クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

学校に行けない子どもたちへ、学び場の贈り物を!

林 寛与

林 寛与

学校に行けない子どもたちへ、学び場の贈り物を!
支援総額
2,049,000

目標 1,500,000円

支援者
213人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
14お気に入り登録14人がお気に入りしています

14お気に入り登録14人がお気に入りしています
2013年05月18日 23:24

連日、インド人と壁増築!

皆様こんにちは!

連日暑いバラナシですが、インド人大工とヘルパーの皆と壁増築作業をしております。

 

2日目からも、レンガを外から中へ、中から屋上へ運びます。その間に大工さんたちは、セメントと砂を混ぜたものを接着剤として、壁にレンガを積み上げていきます。

この作業、かなりシンプルですが、足場を木で組み立てたり、砂も外から運んできたりと、かなりの重労働…。

更に炎天下の作業となれば、大工もヘルパーも私も呼吸があがりっぱなしです。

 

でもさすがインド人の作業員。この炎天下に慣れている。皆しばし休憩を取りながらでも作業を進めていきます。しかし、途中途中「この人さぼってる?」と思う所もあり、私も激怒!インド人の人たちと喧嘩(?)をしながら仲良く作業をしています。

 

大工さんが作業をしやすいように、レンガを運びます。

 

 

こちらでは、クレーン車などは使用しません。

少し高くなってきた壁に使用するレンガは、少し離れた所から大工さんに投げて渡します。的を外したら、かなりの危ない!?

そんな心配もよそに、座りながら受け取る大工さん。どんどん投げてはキャッチを繰り返し、見事なものでした。

 

 

レンガの空中移動!

 

 

そして、この数日間のレンガ運搬作業に徹した私。

 

筋肉痛などと嘆いている事も忘れ、作業に没頭しました。

それは、全て子どもたちの笑顔のために!

今後、私立化が無事に始動すれば、貧困層の高いこの村の子どもたちへ、よりよい教育が無料で提供出来る。

家計を助けるために家業を手伝っている子ども。

学校に通わせてあげたくても出来ないともどかしさを抱えつつ、家業を手伝わせている親御さん。

このような家庭は、まだまだこの村には沢山あります。

そんな人たちのため、無料教育での私立校開校は、この村にとっても大きな希望なのです。

 

 

毎日の帰り道。

村の子どもたちが、「今日もレンガ運んだの?」と聞いてきます。

「そうだよ!」と私が言うと、「頑張って!!」と応援してくれます。

この一言。この笑顔が一番の元気の源!

今在籍中の子どもたち。

更に、これから出逢う子どもたちのために、私は何個でもレンガが運べそうです!

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

※写真付きサンクスレターを1枚

上記をお送り致します。

支援者
89人
在庫数
制限なし

5,000円(税込)

※写真付きサンクスレターを1枚
※子どもたちが制作したしおりを1枚

上記をお送りい致します。

支援者
52人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

※写真付きサンクスレターを1枚
※子どもたちが制作したしおりを1枚
※子どもたちの制作した実守りを1つ
※インドのお香セットを1セット

上記をお送り致します。

支援者
53人
在庫数
制限なし

20,000円(税込)

※写真付きサンクスレターを1枚
※子どもたちが制作したしおりを1枚
※子どもたちの制作した実守りを1つ
※インドのお香セットを1セット
※マザーベイビースクールのFacebookファンページにてお名前をご紹介

上記をお送り致します。

支援者
27人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

※写真付きサンクスレターを1枚
※子どもたちが制作したしおりを1枚
※子どもたちの制作した実守りを1つ
※インドのお香セットを1セット
※マザーベイビースクールのFacebookファンページにてお名前を紹介
※現地の風景や子どもたち、学校の様子を撮影したフォトブックを1冊

上記をお送り致します。

支援者
3人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする