プロジェクト概要

 

ご存知ですか?

今もなお、一週間に一人、虐待によって小さな命が奪われている事を。

虐待死ゼロを目指して「全ての子供達が愛し愛されるように…」心に響く絵本を作りたい!

 

はじめまして、内田八重と申します。
私は福岡県福岡市在住のイラストレーター兼業主婦で、現在5人の子供を(14歳・11歳・7歳・5歳・2歳全て男の子)育児中です。


約8年前にごく身近で起こった虐待死をきっかけに、児童虐待について調べ、何か自分に出来る事は無いかと模索していました。


今もなお、増え続ける児童虐待件数…2016年度に児童相談所で対応された件数は、過去最多の12万2千件を超え、毎年増加の一途をたどっています。

 

我が子と同世代の子供達の無惨な死。


ニュースを見て「かわいそうに…」と涙を流していても何も変わらないと思い、2016年3月より子供達と自分自身の成長記録とあわせて、育児中の方を対象に育児絵日記『コダカラカルタ』を描き始めSNS(主にインスタグラム)へ投稿し始めました。

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - 

 

主な内容は、我が家の5人兄弟の賑やかな日常の中で起こる面白可笑しな出来事を、カルタ風にイラストと文字にかえて表現する一コマ漫画です。

子育てにストレスを感じて悩んでいる方々が、クスッと笑って肩の力を抜き、純粋な子供達の言動に感動し時には涙して、子育ての活力にして欲しいという願いがあります。

 

また、2017年7月よりイラスト教室『yaeco to hana no co』を立ち上げ、イラスト指導と共に子育て中の方々との交流や情報交換、相互協力のサポートを行なっています。

 

2017年6月の福岡県内書店にてイベントを企画、開催する事も出来ました。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - 

 

今回のクラウドファンディングでは、より多くの方々に絵本を通して伝えたい事があります。

私自身、5人の子供達を育児して常日頃感じている想い。

 

親の愛情と同じくらい、子供達は親を愛している事を。

だから自信を持って育児して欲しい…愛されているから頑張れる事が沢山あると思うからです。

 

絵本のストーリーは虐待の行為を否定し責めるだけの内容ではなく、読み終えた後、前向きに育児に取り組める活力源となるような絵本にしたいと考えています。

 

集まったご支援で500冊の絵本を製作し、医療機関や公共施設、教育施設に献本して沢山の方に手にとっていただきたいと考えています。主な資金使用内訳は出版費に80万、広告宣伝費(主に印刷物作成と交通費)に10万円、雑費と画材購入に10万円です。

 

心に響くメッセージを絵本にして、子育てに関わる全ての人へ伝えたい!
「傷つけないで。その手は抱きしめる為にある」

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

思い通りには行かない子育て…些細なきっかけから虐待死に繋がるケースもあります。

 

出産後の情緒不安定や新生児のお世話で睡眠不足、理想と現実のギャップに悩みイライラしやすくなる…など、子育て中の方は経験があると思います。
祖父母の支援が手厚い方は、里帰りして産後ゆっくり身体を休めながら徐々に子育てに慣れていけるのでしょう。


ただ全ての方がそうではありませんよね。
私も5人の子宝に恵まれ出産しましたが、実母も義母忙しく働いていた為里帰り出産経験はありません。


孤立してしまいがちな育児、睡眠不足で朦朧とした中で昼夜関係なく育児に家事に追われる日々を過ごしてきたように思い返します。


些細なきっかけでイライラが募り、また夫婦喧嘩や先の見えない不安から、大切な我が子を傷つけてしまうことが無いように。


行き過ぎたしつけで命を落としてしまう子供達が居なくなる世の中になるように。

 


この絵本は「大切な子供達と育児中の全ての方を守る」お守り絵本です。

 

皆様から頂いたご支援で、お守り絵本を出版し 児童施設・医療機関・公共施設・教育機関および育児中の方の目に触れる随所に献本いたします。

 

今回のプロジェクトでは、皆様からご支援をいただいて「お守り絵本」を出版致します。500刷発行予定で、全国の小児科や産婦人科、保育施設等へ献本しご支援をいただきました皆様へお送りいたします。


多くの方に「お守り絵本」を手に取っていただき、心を動かすことができれば児童虐待防止意識の啓発になると信じて活動を続けて行きたいと考えています。

 

児童虐待死ゼロの世の中へ! 相次ぐ児童虐待死亡事故を未然に防ぐ意識改革をしたいです。

 

今回のプロジェクトを通して、育児に悩んでいる方や孤立した環境で育児にストレスを感じている方、育児は楽しめているが時折イライラを発散出来ない方など、全ての方に読んでいただきたい絵本です。

 

終えた後、大切な我が子を抱きしめたくなる、この子の為に頑張れる!と思っていたいただけたら幸せです。

 


 

小さな身体の小さな命…ただその存在は何よりも大きく、かけがえのない大切な命。
今回のプロジェクトは、ご支援頂ける皆さまと共に創り守ってゆく「命を繋ぐ絵本」です。

 

皆様お一人お一人のクラウドファンディングのご支援が、悩みながら懸命に育児に取り組む方々の支えとなります。

個人の小さなの力では実現が難しいプロジェクトですが、皆さまのご支援で大きな力となり多くの親子を救う事が出来ると確信しています。

 

Readyforのご支援頂いた方限定で、市販されない「お守り絵本」をお送りいたします。

 

今回、5000円以上のご支援にはリターンとして絵本を一冊お送りいたします。
ハードカバーで製本された美しい色合いと、想いを込めたメッセージをお読みいただきたいと思います。

15センチ四方の小さな絵本、お守りのようにいつも近くに置いて頂けたら嬉しいです。


また、児童虐待防止啓発活動を応援してくださる企業様・団体様にはご支援に応じて一点一点丁寧に仕上げたオリジナルイラストや、企業様等をモチーフに描かせて頂くオリジナルイラストを額装して贈呈いたします。この絵本は『子供から愛されていると感じながら子育てをして欲しい』と強く願う作者の想いを込めた一冊です。

多くのご支援とご協力を、心よりお願い申し上げます。

 

 

 

育児絵日記コダカラカルタ『か』

 

 

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)