再会→新しいこと始めます

 

6/11 (日)、昨日はこの2人と再会でした!

 

 

ドドン!!

そうです、直哉と翠の2人です。

 

 

 

もうすでに過去の記事を読んだ方はお分かりですが、

 

 

直哉は東京大学に推薦で合格、

翠は慶應義塾大学にAO入試で合格し、

 

 

今年の4月から大学生となっております。(拍手!!)

 

 

いやぁ、素晴らしい。。。

 

どちらも言葉の力で合格しています。

言葉には技術的も含まれますが、基本は「思い」かと。

そこをやってのけたのは、

OYW含め色んな人生の集大成が、思いとして言葉に乗っかったからでは、っと都合よく妄想しております😊

 

兎にも角にも、おめでとう!

 

 

 

さて、ここまでは実は前段です。

ぼくら新しいことを始めようとしています。

 

それは、

毎年

 

▶︎いわきの高校生を

 

▶︎2人

 

▶︎自作オリジラルプランで

 

▶︎海外渡航

 

してもらおうと思ってます。

 

そのための

助成金プログラムを作ろうと思ってます!!

 

 

きっかけはクラウドファンディングの残金の存在。

 

実はリターンを断ってくださる方が多く、ファンドが約9万円ほど残っておりました。

 

当初は、3人が大学生になったら、新しい挑戦のため等分しようと思っていたのですが、

 

彼らと色々相談したところ、

このお金を次の世代に活かせないか、という話になりました。

 

 

ぼくら、というより、彼らの思いはシンプルで、

 

いわきの高校生にもっと広い世界を見て欲しい、というもの。

 

 

ただ、それが一回で終わって欲しくない、循環させたい、とも考えました。

 

 

 

そこで以下のような作戦を練りました。

(ここからは、これを読まれている方の中で、深く関わりのある方もいらっしゃるのは存じております。私たちが断行して動いているわけではないことをご理解ください^^ ; )

 

 

実は私含め、優香、直哉、翠の4人には、いわき出身以外の共通点があります。

 

 

それは、

いわき生徒会長サミットのメンバーという点です。

(いわきに存在する各学校を横断した、歴代生徒会長の連盟のようなもの)

http://www3.schoolweb.ne.jp/weblog/index.php?id=0740002

 

 

ただ、本格的に始動したのはここ数年の話で、

今「初代」と呼ばれる人たちは大学3年生になっているそうです。

(3人は3代目。)

 

 

彼らはこれからその東京支部をつくろうと画策しているようで、

その活動の一環、もしくは関連活動として、

(位置付けはいずれにせよ)

 

歴代リーダー名簿、関係者名簿を通し、

助成金を集め、この海外渡航支援を実現できないかっと考えています。

(原案:直哉)

 

 

各部活、OBOG会名簿を通して支援金集めて大会出ますよね。

あのイメージの海外渡航版っといったところです。

 

 

今年そのスタートを切るために、ファンドの約9万円を使い、

海外渡航生第1期生をいわきから産みたいのです。

 

 

要するにこういうイメージをやりたい!!👇

http://b.volunteer-platform.org/subsidy/7483/

(これは私の先輩が利用したもの)

 

 

 

これは継続性の担保があって、

自分が先輩にやってもらったことって、

大抵後輩にもやるってことです。

 

よくおごってもらった人って、後輩にもしますよね。

施しの連鎖です。まして、いわき、ですからね。

 

 

彼らが何よりの証拠で、

ぼくが行動を起こしたことによって、

同じように後輩にもいい体験をしてもらいたい。そう思って今回行動してくれています。

 

 

それを繋いで行くという、実にシンプルで情熱的なアイディアです。

 

 

詳しくは現在東京にいる、直哉、翠が動いていくことになるので、

これを読まれている関係者の皆さん、どうか話を聞いてあげてください。

 

 

 

 

 

個人的にこれが始まったら毎年支援しようかと。

 

年1万円なら、1万円で、高校生の人生変わるの見れるチケット。

 

高校生の変化って、3人見ればわかるように、すごいっですから!!

 

 

 

今日はひとまずこれくらいにします。

 

また動き始めたら更新しますね。

 

 

 

あっ、海外出ると、本当人生変わりますよ。

この前まで世界周遊してたので、その写真載せます。

 

ケニアのスラム街の生活も、

朝6時から働くギリシャ人の生き方も、

夜何時になっても暗くならないトルコの空も、

 

考え方をことごとく変えますから。

 

市川も元気です。それでは。

 

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています