プロジェクトを閲覧頂いた皆様

このプロジェクトを閲覧していただいた皆様へ

私はラブストーリー株式会社 代表取締役の鎌田洋司と申します。
この度、このクラウドファンディングから断腸の思いで撤退することを判断いたしました。
何の活動もしておりませんでしたのでご支援はいただけませんでしたが、閲覧くださいましてありがとうございました。

始まりは、こんなちっぽけな事業ですが、何かグローバルに考えてみようと、一人アイデアブレストを行い、出てきたのが、右肩上がりの外国人観光客向けの和食料理教室でした。
昨年末、訪日外国人数が1000万人を超え、和食が文化遺産に登録された時期です。
しかしながらハード面において、開催が厳しい状況で資金調達で色々と考え、動いているところに、今回の特別企画のメールを頂き、お話を聞いて申込をさせて頂きました。

急な申込にも関わらず、READYFORのご担当の方々には親身に対応して頂き、無事審査も通過させていただき、ギリギリで掲載させて頂きました。
しかしながら、いざ、クラウドファンディングに掲載していただき、他のプロジェクトを見、またやるべきことのマニュアルを見て、何か喉元に引っかかるものがございました。
実は、周りのプロジェクトの方々には本当に申し訳ないと思いつつも、私一人静観し何の対応もせず放置しておりました。

引っかかるものが何なのか、よく本質を精査せずに申し込んだ自分自身の浅はかさを悔やみました。
しかし、立ち止まって考えて良かったと思います。
立ち止まり、考えて考えて考え抜いて視野が広がり見えてきました。

元来、サービスや商品を買う顧客は、商品やサービスの購入が目的でそこに投資しようと考えているわけではない、ということ。
また、投資マーケットにおいては商品やサービスの品質や競争力が非常に重要なファクターとはなりますが、顧客市場と投資市場は同一ではない、ということ。

企業が商品情報とIR情報を同じHP上に掲示しながら、それぞれのマーケットにうまく情報を伝える方法が課題となって様々な取り組みをしていることは100も承知しているつもりでした。

私共の商品やサービスに共感して、それを利用してくださった顧客たちに投資依頼をダイレクトで行っていくことは、その商品やサービスに対する評価を上げるのか、または下げるのか、その見極めが中々難しいと思いました。

現状では、ネット以外の販促、顧客管理、の仕組みを持つ企業は、クラウドファンディングの取り組みを有効に使えるような予感がしました。

一方でネット中心で販促、顧客管理を行っているような業態においては、反対にハードルが高いのような印象を持ちました。

また、企業の根幹となる運営資金を永続的に調達するようなものではなく、目的がはっきりした完結型のプロジェクトに対しての資金提供依頼が非常に理解を得やすいように感じます。

利益を目的としない(または利益が最大の目的ではない)
例えば環境問題などの社会的問題の改善が目的として共感を得るようなNGOやNPOまたは企業のCSRのようなものは顧客の理解や共感も得られやすくなるように思いました。

私共についていえば...
今回、この取り組みについて4000人を超えるfacebookやリアルにつながる顧客を含むサポーターに対して素敵な印象を持って捉えられるためには...

㈰目標(資金の使途)がLove Storyの印象を棄損しない
㈪しかも目標の完結が明確にわかり、
㈫そして期間がどこかで完結する。
上記のような要件が必要だと思いました。

というわけで、今回の外国人観光客向けの料理教室向けのクラウドファンディングでの資金調達はミスマッチと判断いたしました。

ダイレクトメールを見て、アサヒビールとの協賛が魅力で連絡させて頂き、ご担当の方の親身なご対応に感銘し、また「食の力で世界に元気を」というテーマに添っているということもあり、あれよあれよと審査に通過した喜びと勢いだけでいってしまったのは経営者として浅はかでした。

今回のクラウドファンディングに申し込む背景として、今月開業してから1年を迎え、次なる事業展開を急ぎ焦っていたのかもしれません。
このプロジェクトは一度白紙に戻し、今ある資産で小さく始め大きく育てるプロジェクトに変更を模索中でございます。
もし未来に今回のようなチャンスをいただけるのであれば、準備を怠らず、誠心誠意取り組む所存でございます。

最後になりましたが、今回の撤退という判断に関しまして、ご意見を頂戴することができましたら是非お知らせ頂けましたら幸甚です。また、お時間がございましたら一度Love Story Kitchenをご覧頂きながら良きアドバイスを頂けたらこの上ない喜びでございます。
高価なものは1つとしてない私が手作りしたキッチンスタジオですが、茶道で習った侘び寂びの如く、毎日丁寧に掃除してお待ち申しております。
お会いできる日を心より楽しみにお待ちしております。

最後までありがとうございます。
ラブストーリー株式会社
鎌田洋司

追伸
体調が不安定になる時節柄、どうかお身体ご自愛くださいませ。
 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています