プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

**********************************
皆様のおかげで目標金額の10万円を達成しました!
さらにカクマ難民キャンプにいるLGBT難民が安全に暮らせるため、
ネクスト・ゴールを設定します!

 

みなさまからのあたたかいご支援を賜り、目標額を達成する事が出来ました。友人、知人の皆さま、知人の大切な人達、会ったことのない方、色んな方々の力をいただいた結果です。 本当にありがとうございました!

 

そして 今回新しいチャレンジに挑戦したいと思います。ネクスト・ゴールとして、プラス10万円の20万円を集めたいと思います。

 

現在、ウガンダ政府はLGBTの方々に対しての迫害を強め、アメリカではトランプ大統領がLGBT難民の受け入れを中止しています。そのためカクマ難民キャンプには徐々にLGBT難民が増えています。UNHCRはLGBTの方々のために新たなテントを用意していますが、柵はないため新たにキャンプに来た難民は、暴力を受ける可能性があります。

 

もしこのプラス10万円を今回皆さまのお力を借りてその費用を集めることができれば、さらに多くのLGBT難民の安全を確保することができます。たいへん厚かましいお願いですが、もし、支援しようと思って下さる方がいれば、ご検討をお願いいたします。

 

プロジェクト終了まで、引き続き、ご支援をよろしくお願いします!
良ければこのままプロジェクト本文もご覧ください。

 

嶋田聡美

**********************************

 

母国を追われたLGBT難民。彼ら・彼女らは難民キャンプでも迫害を受けており早急な支援が必要です。

 

ページをご覧いただきありがとうございます、嶋田聡美と申します。現在、私はケニアにあるカクマ難民キャンプにいるLGBT難民に対して援助を行っています。

 

LGBT難民とは、LGBTであることが原因で母国を追放され、難民キャンプに逃れてきた人たちのことです。彼ら・彼女らはビザも取れないので、LGBTが受け入れられているアメリカやカナダにも行くことができず、難民キャンプにしか行き場がありません。

 

しかし難民キャンプでも、LGBTと知ると暴力をふるってくる人も多く、彼ら・彼女らは厳しい生活を強いられています。

 

彼ら・彼女らが自由に生きていける世界を作りたい。しかし日本をはじめ、多くの国ではまだLGBT難民という存在は認められていません。

 

そこで今回、クラウドファンディングを通し、多くの方にこの現実を知っていただくことで、日本でもLGBT難民を受け入れる体制ができる手助けができればと考えました。

 

現在LGBT難民は、国連WFPから1日1回配られる水と小麦だけの食事をとっています。またいつ襲われるか分からない恐怖に怯えながら生活をしています。彼ら・彼女ら​に食料や危険から身を守るフェンスを購入するための支援金を送ってあげたいです。どうか皆さまご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
難民キャンプの中でも暴行事件が起こっています。

 

LGBTというだけでひどい暴力を受けてしまう。LGBT難民が安心して過ごせる場所はどこにもありません。


世界ではLGBTとして生まれてきただけで、違法となる国が73カ国もあります。特にアフリカでは、南アフリカ共和国以外は、LGBTであることが知られると、刑務所に入れられたり、死刑になることがあります。

 

sherryもLGBTとして迫害されたひとりです。彼女は、ウガンダで火傷を負いました。トランスジェンダーだからという理由で、近所の人たちが彼女を燃やして殺そうとしたのです。

 

トランスジェンダーのsherry

 

また、別の日には、薬物を飲まされて意識がないところに暴行をされ、気がつくと、下から、瓶を入れられていて、大出血して、病院の救急治療室にいました。彼女は、そのトラウマもあるため、難民キャンプに逃げて来た今でも、テントから一歩も出られません。

 

彼女のようにLGBTであることが親に知られると、肉親や近所の方からも酷い暴力を受け、追放されてしまう方が沢山います。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
母国から逃げてきた彼女たち。

 

LGBT難民が生きるために必要なものを届けたい。

 

今回、皆さまからご支援いただいた支援金で、食料や身を守るフェンスなどを購入したいと考えています。

 

20年前からあるカクマ難民キャンプは、一つの巨大な村のようになっています。仕事がある人もいます。また食料などを売るお店もあります。

 

しかしLGBTの方々は雇用されないので収入はなく、食料は国連WFPが支給する1日1食しかありません。しかもその食事は水と小麦粉のみ。彼ら・彼女らは毎日小麦粉を煮た食事しか食べることができません。まずは、バナナやトマトなど彼ら・彼女らに足りない食事を提供したいです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
国連から1日に1度支給される食事。小麦粉を似たものです。

 

またLGBTの方々をみると石を投げたり、襲撃してくる人がいます。襲撃されるのが怖くて、何年もテントから出られらない方もいます。そこで彼ら・彼女らが安心して生活できるように、フェンスを設置してあげたいです。

 

さらに難民キャンプの夜は、電灯もなく真っ暗です。夜、トイレに行きたくても、外には毒ヘビやサソリがおり、真っ暗の中、歩くことはできません。そこでソーラーライトも支給したいです。

 

今回、皆さまからご支援いただいた資金は、UNHCRからLGBTの方々の安全を任されている現地のNamalaさんに受け渡します。そしてNamalaさんが現地の状況を見て、彼ら・彼女らに必要なものから優先的に購入し支給してもらいます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
難民キャンプですが、食料や洋服を売っているお店もあります。

 

LGBT難民が自由に生きることができる世界へ。

 

お家に帰りたい。LGBT難民はそう願っています。しかし帰ると家族や近所の人から暴力を受けるため、帰ることはできません。

 

まずは、LGBT難民の食事や安全を確保してあげたい。私にできることは小さな一歩ですが、このクラウドファンディングを通して、多くの方にLGBT難民の存在を知っていただき民衆が声をあげることで、日本でもLGBT難民を受け入れてくれることを願っています。

 

いつか、世界中でレインボーの旗がたなびき、自身のセクシュアリティを理由に、憎しみを受けることがない、愛がある世界になりますように。皆さまご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
皆さまご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

 


最新の新着情報