プロジェクト概要

発達障害児のための2泊3日、夏合宿を行いたい!!

 

はじめまして。私、NPO法人発達障害児支援LOF教育センター代表理事のやまもとまゆみと申します。1993年から教育事業に関わり、のちに学習障害児への支援をスタートする中で、発達障害児、その家族両方の支援の必要性を強く感じ、その活動を本格的に始めました。長年の実績から発達障害児、者への支援においてLOFメソッドを確立し、発達障害児の育ちの中で何が大事であるかを訴え続ける活動を行っております。

 

発達障害の小学生から大学生20名が

キャンプにいくための費用が足りません。

夏合宿を素敵なものにするためにも皆さんのご協力していただけませんか?

 

(昨年度行ったキャンプの様子)

今年の夏キャンプは、昨年に引き続き

奈良にある「森林公園やすらぎ村」で8月7日から9日まで行います。

名前のごとく「森林」に囲まれ、川が流れて自然あふれるキャンプ場です。

また、調理も自分たちで行うため食材も用意していくため 現地まで行くにはバスをチャーターしないといけません。

そのためには、バスをチャーターする資金や食材などの購入資金

、参加者以上のボランティアスタッフなどの体制を整えておかなければなりません。

昨年は地元のボランティアスタッフの協力を得て 流しそうめん、スイカ割り、キャンプファイアー、BBQ。

数えきれないほどの思い出作りができました。

今年は、昨年以上の参加者を募集することになりましたので、より一層ワクワクする楽しいキャンプになると思っています。

そのための資金集めをしたいのです。

 

発達障害はユニークな個性。周りにはいつも笑顔が絶えない。そのことをもっと知ってほしい。

 

『発達障害児』は障害ということばが含まれているけれど、いろんな可能性を秘めた子どもたちであり、とてもユニークで面白い子どもたちであることを経験を通じて学びました。彼らと定型発達の子どもたちとの差をそれほど感じませんでした。

 

その間の壁は、とてもあいまいで時として壁なんて無いんじゃないかと最近では思うほどです。ただ、今の日本の学校教育や社会では、生きづらいことが多すぎて、発達障害の子どもたちや当事者、その家族も不安や苦悩を抱き、過酷な毎日を過ごしているというのが悲しい現実です。その現実社会を変えるため、「発達障害」を切り口に私たちだからできること、私たちしかできないことを貫き、社会を変える仕組みを作って行きたいと思います。その一つがこの合宿です。

 

(たくさんの発達障害の方々との対話を行ってきました。)

 

自分の人生をあきらめないで欲しいと思います。

 

私たちが行っている支援は、何事も子どもを一人の人間として尊重し、人間的な生き方ができるようにと導く支援を行っています。

 

障害をもっているからと言ってすべてをあきらめてしまっていいのでしょうか?

障害を言い訳にしてできなくてもしょうがない。無理をしなくても良いというのではないと思います。


たとえ障害があってもみんなそれぞれ可能性を持ち、できるようになることもある。そんな可能性を伸ばし、障害という個性を持つ自分とうまく付き合い、幸せに生きる人生を歩んでほしいと思っています。

そのためには、自分にとって幸せというものがどんなものであるかということを知る必要があるです。たくさんの経験を通して自分自身が何ができて、何が無理なのか?どんなことが楽しいと思えることなのか?どんな風に生きていくことが自分にとって幸せなのか?その決断を自分でできるのか?

具体的なサポートとしては、発達障害児への学習支援、療育プログラム、カウンセリング。

数年前から取り組み始めたソーシャル ラーニングプログラムなどがLOF独自のサポートプログラムです。

また、保護者の不安を取り除くため、保護者の交流会、ワークショップ、カウンセリングも同様に両輪のようにおこなっています。

小さなお子持ちの方には、家庭訪問型のサポート支援も行っています。

 

この夏キャンプのプロジェクトも独自の理論に基づいたプログラムの一つです。

 

 

「発達障害の子たちを支え、社会を変える」


私が発達障害のことを知り、取り組み始めたのは、今から20年近く前のことです。今ほど発達障害についての情報も支援もない時代でした。それからずっと途切れることなくこの課題に取り組んできました。

 

もちろん、いろんな人に助けていただきながらです。事業にすると決めた時にすでに「社会を変える」活動にしたいと思いました。こどもと保護者両方のサポートが必要だと痛感していました。当初から保護者に協力を求め、しっかり関わってもらいサポートを進めていく活動として行っていました。たくさん困難なこともありましたが、今こうやって様々な人々に支えて頂きながら、活動を続けてこれました。子どもたちのたくさんの笑顔を作っていくことができました。

 

そういうサポートを通じて、 障害があるとかないとか関係なく社会に貢献できる人材となり、企業は利益だけを求める経営からしっかりと社会において責任を果たす。そんな当たり前のことが社会で実現できると良いなと思っています。

 

費用内訳

 

発達障害児を対象にした8月7日から9日までの夏合宿開催費の一部に皆様からのご支援を使わせて頂きます。


バスチャーター代金 100,000円
交通費等支給    200,000円

プレゼント作成費郵送代、他合宿不足分充当 50,000円

合計350,000円

 

引換券について

 

<3,000円>

キャンプ参加者からのサンクスカード

 

<10,000円>

奈良のゆるキャラグッズとキャンプ参加者からのサンクスカード

 

<30,000円>

奈良の特産物とゆるキャラグッズ、キャンプ参加者からのサン屑カード


最新の新着情報