プロジェクト概要

たくさんのご支援、たくさんの温かい応援メッセージありがとうございました。心より感謝申し上げます。何度も皆様からのご支援に勇気づけられました。1月17日の夜に目標であった170万円を達成することができました。

 

170万円の内訳は12月19日の新着情報で下記のように紹介させて頂きました。

 

【内訳】
・教室建設費
1,128,242円(6,499,087フラン)(1,128,242円×1教室)
・児童用机
255,210円(1,470,000フラン)(8,507円×30脚)
・教師用机
7,292円(42,000フラン)(7,292円×1脚)
・教師用椅子
5,382円(31,000フラン)(5,382円×1脚)
・小棚
21,700円(125,000フラン)(21,700円×1個)
・READYFOR社への手数料の1部(弊団体負担)
282,174円

 

プロジェクト概要に記載しましたがこのプロジェクトは約200万円を必要としています。残りの約30万円は以下になります。教室建設自体を予定しているのが5月、6月となりますが、前準備として3月末頃渡航し、新学期の始まる10月頃までの6か月の滞在を予定しています。

 

・航空券代 約19万円(1月18日調べ)
・海外旅行保険 約7万5千円(1月18日調べ)
・査証代 1万3千円
・滞在費(家賃) 約90,000円(今回は民宿ではなく、経費削減のため部屋を一室借りる予定です)
・マラリア予防薬 約1万2千円(現地購入)
・READYFOR社への手数料の1部 約4万5千円(弊団体負担)

合計:約42万5千円

 

今回のクラウドファンディングの挑戦期間は1月27日(金)の23時までとなります。そこで、これらの額を加え、プロジェクト以外の活動をする期間に係る経費、光熱費、手数料などを除きまして、少しアバウトな額の設定になってしまいますが200万円を次の目標として、皆様にご支援をお願いさせてください。田舎に滞在し、現地の方と何度も話し合いを重ねながらプロジェクトをつくり実施します。

 

最初の目標額170万円でお願いさせて頂いた内容と異なり、直接の活動費ではなく運営費に対するご支援のお願いとなります。また、この第2目標に関しましては、達成できなかった場合でも頂いた額から手数料が差し引かれた分だけプロジェクトで活用させて頂きます。残りわずかの期間ではございますが、何卒皆様からのあたたかいご支援を宜しくお願い申し上げます。
 

同じポニ県の学区にあるこのわらぶき小学校を訪ねたことが始まりです

 

 

西アフリカのブルキナファソの小学生に天候に左右されない学習環境を!雨風に強いブロック造りの教室を建設します!


こんにちは。西アフリカのブルキナファソで活動する特定非営利活動法人ル・スリール・ジャポンの石田純哉です。学びたいという想いを抱えた人々のための学びの場の環境向上、構築に対して、地域の主体性を尊重し、地域と連携し取組み、それに関わる全ての人々の笑顔に寄与することを目的に活動しています。

 

現在までに、小学生向け教材の配布や風雨で剥げてしまったわらぶき教室の黒板の塗装、学校の先生の授業能力向上支援事業の計画等を行ってきました。現地の学校の教室はわらぶき屋根で作られており、雨が降ると十分な勉強ができなくなるときがあります。現地の学校と協力し、こうした教室を減らし、安心できる教室を増やしていきます!

 

新入生の入学に間に合うように、雨季前までに建設を行いたいのですが、資金が約200万円必要で、私たちの力だけでは集めるのが難しい状況です。安心できる環境で学びたいという子供たちの想いを叶えるために、ご協力いただけないでしょうか?

 

雨によって剥げてしまったわらぶき教室の黒板

 

 

家庭の事情や十分な学力を身に着けることが出来なかったなどの要因で入学時の42%の生徒しか卒業することが出来ていない学校があります。

 

ブルキナファソは西アフリカの内陸にあるフランス語を公用語とする国です。世界の最貧国の1つといわれ、国民の大半が農業、畜産業に従事するという背景が、貧困状況からの脱却をより難しくしています。

 

教育面でも課題があり、小学校6年、中学校4年という10年間の義務教育段階において留年、退学となる子どもたちが多く存在します。ル・スリール・ジャポンが主に活動する南西州のポニ県では59%の子どもが小学校へ通い、卒業するのはそのうち42%とさらに半分以下になってしまいます。

 

