プロジェクト概要

 

冒険とコーヒーが大好きな私が

本当に美味しいコーヒーを見つける旅に出る。

 

ニューヨーク、シアトル、ポートランド、サンフランシスコ、

ロサンゼルス、ワシントンDC、香港、台湾、メルボルン…etc

 

何度も何度も足を運び店主に直談判。
 

そこで出会い感動した

本当に美味しいコーヒーを

日本で頑張っている人達に届けたい。

 

 

世界各国のロースターと自宅を繋ぐ

 

 

休日を今より少し贅沢にする

至高の1杯をあなたに。

 

世界各国のロースタとを繋ぐサービス
"PANGEA"とは 

 

ー世界各国のロースターと自宅をつなぐサービス"PANGEA"ー

 

人気と実力を兼ね備えた世界各国のロースターと契約し

確かな焙煎技術で作り上げられた入手困難なコーヒー豆を

毎月3種類ずつお届けするサービスです。

 

今回のクラウドファンディングでは

お試し1回から楽しんでいただけます。

 

 

取り入れるロースターの基準

 

 ● 日本未進出で現地でしか飲めないこと

(日本からではインターネットでも買えないこと)

 

 ● 現地メディアで評価が高く、
人気店として現地を支えていること

 

 ● 自分達で焙煎していること

 

 ● 味が美味しく独創的であること

 

 

半年以上、世界を飛び回り直接交渉を進めてきました。

 

現在は台湾や香港などのアジアが中心ですが、

オーストラリアのメルボルン、アメリカのニューヨーク、
シアトル、ポートランド、そしてノルウェーのオスロと、
ニュージーランドのロースターとも提携を進めています。

 

現地の情報は足を使い現地の声を聞くのはもちろん

図書館やカフェの雑誌コーナーや古本から収集することも。
 

いくつもロースターをピックアップし直接でむいて審査してます

 

 

取り扱うロースターのうち、3つを紹介 

 

老舗のOlympia Graeco Egyptian Coffee

 

イギリス植民地時代から存在する
香港のコーヒー文化を昔から支えてきた老舗。

 

政府機関や高級ホテルと取り引きし、

ベトナム戦争中には米軍が好んで買うほどの実績を持っています。

コーヒー好きにはたまらない歴史を持つ、知る人ぞ知るお店。

 

 

店主は4代目のエドウィン・ホーさん。

無口だけども人当りがよく地元の人々にはもちろん、

香港に住む外国人からも愛される人です。

 

 

ここでは13種類以上の焙煎豆を購入でき、

伝統的なエスプレッソブレンドから季節毎に選び抜かれたシングルオリジンまで、

バラエティに富んだラインナップが揃っています。

 

今回、どら焼きと相性が最高なオリジナルブレンドを作ってもらいました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

世界一のカップテイスターが働くCRAFT Coffee Roaster

 

こちらは同じ香港の中でもオーナーが独学で焙煎を学び、

シングルオリジン*をメインとした商品ラインナップ。
*(
生産国というカテゴリーではなく農場や生産者、品種や精製方法など、
より細かい単位で一銘柄としたコーヒーのこと)

 

味の特徴や育った環境が細かく書かれている焙煎豆のパッケージには、
コーヒー豆と向き合い豆本来の風味を最大限に引き出したこだわりと

お客さんにコーヒーを楽しんでもらいたいという思いが滲み出ています。

 

 

店主は2017年にハンガリーで開催された

世界大会でチャンピオンになったロック・チャンさん。

この大会は、複数のコーヒーをテイスティングして違いを評価するもの。
 

その美味しさは日本のコーヒー業界の知人も唸るもの。

香港のスラム地区の小さいコーヒーショップで飲んだコーヒーが美味しく

どこの豆か尋ねたところCRAFT Coffee Roasterということが判明。

 

直接訪問し交渉のすえ、手を組んでくれました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

オーストラリアのメルボルンにある Maker Fine Coffee

 

フードも提供するロースターが多いメルボルンの中でも、
コーヒーに特化したスモールロースター。


定期的にカッピングイベントを開催するなど、
美味しいコーヒーへの探求心が強く、
焙煎も店内に併設されたスペースで丁寧に行われています。

 

