プロジェクト概要

イタリアのモンテッソーリ教育を日本へ!

自ら生きる力を伸ばす子ども達を一人でも多く輩出したい

 

初めまして、伊藤政倫と申します。現在62歳で、イタリアに単身留学中です。塾の先生を36年間やっていて、子ども達の学力の低下だけで無く、自信の低下も起きていることに、日本の教育を何とかしたいと参議院選挙に出馬しようとしました。そんなときに「モンテッソーリ教育」と偶然出会いました。モンテッソーリ教育が100%良いとは申しませんが、幼児・小学教育の分野で、これだけ完璧なメソッドは充分感動しています。モラルの高い日本の子ども達に必ず役立つ教育を、イタリアでEUで学び、持ち帰りたいと考えています。

 

イタリアで勉強を続けながら生活するための資金が足りません。

ご支援下さい。よろしくお願いします。

 

 

 

 

日本の教育の今・・・。
子ども達は、もっと自分でやれるはずなのに。

 

政治家でしたら「日本の教育を変える」と言うところですが、忽ち変わるものではありませんから大きいことは言いません。「良い高校・良い大学に入る(良い会社に入る)」ことしか具体的に思い描けない世界で努力を強いられる日本の子ども達は目的を失いがちになります。モンテッソーリ教育はそのものズバリ「何をしたいのか」常に自分で考えます。

 

 

今の日本の教育は、与えるものになっています。

 

日本の小学生で、「きょうは学校で何やろうかなぁ」などと目的を持って朝、弁当を持って行く子は居ません。勉強も音楽も体育も、給食も、与えられることに慣れきっています。
一校でも多く日本にモンテッソーリスクールを増やして、自ら生きる力を

伸ばす子ども達を、一人でも多く輩出したいと思います。

 

 

モンテッソーリ教育とは子供はすべての能力を持って生まれてくるという考え方を元にしています。

 

イタリア初の女性医師 Maria Montessoriが起こした教育法です。ヨーロッパ・アメリカ・インドで発展。ビルゲイツやGoogle・Amazon.comの創始者等の独創的な発想の原点はモンテッソーリの幼児教育にあります。皆と同じ内容を同じ時間に勉強するのではなく、一人一人が別のことを自分の好きな順序で好きな時間だけやることができます。原則は飽きるまで。

モンテッソーリは「子どもはすべての能力を持って生まれてくる」と言います。何も教えなくても生まれたらおっぱいは吸うし、時期が来たら歩き出し、自分の目で見て真似します。はじめは上手くないので何度も失敗します。そこで大人が邪魔をすると、自学自習の能力を奪ってしまうことになります。子ども達が自分で考え、練習して修得する手助けをするのが大人の役割です。緻密に工夫された秀逸の教具だけが注目されがちですが、モンテッソーリ教育の重点はその発想のスケールにあります。例えば、歴史教育。幼児の頃から子ども達は地球の生命誕生から歴史を勉強します。

 

(廊下に地球の歴史を描いた紙を広げて生物を調べている様子です)

 

 

モンテッソーリ教育は、これから絶対に大事にさせるべき教育法です。

 

自動車学校をイメージして下さい。早い人は3週間もあれば終わりますし、遅い人は3ヶ月以上かかります。人にはそれぞれ「差」があるのです。それを全国一律で同じ時間で同じ内容をやるのが今の義務教育です。早い人は退屈するし、遅い人は時間が足りません。未熟なまま世に出るから事故になります。モンテッソーリ教育は、この自動車学校方式です。
その卓抜した教育理論の広さは世界に類を見ない教育だと考えます。私は長年の経験から、「これだ」と思いました。

 

 

日本にモンテッソーリ教育を持ち帰るために勉強中です。

 

モンテッソーリスクールの先生になるには、1年以上のレクチャーを受け、試験に合格して「AMIデュプロマ」という世界が認める正式な資格が得なければなりません。私は今、イタリアのベルガモで、この資格のためのトレーニングセンターで勉強中です。本当は私よりももっと若い方が取るべきだと思いますが、先ずは私がその資格に挑戦することを決めました。

 

 

(クラスメートのフローレンスさんと)

 

こんなに素晴らしい教育法を日本に普及させる

お手伝いをしていただけませんか。

 

新しいものを吸収して普及させるにはなかなかのコストと労力とコストがかかります。一生懸命頑張ります。ぜひお手伝いしていただけませんか。

日本の子どもたちに素晴らしい教育を受けてもらい、明るい未来を一緒に描きたいです。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆引換券について◆◆◆◆◆◆◆◆

・お礼メール

 

・Facebookによる近況報告

 

・欧州モンテッソーリスクールのレポート報告 講演会ご招待

 

・モンテッソーリ教具マニュアル集