プロジェクト開始から約2カ月が経ちました。雨季のこの季節は、現場に行くのも一苦労。添付は、先日活動をしに行く途中で起きたハプニングです。
通常は30cm深さほどの川で4WCの車で川を渡りますが、この日は増水しており、村へ続く道の途中にある川が車で渡れませんでした。そのため、近隣の村人が出していたモーターボートにバイクを載せ、スタッフが一先ず川を渡ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(プロジェクト車は川の手前に置いてきたので)その先は、通りがかったバンで村へ。しかし、途中の悪路で車が止まってしまい、結局あと村まで1キロほど、というところでこの車も置いて、歩いて行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラオスの雨季は、5月頃から始まり、今年は洪水も多く見られるほど雨が降りました。


この5月から9月の本格的な雨季のシーズンは上記のとおり活動がとても大変です。しかし、活動を進めている村へ行かないわけにも行きません。ドロドロになりながらの雨季の活動をしています。

 

 

 

新着情報一覧へ