄<KIFFO(キフォー)>を開催します!

 

吹き替えによって、子どもたちが字幕を読む負担を減らし

映画をより楽しんでもらえる環境を作りたいと考えています。

 

皆様、応援よろしくお願い致します!

 

 

 

こんにちは。沖縄で小さな映画会社ククルビジョンの代表を務めます宮平貴子です。

まずは下の動画をクリックして昨年のご報告と今年のチャレンジをごらん下さい!

 

 

 

2014年3月に(公財)沖縄県文化振興会の支援を受け1日のプレイベントを行い、その年の11月にこども国際映画祭in沖縄<KIFFO(キフォー)>を立ち上げ、2015年11月は継続の第一歩である第2回目を開催しました。

 

その際は、初めてREADYFORを通じて小さい吹き替え費用の支援を募りました。クラウドファインディングは、100名近くの方にご協力いただき、来場者数は1028名にものぼりました。今年は新たな取り組みとして、3,000円のリターンより映画入場券を1枚進呈します。

 

入場券は、自分で使用するか、沖縄で子どもの支援を行っている団体に寄付し、子どもたちに届けることを選ぶことができます。

 

英語でのアナウンスに挑戦するこどもたち

 

おかげさまで、昨年は1028名を超える来場者にめぐまれ、

インド映画「レインボー」の吹き替え版も、

たくさんのご家族と、こどもたちに見ていただけました。

 

長蛇の列ができました!

 

字幕を読むことは、小さな子どもたちにとってはかなり負担となります。そこで昨年の挑戦では、みなさまにお手伝いいただき、吹き替えの費用を応援していただきました。おかげさまで、1000名を超える来場者を迎え大盛況で幕を閉じました。

 

昨年度は、インド映画「レインボー」もさることながら、難民や貧困の問題を明るいタッチで描いたドイツの「赤い船のローラ」も大好評、そして、日本からは、尾関玄さんの初監督作「ハルを探して」が、福島を身近に感じ、青春を思い出す、とKIFFOのセレクション作品全てが好評を得ました。

 

こども審査員5名が白熱の議論を交わし、グランプリをとったのは・・・。ドイツの「赤い船のローラ」でした!こども審査員は、意見を書く紙がびっしりうめつくされるほど、たくさん意見を交わしあい(写真)、映画を吟味し決定しました。乏しい家の子へのいじめという問題を扱いながらもみんなが楽しく生きることの大事さを描いていることが決定の理由となりました。

 

KIFFOこども審査員
びっちりかきだされた意見の前に並ぶこども審査員。

 

11月25日〜27日に第3回こども国際映画祭in沖縄<KIFFO>を開催し、

外国映画を含む3作品を上映し、こども審査員が議論してグランプリを決定。

こどもたちもスタッフとして映画祭を盛り上げます。

 

今年も外国映画を含む3作品を上映します。作品は、現在セレクション中です。スイス、ドイツ、オーストラリア、オランダ、日本、インドの作品から、3作品を厳選して選ぶ予定です。

 

他にも、海外の監督の招へいや、親御さん向けに情報好感ができるカフェ、フリーマーケットなども開催していく予定です。


KIFFOは映画祭をゴールにして、さまざまな活動を通じて、「考え、自己表現し、コミュニケーションする」ことをこどもに促す貴重な場所となります。

 

映像ワークショップに取り組むこども達
(公財)沖縄文化振興会の支援で毎年行われるKIFFOのワークショップ

 

(公財)沖縄文化振興会の支援で毎年行われるKIFFOのワークショップ

 

* 目指せ1,000人サポーター!への挑戦 *


子どもたちの映画体験を増やすために、応援よろしくお願い致します!

 

今年度は、みなさまのサポートが、より多くの沖縄のこどもたちの映画体験につながるために、こどもの問題に取り組み、KIFFOの思いに賛同する団体さんへのチケット寄付制度を設けます。3,000円のリターンから映画入場券1枚を進呈します。そのチケットを寄付することも可能です。

 

寄付先となる賛同団体は、現在こどもの居場所作り、低価格で学びをサポートする以下の2団体が決定しています。(近々さらに3団体が加わる予定です。)

てぃあんだぁクラブ(ワンコイン勉強室)

不登校のこどもを応援するアトリエKukulu

 

より多くの人にKIFFOの活動を知っていただくことがさらなる継続の大きな後押しになります。そのためにも、サポーター1,000人を目指します!