 

写真右の気さくな店主のステファニーはメルボルンの

有名ロースターで修業を積んだ後に独立しMaker Fine Coffeeを設立。

若いスタッフらと独自のロースターブランドを確立させようと、

ストリート系ロースターの位置づけでコーヒーと向き合っています。

 

 

中心街からかなり離れた住宅街にひっそりと存在し、

到着するまで相当歩きました。

 

日本人で尋ねる人は多くないようですが、

ここで飲んだブラジル産エスプレッソ豆で作ったカフェラテは、

バリスタのレベルの高さに驚かせられるだけでなく、

香り、温度、なめらさか、苦味、甘み、全てにおいて完璧でした。

 

 

 

他にもここでは紹介しきれませんが

台湾のスペシャルティコーヒーのパイオニア的存在のロースターや

科学的根拠に基づき美味しさを追求した新しいロースターなど

 

みなさんにぜひ飲んでいただきたい

コーヒーを数多く取り揃えています。

 

 

サービス詳細

 

ー商品の発送についてー

 

コーヒーには、異なる地域の豆を混ぜ合わせた“ブレンド”と

農場や生産者、品種や精製方法などで一銘柄とした
“シングルオリジン”の2つが存在します。

 

PANGEAでは基本的に2種類のブレンドと

1種類のシングルオリジンを毎月お届けしていきます。

 

そして、中煎り・深煎りの焙煎豆と浅煎りの焙煎豆を、

各ロースターからバランス良く調達します。

 

ー賞味期限・配送ー

 

焙煎豆の美味しさが最高潮に達するのは焙煎してから数日後。

飲み頃はそれから約3週間です。

 

世界中の焙煎士が引き出した豆本来の素晴らしさを

みなさんにも味わっていただけるように、

焙煎後すぐに各地でピックアップし、

最短最速で配送いたします。

 

ー品質管理ー

 

世界各国から調達したコーヒー豆を、

温度・湿度共に最適な環境で品質チェックおよび管理し、

高精度な梱包技術とノウハウ、独自の配送網といった

徹底したビジネスインフラの体制で提供します。

 

 

奥深く魅力あふれるコーヒーの世界を自宅で

 

アメリカ・オーストラリア・台湾・日本・ノルウェー・香港などで

人気のロースターから届く焙煎豆。

 

1年中異なるロースターの作品を楽しむことができます。

 

すべてのロースターは2度3度、

自ら足を運び彼らの思いやこだわりを感じ

"こういう人たちが日本で契約できたらいいな"と

心から思える場所のみ。

 

原産国、生産者、精製方法、焙煎方法…

それぞれが異なることによって生み出される、

奥深くそして魅力溢れるコーヒーの世界を、お楽しみください。

 

 

 

"足を使って最高のコーヒーを届ける"
ーPANGEA発起人ー

 

  宮下裕任   ​

 

1984年茨城県水戸市出身。茨城大学大学院卒業。 
09年NTT入社後、海外製品の法人営業及び新規顧客開拓に従事。 
15年に個人チーム「納豆男子」を結成し、

タンザニア共和国へ渡り5日間で1000人に納豆をプレゼント。

日本人初となる日本産納豆のアフリカ大陸進出を実現。 
その後、KDDI香港を経て香港にNATTO Co., Ltd.を設立し、

18年にコーヒーサービス「PANGEA」を立ち上げ、

日本でバーネット・ブラザーズ株式会社を設立。

 

 

---  自己紹介   ---

 

お忙しい中、このページを見てくださり、ありがとうございます。

宮下裕任と申します。

 

私は今、人生史上最大の挑戦をしています。

それは、2015年から今日までの3年という歳月をかけて準備してきた、

大好きなコーヒーの新しいビジネスで、世界に挑戦状を叩きつけるというものです。

 

 

アメリカ、イギリス、フランス、オーストラリア、中国、台湾、

香港、フィリピン、日本など、合計10ヶ国30都市、

300件以上のロースターを訪ねました。

 

 

朝から晩までたくさんのロースターを周り、たくさんのコーヒーを飲み、

美味しいと思ったらそこでオーナーと契約の交渉をし続けてきました。

 

