6月2日夜、第6回の編集会議をおこないました。

 

 

これまでの甚兵衛プロジェクト編集会議は、前半の会では史実とストーリーの組み立てが中心に、中盤の会では時代考証や方言、子供に分かる言葉づかいなどに重点がありました。

昨夜の第6回編集会議は最終チェックのつもりでしたが、大雨の中の人物に蓑を着せる、代官さまに脇差を、上下関係の場面で目線や背景の位置などこれまで気づかなかったビジュアル面でのかなり鋭い指摘がでました。

一同言われればそうだと納得、菊山さんには更に御苦労を掛けますが修正をお願いし、14日に第7回で集まることになりました。

 

途中一息入れて、先日依頼していた”タケノコの佃煮”のサンプルを試食しました。ピリッと山椒の聞いた味、これで良しということで加工場へGOを出します!

石上委員長はじめ委員皆さんの作品に対する意気込みが、次第に熱を帯びてきた空気の第6回でした。作品への期待感が湧いてきています。

屋敷林のタヌキ君も見守っていました。

 

新着情報一覧へ