プロジェクト概要

不登校やいじめが原因でも転校可能な東京都立の高校。問題を抱えてしまった生徒が選択肢をしっかり持てるよう、迅速な教育相談ができる環境をつくります。

 

はじめまして、NPO高卒支援会代表の杉浦孝宣と申します。不登校・高校中退問題の救済をミッションに、東京を中心とした首都圏で活動を行っております。今回、私たちが行うのは、「中学校・高等学校の先生と当会によるネットワーク構築」です。

 

多くの自治体では、家族総出で引っ越す場合を除き、学年を落とさずに全日制の公立高校へ転校することはできません。しかし東京都立高校では、それ以外の理由でも転校することができます。このような柔軟に転校を認める制度は全国的にも珍しいものですが、複雑さも影響し広く知れ渡っているとは言えません。そこで制度を知らずに中退する生徒が増えることを防ぐため、万一のときに私たちが迅速に相談にのれるよう取り組みたいと思っています。

 

1年後には100校以上の中学校・高等学校をはじめとする教育機関に訪問し、当会とのネットワークを構築する予定です。1人でも多くの生徒に毎日高校に通える環境をつくるため、みなさまのお力を貸していただけないでしょうか。

 

(不登校や高校中退の問題を解決すべく、当会では講演会等の活動を積極的に行ってきました。)

 

 

なぜ高校を中退してしまうのか

 

思い描いていたものと違い、高校の雰囲気にどうしても馴染めない。スポーツ推薦で入学するも、怪我をして奨学金を失った。監督、コーチ、先輩から体罰やイジメを受けた。授業についていけず、成績不振に陥ってしまった。様々な理由で、高校に進学するもその高校での勉学を続けられない生徒がいます。今や日本では12万人以上が不登校となり、5万人以上が高校を中退します。彼らをそのまま放っておけば、フリーターを経て、ニート・引きこもりになってしまう例も多くあります。

 

(高校中退の現状を伝えるべく、新聞等のメディアにも取材していただきました。今年だけでも、夕刊フジ(一面)、日刊ゲンダイ、毎日新聞、東京新聞、に既に掲載されました。)

 
 

自身の保健室登校をきっかけに

 

私は小学3年生のとき、保健室登校をしていたこともあり、竹岡健康学園(旧竹岡養護学園)に小学4年の半年間、お世話になりました。千葉県にある全寮制の学校でしたが、規則正しい生活習慣で体を鍛えていただき、勉強を一から習うことで不登校を克服することができました。

 

それからは普通に中学、高校を卒業し、カリフォルニア州立大学に留学し、帰国後家庭教師をしていました。今から28年前のことです。その頃、中学を卒業しても高校進学できない「中学浪人」が社会問題になり、私も中学浪人の子を教えていました。進学しても進学できない、人と変わった道を歩む子どもたちに対して、妙な共感を覚えました。以来、不登校・高校中退者と関わり続け、そのような子どもたち専門の塾も経営してきました。

 

(代表と生徒たち。生徒たち一人ひとりと向き合えるよう、時には共にスポーツをしたり、遊んだりもします。)

 

自身の経験を踏まえ、不登校を克服するポイントは3つあると考えています。

①勉強に自信がつけば学校生活は楽しくなる(勉強以外に自信がつくものでもOKです)

②規則正しい生活習慣は心身ともに健やかになる

③環境を変える(クラスの中で固定観念があると抜け出すのが難しい)

これらが充足された環境を子どもたちに提供できるよう、今まで取り組んできました。

 

そして2010年4月に、新たにNPO高卒支援会を立ち上げました。不登校・高校中退者の救済を達成すべく、教育相談や広報活動を実施しています。

 

(当会で行われた記者会見の様子。年に4度のワークショップも行い、不登校・高校中退を広め、考えていく場を積極的に作っています。)

 

 

不登校者を救う、都立高校の制度

 

高校を中退してしまうと、その後高校卒業資格をとる方法は限られています。多いのは、通信制高校への転校。全国の高校生が約350万人いるなかで、通信制へ通う高校生は20万人以上います。入学しやすい、自分のペースで通えるというのは通信制高校のメリットですが、毎朝出席が強制されない中で継続して勉学に励むには強い意思が必要になり、続かない生徒も少なくありません。他にも高卒認定試験で合格するなどの方法はありますが、早い段階で高校を中退した生徒には楽な道ではないでしょう。

 

そのような中、東京都立の高校には先駆的な転校制度があります。転校ができれば、高校中退を未然に防ぐことができます。他の道府県でも転校制度自体はあるのですが、一家転住(家族総出での引越)以外の理由では多くは受け入れられません。様々な理由があり通えなくなってしまったが、それでも全日制の高校に通いたい。ありふれた高校生活を送りたい。都立高校への転校は、そんな願いを叶える数少ない方法になります。

 

加えて、中学校時代に不登校でも普通の高校に通う方法があります。内申点が影響しない都立高校進学へのアドバイスも、私たちは行っています。

 

(当会では電話とメール、直接お会いしての面談を随時おこなっております。2012年の電話・メール相談件数は295、面談件数は70と多くの方から相談が寄せられました。)

 

 

多くの先生に知ってもらいたい!

 

私たちは東京都立高校への転校を中心に、教育相談を受けてきました。しかし保護者や生徒が当会に相談するまでに、高校に通えなくなってから平均2週間の時間がかかっています。転校には出席日数や取得単位、学力等様々な条件を考慮する必要があり、生徒たちが望む進路を実現するためには早急な個別での対応が求められます。そこで中学校・高等学校の先生と当会でネットワークを構築できれば、生徒が問題を抱えた際に当会が迅速に相談に乗れるようになります。

 

しかしそれには、活動資金が必要になります。1つの学校を訪問するために、資料の印刷費や交通費等で3000円程度の費用を工面しなければなりません。皆様のお力を貸して頂けませんか

 

「普通の高校生活が送りたい子どもたちに、あたりまえの青春時代を送ってもらいたい。」私たちのこの夢を叶えるため、ご協力よろしくお願いします。

 

(NPO高卒支援会スタッフの集合写真。現在はスタッフ4名、インターン生1名で運営しております。)

 
 

【関連リンク】

●NPO高卒支援会HP

http://www.kousotsu.jp/

●学力会(当会併設団体)HP

不登校・高校中退から都立高校進学を目指す学習塾

http://www.gakuryokukai.jp/

●ウィッツ青山学園高等学校東京キャンパス(当会併設団体)HP

毎日通え学べる通信制キャンパス

http://www.tokyo-campus.jp/

 

【引換券について】

●お礼メール

 

●報告書の送付

報告書の完成は、100校の訪問を終えた2015年3月を予定しております。

完成次第順次発送いたします。

 

●当会主催のイベントに招待

2013年12月に都内にて開催予定です。

内容は未定ですが、代表杉浦の講演や、転校を経験した生徒を交えたワークショップ等を想定しております。

 

(引換券になっております、杉浦の著書2冊です。)

 

●代表杉浦の著書2冊をプレゼント

杉浦孝宣著『強く生きろ―ある学習塾塾長の四国遍路の旅』

杉浦孝宣監修『「単位制」で高校生活をリセット!!』

の2冊をプレゼントいたします。

 

●HPに支援者様の名前を記載


最新の新着情報