しかし、日本では英語圏ほど馴染みがないフランス語圏ということもあり、ブルキナファソへの支援がなかなか行き届いていません。また、テロリストなどの過激派の侵入もあり、現地での支援活動が困難な状況になっています。この社会開発状況と現地治安情勢から、西アフリカフランス語国で活動を広げていく最初の国としてブルキナファソで教育支援を始めました。

 

トゥリポラ小学校
雨季になると、吹き込む風雨のため、わらぶき教室での勉強はとても大変になります

 

 

現地行政との話し合いの結果決まった支援先は、アクセスが悪く、電気が通っていない、2つある教室の両方がわらぶき屋根の小学校でした。

 

教材配布や教職員の能力向上支援の事業を進めていく中、直面した現実は、学校の教室が足りていないということでした。南西州では5教室に1つがわらぶきの教室です。風雨が防げない教室のつくりで、教室の数が不足している現状にさらに追い討ちをかけて、雨季には子供の勉強はとても厳しい環境で行われています。


現地行政とともに、大きな国際組織からの支援対象となりにくい地理的アクセスの困難な場所であること、緊急性が高いこと、より多くの子どもの助けになるという視点で対象校を決定しました。

 

教室建設を決めたトゥリポラ小学校は、幹線道路から離れ電気も無いポニ県の中のブセラ郡という郡の小学校です。この学校には現在2教室ありますが、両方の教室ともわらぶき教室です。また、今年度は2年生30人、4年生31人という2学年のみで授業が行われていますが、来年度が始まる2017年10月からは新入生30名前後の入学が予定されているため、教室数が足りていないことが深刻な問題になっていました。

 

わらぶき屋根の教室での授業風景

 

 

ちゃんとした机、イス、黒板のある学びの場の機能を備えた、何十年も使用できる安心できる教室を建設します!

 

過去に使用されていた日干しレンガの教室とは異なり、ブロック、鉄筋コンクリートを使用した建設となるため、現地専門業者によると、数十年以上の耐久性が見込めます。40名ほどが授業を受けることができる広さになる予定です。

 

一番のメリットはちゃんとした机、イス、黒板のある学びの場の機能を備えた教室、つまり、子どもたちにとって安全な居場所が学校にできることです。学校生活は、共同生活でもあり、その大半を占める教室の存在はとても大切なものになります。安全な空間、場があるということはそれぞれの子どもの人間形成にとっても大きな影響を与えます。

 

今回皆様にご支援いただく170万円の資金は、教室の建設費用、机や椅子などの備品を購入するために使用させていただきます。

 

建設予定のブロック造りの教室イメージ

 

 

子どもたちが自らの目標に向かい、それを見守る両親、先生、友だち、関わる全ての方が笑顔になれるような社会を目指していきます。

 

よりよい学びの場は、ひとりひとりの子どもの可能性をより広げることができます。また、そこで教育に携わる先生にとっても、子どもの成長を感じることにより多くの学びを得る場となります。子どもたちが自らの目標に向かい、それを見守る両親、先生、友だち、関わる全ての方が笑顔になれるような社会がル・スリール・ジャポンの目指す社会です。


また、学びの場の環境、構築活動を通じて、多くの人々がそれぞれの目標を実現し、それをお互いに喜び合える社会が、地域、国、世界規模での持続可能な開発につながっていくと信じています。そして、そうした社会が私たちのブルキナファソでの活動から、西アフリカの内陸フランス語国に広がっていくことを心から願っています。

 

トゥリポラ小学校の子どもたち

 

 

一生懸命勉強すること、ふざけて先生に怒られること、友達と遊ぶこと、友達と喧嘩してしまうこと、いいこと、悪いことを含めた全ての学校生活を通して生きるということを学んでほしいと思います。どうか皆さまのご支援、よろしくお願い致します。

 

 

リターンについて

 

・[応援コース]費用がかからない分、プロジェクトのために使用させていただきます

 

・お礼のメール

 

・写真付きの活動報告を受け取れる権利
※学校完成後にご案内します

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

・お子さまからのメッセージムービーを受け取れる権利
※学校完成後にご案内します

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

・団体サイトにサポーターとしてお名前を掲載する権利
※学校完成後にご案内します


・現地の特産物を受け取れる権利
※学校完成後にご案内します

 

・教室建設後の日本での報告会への参加権
※会場・日時は後日ご案内いたします
※報告会後に有料の懇親会も予定しております

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

・協賛企業・団体として団体サイトにお名前を掲載する権利
※学校完成後にご案内します

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

・ル・スリール・ジャポン代表の石田が講演に伺います
※交通費はご負担いただきます
※日程はご相談の上決定いたします

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 


最新の新着情報