そして、ついに、世界各国を代表するロースターで焙煎されたコーヒー豆を、

日本の皆様にお届けできるサービス「PANGEA」を立ち上げることができました。

 

 

PANGEAは、仮想通貨とクレジットカードで購入できる

サブスクリプション型のコーヒーサービスで、

一度登録いただくと、毎月3種類の焙煎豆がご自宅に到着します。

そして、毎月異なる国のロースターから焙煎豆が届きますので、

1年中異なる風味を楽しむことができます。

 

今回のクラウドファンディングのプロジェクトでは、

PANGEAのお試し版として、

皆様に美味しい焙煎豆をお届けできたらいいなと思っています。

 

また、PANGEAは私が社会人になってから学んだ

全てのビジネスナレッジを注入して作り上げましたので、

様々なビジネスコンテンツが含まれています。

 

ですので、ご興味がある方には、

そのビジネスコンテンツもリターンでご提供できたらいいなと思っています。

 

経営学、営業、WEB、マーケティング、資金調達、

事業計画、交渉、英語、デザイン、シリコンバレーの企業との連携、

成功者の人生哲学など、美味しい焙煎豆以外にも、

たくさんのプレゼントを、

私に興味を持ってくださった方全員にご提供できたらいいなと思います。

 

私はとにかく、楽しいことがしたいです。

人生で笑う時間を少しでも長くしたい。

そう思い、PANGEAをスタートさせました。

 

 

大学院を卒業し、海外で働きたいという目標を達成するために、

20代をビジネスと勉強に捧げました。

そして、30歳という節目の年に、お世話になった会社に別れを告げました。

 

 

しかし、結核という大病を患い緊急入院。生きるか死ぬかの闘病生活を半年間過ごし、病室隔離で症状が良くなるのを待ち続けました。

 

衝撃的な神様からのギフトに、当時はショックで立ち直ることができませんでした。

 

 

培ったキャリアも、人とのご縁も、

お金も、全て無くし、孤独な日々を過ごしました。

自分には明るい未来さえないと、病室から眺めた夜空は霞んで見えました。

 

その時、唯一残ったのは、父、母、姉、の家族でした。

 

「結核が完治したら、家族には絶対に恩返しをしたい。」

 

その思いで闘病生活を過ごし、なんとか退院することができました。

 

そして、私は世界を旅することをスタートさせました。

 

 

「人生とビジネスは夢と希望だ。それだけがあればいいんだよ。」

 

2016年、移住した香港で出会った成功者は、私にそう教えてくれました。

奇跡的なご縁で、アジアで一番成功した経営者と言われる師に出会い、

その人から学んだこと。

 

それは、世界の最先端は夢と希望で満ち溢れているという事実でした。

 

 

一度死にかけた人生。

私は、死ぬまで元気に働くことが、最大の親孝行であるという結論に至りました。

それをする為に、スパイシーな人生を送ることができる経営者になりました。

 

人間の好きというエネルギーには無限大のパワーがあります。

その好きなものに、自分の人生を捧げよう。それが、コーヒーです。

 

 

全く遊ばずに自己投資とビジネス漬けの毎日を過ごした20代。

 

 

それを全て失う大病という経験。

 

 

世界の頂は愛で溢れているという真実。

 

 

私の使命は、その真実と向き合い、

ビジネスを通して最大限の親孝行をすることなんだと思います。

 

 

私は、PANGEAを、世界一のコーヒーサービスに育て上げるつもりです。

アメリカで浸透しているサブスクリプション(毎月定額課金)型は、

日本ではまだ馴染みが薄いですが、

私の手で、日本の皆さんに、

その面白さをお伝えできたらいいなと思います。

 

インターネットで世界中の焙煎豆を簡単に購入でき、国境を感じさせないスピード感のある配送で、焙煎して間もない高品質のコーヒー豆が自宅に届く。

 

そんなことができるサービスは、PANGEAただ一つです。

 

ぜひ、お楽しみください。

 

 

私がどんな人間なのかは、新着情報で毎日配信していきたいと思います。

皆さんとご一緒できることを、楽しみにしています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


最新の新着情報