 

そして、高額の支援者には、沖縄ならではの素敵な特典があります。KIFFOの活動に賛同していただいたカヌチャベイリゾート、ホテルマハイナウェルネスリゾートのオーナーさまより、宿泊券のご提供があります。ぜひこの機会に映画祭をじかに訪れ、沖縄の自然も満喫してみてはいかがでしょうか。

 

2015年のKIFFO記者会見のようす

 

こどもの頃、世界は学校と、家庭しかなく、とても狭い。
だからその世界を広げるような体験をさせたいです。

 

小学生の子は中学生をみて、中学生は高校生をみて、高校生は、大人のボランティアスタッフや、KIFFOでの活動を通じて、さまざまな働く大人をみて、自分の将来を重ね合わせます。

 

学校では教わらなかったけど、さまざまな生き方がある、さまざまな大人がいて、社会とつながりを感じる。それこそが、こどもたちにとって大きな希望となり、どんな世界でも生きていける、勇気となります。

 

どうぞKIFFOを応援してください!

 

昨年度のKIFFO開催の朝みんなで映画祭を成功させるぞ「キフォー!」のかけ声

 

リターンについて


<感謝の気持ちを込めてささやかなお礼の品を送らせていただきます>

 


◇ 10,000円 追加リターン

・あなたの似顔絵書かせていただきます
 シュールな似顔絵になります
・映画祭1作品入場券6枚

(※映画祭チケットは使用か寄付のいずれかが選べます)
・今年のKIFFOのロゴ入りステッカー
(協力:(有)だいにちシール)
・今年度のKIFFOチラシ

 

 

◇ 3,000円
・映画祭1作品入場券1枚

(※映画祭チケットは使用か寄付のいずれかが選べます)
・今年のKIFFOのロゴ入りステッカー
(協力:(有)だいにちシール)
・今年度のKIFFOチラシ同封
・映画祭ディレクター宮平からのお礼のメール
・2016年版KIFFOの壁紙をデータで送付

 

◇ 10,000円
・KIFFOのロゴ入りTシャツ1枚
  ( サイズ・色は選べません)

 


 提供:エアポートトレーディング株式会社
・映画祭ディレクター宮平からのお礼のメール
・2016年版KIFFOの壁紙をデータで送付
・映画祭1作品入場券6枚(※映画祭チケットは使用か寄付のいずれかが選べます)
・今年のKIFFOのロゴ入りステッカー
(協力:(有)だいにちシール)
・今年度のKIFFOチラシ
・パンフレットにお名前記載(希望者のみ)

 

◇ 10,000円
・KIFFOのオリジナルタオル1枚
・映画祭ディレクター宮平からのお礼のメール
・2016年版KIFFOの壁紙をデータで送付
・映画祭1作品入場券6枚
(※映画祭チケットは使用か寄付のいずれかが選べます)
・今年のKIFFOのロゴ入りステッカー
(協力:(有)だいにちシール)
・今年度のKIFFOチラシ
・パンフレットにお名前記載(希望者のみ)

 

◇ 50,000円
・沖縄の物産詰め合わせ
・KIFFOのタオル1枚
・ありがとうメールと壁紙
・KIFFOのシール
・映画祭1作品入場券30枚
※映画祭チケットは使用か寄付の「いずれか」が選べます。寄付の場合、KIFFOと連携している沖縄のこども支援団体さんなどに寄付されます。
・パンフレットにお名前記載(希望者のみ)
・本祭期間中の休憩時間の映像でのお名前表示
 
◇ 100,000円

・ホテルマハイナウェルネスリゾート1組2名様分の1泊2日宿泊券とお食事券(使用期間の指定がございます)

 

提供:前田産業ホテルズ
映画祭1作品入場券60枚
※映画祭入場券は使用か寄付の「いずれか」が選べます。寄付の場合、KIFFOと連携している沖縄のこども支援団体さんなどに寄付されます。
・沖縄物産の詰め合わせ
・KIFFOのロゴ入りタオル1枚
・KIFFOのシール10枚
・KIFFOのチラシ

 

◇ 100,000 のリターン
カヌチャベイリゾート1組2名様1泊2日の宿泊券とお食事券(使用期間:2016年11月~2017年3月末(内12/22~1/9は除きます)

 


提供:株式会社カヌチャベイリゾート
・映画祭本祭3作通し券20名様分
※映画祭入場券は使用か寄付の「いずれか」が選べます。寄付の場合、KIFFOと連携している沖縄のこども支援団体さんなどに寄付されます。
・沖縄物産の詰め合わせ
・KIFFOのロゴ入りタオル1枚
・KIFFOのシール10枚
・今年度のKIFFOのチラシ

 

 

保存保存

保存保存

保存保存


最新の新着情報