プロジェクト概要

医療関係者の医療施設において管理・運営にかかわっている方を対象に今後の未来について発展的な話をする場を設けたいと考えました。医療に従事する若者たちの未来を真剣に考えていきます。

 

はじめまして。「医療専門職のキャリアデザインを考える会」代表の山口剛と小田嶋裕之です。我々は理学療法士であり、診療所の経営、学校の教員と言う全く違う立場から、大学院でたまたま出逢い今後の医療界、後輩の将来に不安を感じた志の高い仲間とともに会の発足と至りました。医療従事者は施設内にて経験を積み、施設外に出て働くということはほぼありません。そのような環境であるため、一般的な企業と比べ経験値の管理や運営のためマネジメントのポジションにつく人達にとって不安が大きいのは言うまでもありません。実践知に加え学びを通しての人財育成を行います。

 

そこでセミナーを開き、交流の場を作りたいと考えています。計6回開催するうちの3回分の開催費用を皆様の支援をお願いできないでしょうか。

 

 

 

医療従事者の多くが、社会人としての社会人基礎力を養う場が少ないです。

 

基礎学力が劣るようならそこには時間を費やすが、社会人基礎力を学ぶという場は一切存在していません。臨床経験が5年あれば教員になれ、その学校の教員も教職を持っているわけではないので社会人基礎力を実際学んだ事はありません。そこで「医療専門職のキャリアデザインを考える会」がその部分を補える存在になればと考えました。例えば、リハビリのお仕事の要役である理学療法士はこれから10年で約2倍の25万人になると言われています。100人高校三年生がいれば必ず1人は理学療法の養成校に入らなければ学校は定員を満たせない状態です。医療専門職を養成するシステムは出来ていますが、社会人基礎力を学べる場は存在していないのが現状です。この10年で社会をリードする医療人の教育が急務だと感じています。

 

 

 

 

そこで、今後について語りリーダーを育成していく環境を作れたらと考え会の発足と至りました。

 

2ヵ月に1度開催される、「医療専門職のキャリアデザインを考える会」では医療関係者の理学療法士、作業療法士、看護師、技師等 クリニック、病院において管理・運営にかかわっている方、今後管理者として働きと考えている方を集め現状の悩みや今後の未来について発展的な話を交わしていただきます。それによりリーダーを成長させ、リーダーの下にまたリーダーを作っていく事が人財育成だと考えました。ディスカッション形式で進行し悩みから改革案などを共有する場、相談できる場に出来たらと考えいます。

 

 

 

良い医療人=良質な大人とは限りません。イベントを行い、医療界のリーダー育成に貢献することが一番の目的です。どうか皆様のお力をお借しください。

 

セミナーを行う会場費、集客広告宣伝費、椅子、机、スクリーン、プロジェクター等全てが不足しております。雑費等合わせ全6回のうち3回分だけでも100万円以上足りません。是非皆様のお力をお貸しください。このプロジェクトを行い、リーダーの育成が可能になることで医療専門職のキャリアの幅が広がり、今後医療界に入ってくる人財の希望となります。また、良質な大人であり、良質な医療職者が増える事で医療の質も向上すると思います。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆引換券について◆◆◆◆◆◆◆◆

支援して頂いた方には、以下の物をお送り致します。

 

3000円

お礼のメッセージカード

 

10000円

お礼のメッセージカード
懇親会へご招待

 

20000円

懇親会へご招待

パーソナルレッスン60分(ピラティス、ヨガ、ジャイロキネシスetc)

 

 

30000円

セミナーへご招待
懇親会へご招待

パーソナルレッスン60分(ピラティス、ヨガ、ジャイロキネシスetc)

 

50000円

セミナーへご招待

懇親会へご招待

パーソナルレッスン60分×2回(ピラティス、ヨガ、ジャイロキネシスetc)