プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

南米ボリビア、パンパグランデ市役所が今年から始めて開始する
ごみ分別回収の「資源ごみ」を回収する軽トラックを購入したい!


はじめまして、城井香里です。私は現地の方々の生活に根差した国際協力を経験したいという意思で青年海外協力隊になりました。現在は環境教育隊員として、パンパグランデ市役所に配属され、学校の生徒や教員、一般の市民の方々に環境教育を行っています。とてもシンプルですが、市民が「ごみをポイ捨てしないようになること」が第一目標です。

 

一人でも多くの人に環境を大事にする気持ちを持ってもらうために水や植林、ごみのテーマ、生ごみで堆肥を作るコンポスト、廃油石鹸など環境に関するワークショップの実施や、ローカルテレビやラジオにおけるCM放送で環境の大切さを伝えています。その活動の一つとして、今年から学校においてごみの分別回収を開始し、さらに昨年から開始した農薬容器の回収を継続的に実践していこうと考えています。

 

しかし、その分別回収や農薬容器の回収に必要な軽トラックを購入ためには、安くても150万円が必要です。ぜひ皆さんのお力を借りて購入したいと考えていますので、ぜひご支援・ご協力をお願いいたします!

 

一般ごみ回収用のトラック(レンタル車両)。日本にあるような圧縮型の特別車両ではなく、荷台にごみを積み上げていきます。週二回のごみ回収以外の日は、市内の様々な場所の清掃業務に使用されており、資源ごみ回収のための定期的な使用は困難な状況です。

 

南米ボリビアにある小さな農業のまち「パンパグランデ」
予算収入が乏しく、71パーセントを占める資源ごみが
現在はそのまま最終処分場に埋め立てられています。

 

パンパグランデ市は、南米ボリビアにある人口約1万人の小さな市です。人口の80%が農業に従事し、スイカや野菜の産地として国内でも有名です。ボリビア国内ではバジェといわる文化で、陽気で前向きな人が多く、独自の音楽やダンスの文化が存在しています。

 

廃棄物処理に対する市民一人当たりの予算は20Bs(約320円)。他市の場合、廃棄物政策に重点を置いている都市部の市は市民一人当たり約130Bs(約2,080円)と、約6倍以上の差があります。パンパグランデ市が昨年末に実施したごみ組成の調査によれば、全体の71パーセントが資源ごみです。残念ながら現在はすべて最終処分場に廃棄されいる状態です。

 

最終処分場を訪問した学生たち。自分たちの捨てたごみがそのまま自然の中にとどまり、環境を汚染していることに驚いていました。

 

また、市内における一日当たりのごみの量は2010年の調査で1.6t、2015年は3.9トンと、6年間で2倍以上に増加しています。人口は10パーセント程度しか増加していない一方でごみの量がこれだけ増加しているのは、使い捨ての習慣がボリビアにも浸透してきたためだと考えられます。

 

農村地帯のため都市部のように商業が発展しておらず、予算収入は乏しい状態です。また日本の基金からの助成で学校に設置するごみ箱は購入できたのですが、その助成金では車両の購入は認められておらず、8月から始まる週2回の分別回収および年4回開催する農薬容器の回収(1回につき33箇所のコミュニティを3日間で周回する)に 車両レンタルで対応しようとしている状態です。

 

 

「分別」という習慣が定着していないことから、
すべて最終処分場に運ばれているため、陸も海も汚れてしまいます。

 

パンパグランデ市に住む人々には分別する習慣が定着しておらず、予算不足、分別を始めようとする人材がいなかったため、これまで分別回収は実施されず、すべて混ぜられた状態で最終処分場に運ばれていました。また、使用済みの農薬容器の廃棄については、自分の畑に放置したり、ポイ捨てされた農薬容器が用水路に流されていたりしており、環境汚染が問題となっています。

 

近隣のバジェグランデ市で活動している日本のNGO DIFARから、私の活動を支援したいという申し出があり、彼らを通じて日本の基金へ助成金を申請しました。その決定を受け、先述のとおりごみ箱を購入する等の資金を支援していただくことになり、学校において分別回収を実施することになりました。昨年から農薬容器を回収する行政サービスが開始され、市と共同で導入した団体からの援助(回収日のみの人的援助)は2016年の年末までとなっています。

 

使用済み農薬容器が捨てられていた現場を撮影した写真です。

 

もっともっと環境についての知識・教育が必要。
何よりも「環境をよくしよう」という意識を作るところから始めています。

 

学校においては環境教育を通し環境の大切さや今の環境問題のことを教員、生徒、そしてその家族が知ること、行政においては廃棄物についてどのようにすれば解決できるかを話し合う委員会を設置することなどの"機会"が必要だと思っています。

 

市内全人口の5分の1以上が幼稚園、小中学校の生徒です。学校において環境教育および分別回収を実施すれば、生徒たちがその教育を家族へ還元する効果が見込まれます。

 

行政における委員会(2016年末までに設置予定)は、市長、議員、教員、医療関係者、生産者、市民で構成され、ボリビアの環境に関する法律が絵に描いた餅でなく、本当に活用されるために、そしてそれぞれの立場としての責務を認識してもらいそれを実行に移していくことが必要だと考えています。

少しずつですが、確実にパンパグランでの環境を改善するための希望を実現したいのです。

 

農薬回収拠点にて。左から農薬容器の回収を援助する団体職員、実行者、パンパグランデ市役所職員

 

資源ごみ回収、および農薬容器回収のために軽トラックが必要です。

 

今回購入するのは積載量1トン程度の軽トラックになります。パンパグランデ市役所は行政サービスとしてこの軽トラックで週2回学校や市場を周回して分別された資源ごみを積み、倉庫に運んで集積します。また、農薬容器については年4回の回収キャンペーンを行い、専用の倉庫に集積します。集積された資源ごみや農薬容器は170キロ離れたサンタクルス市内のリサイクル工場に運搬され、リサイクル製品として生まれ変わります。

 

車両レンタルは1日あたり約7000円の費用がかかり、ガソリン代も別に支払わないといけません。この行政サービスを長期にわたって継続されるためには回収する車両が必要です。継続的で安定した分別回収の実施のためには軽トラックを保有したいと考え、クラウドファンディングにチャレンジすることにしました。皆様と一緒にパンパグランデの町を過ごしやすい、自然と共存できる地域にしていきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

 

ご支援いただいた方々へ。リターンのご紹介はこちら!

 

■パンパグランデ市長からの感謝状とステッカー

南米ボリビア・パンパグランデ市長からの感謝状とオリジナルステッカーをプレゼントさせていただきます。

■ボリビアの魅力あふれる写真を掲載したカレンダー

 

■オリジナルTシャツ

■活動状況の掲載されたニュースレター

パンパグランデの環境活動を掲載したニュースレター(DIFAR通信:日本語)をプレゼントします。

■環境活動やパンパグランデの風景を撮影したフォトブック

■ボリビアからの小物をお届け

 

 


最新の新着情報