READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

100年の集大成!最高の演奏でマンドリン音楽を広めたい!

100年の集大成!最高の演奏でマンドリン音楽を広めたい!

寄附総額

1,778,000

目標金額 1,000,000円

寄附者
129人
募集終了日
2020年3月31日
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

<第一目標達成のお礼とネクストゴールについて>

 

皆様からの暖かいご寄附のおかげで、当初目標の100万円に到達することができたばかりか、150万円を超える金額まで達成できました!本当にありがとうございます。

 

幸いなことに募集期間が1週間残っておりますので、100年記念演奏会にとどまらず、これからの九大マンドリンクラブを応援してくださる皆さんを広げていきたいという思いから、「サポーターの数を増やす」ことを目指し、「寄附者様の人数100人突破」を第二の目標としたいと考えております。

 

残り1週間となりましたが、皆様のご支援が日々の活動の支えとなり、音楽のエネルギーとなっています!

 

引き続き、温かいご寄附のほどよろしくお願いいたします。

 

2020年3月24日追記

九州大学マンドリンクラブ

 

ーーー

 

九州大学マンドリンクラブ100周年。
記念演奏会でマンドリンの魅力を届けたい。

 

ページをご覧いただきありがとうございます。私たちは、九州大学マンドリンクラブです。

 

マンドリンは、17世紀イタリアで発達した楽器で、4本の復弦をピックで弾いて演奏され、独特のトレモロ奏法で透明感と哀愁と力強さを感じさせる音色を奏でます。弦をはじいて音を奏でる楽器を撥弦(はつげん)楽器といい、マンドリンは撥弦楽器に分類されます。ギターもその仲間です。

 

マンドリンに似た楽器で1オクターブ低い音を出すマンドラ、マンドラよりもさらに低い音を出すマンドロンチェロ、それに撥弦楽器ではありませんが深みのある低音をだすコントラバスなどを加えた楽器群で編成されたのがマンドリンオーケストラです。30人以上の大規模なアンサンブルが奏でる音は撥弦楽器ならではの独特の味を醸し出します。

 

 

九州大学マンドリンクラブは音楽を愛する学生の団体として、1921年に創立されました。これまで、内部で合奏を楽しむのみならず市民へマンドリンオーケストラの魅力を発信するための演奏会を定期的に行ってきました。

 

年に2回の定期演奏会は、2019年12月まで159回を数えています。2019年4月現在、10の学部の学生50人以上の部員を擁し、パート練習や合奏に謹んでいます。

 

そして、2021年には創部100周年を迎える伝統あるクラブです。

 

今回、来年の創部100周年を迎えるにあたり、現役マンドリンクラブ部員は「QMC-CF100」プロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトでは、2020年9月に行われる創部100年記念演奏会および傷んだ楽器の修復を皆様からのご支援を得て実行するもので、演奏会の開催経費と楽器修理費の一部に寄附金を活用します。

 

ぜひ皆様の温かいご寄附ご協力をお願いいたします。

 

 

 

QMC100年の歴史。

 

九州大学マンドリンクラブ(通称・以下:QMC)は、1921年に学生の発意によって創設、以来連綿とマンドリン音楽の演奏活動をつづけ、2021年には創部100周年を迎えます。

 

・大正10年(1921年)春:九大フィルハーモニー会マンドリン部として発足

・大正10年(1921年)10月9日:第1回定期演奏会

・昭和17年(1942年)12月6日:第40回定期演奏会

〜戦争のため中断〜

・昭和25年(1950年)12月3日:第41回定期演奏会

・昭和45年(1970年)12月12日:創立50周年記念、第65回定期演奏会

〜10年ごとに記念演奏会〜

・令和元年(2019年)12月14日 第159回定期演奏会(直近の定演)

・令和2年(2020年)9月21日 100年記念演奏会(予定)

・令和3年(2021年)5月 100周年記念演奏会(予定)

 

<記念誌発行

・1964年 九大マンドリンクラブ40年史発行

・1986年 九大マンドリンクラブ60年史発行

・2001年 九大マンドリンクラブ80年史発行

 

この100年の歴史が繋がってきたのは、たくさんの方の支えがあったことはもちろんですが、部員のマンドリンへの熱意と部員同士の絆も大きいと思っております。

 

100年の歴史を直に感じられるモノもあります。「不協和音」という、部員間の連絡等に使用するノートが存在し、いつ始まったのか定かではありません少なくとも40年以上は続いています。その数は百冊を超えており、現在も部室に大切に保管されています。

 

また、マンドリンが生活の一部になっているため、土日の練習が休みの時何をしたら良いかわからなくなって逆に寂しかったり、自分で買った楽器は我が子のように大切に扱い、練習にも更に熱心になるなど、本当にマンドリンが大好きなメンバーが集まっています。

 

 

 

QMCの年間活動。

 

QMCは、毎年以下のような活動を行っています。

 

<合奏・パート練習>

毎週、全員/パート毎で集まり、練習をしています。パートメンバーは特に顔を合わせる時間が長く、どんどん息が合っていきます。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

<新入生勧誘>

QMCはほとんどの部員が初心者で楽器経験がない人も多く、特に新入生勧誘ではまずマンドリンという楽器のことを説明するのが難しいです。そのため、まずは自分たちの楽器に対する理解をより深める必要があります。

 

 

<合宿>

毎年行われる合宿。春・夏・秋の年3回、5~7日間行われ、朝6:00から夜22:00まで練習が続きます。文字通り、マンドリン漬けの日々を過ごし、部員同士の絆や音の連帯感が生まれます。

 

<定期演奏会>

毎年5月に、日々の練習の集大成として、外部の方もお招きし、定期演奏会を行っております。マンドリンをご存知でない方にもマンドリンオーケストラの魅力を伝えることを目的としており、部員は皆この演奏会に照準を当てています。

 

定期演奏会などを通じて、外部の方々からも下記のようなたくさんの嬉しい声をいただいています。

 

「部員のみんなが終始笑顔なのが良かったです。冬も楽しみにしています。」

「みんなの息遣いまで聞こえて、緊張の中にも力強く、指揮者への信頼が感じられる良い演奏だったと思います。」

「どの曲もそれぞれ情景を鮮やかに思い描ける演奏ばかりでとても聴いていて心地よかった。」

「九大さんの演奏はすべてがカッコ良くて瞬きも忘れてしまいます。実際の演奏を観て聴く事でその素晴らしさを心から感じました。観に来て本当に良かったです。(21歳男性)」

「生の音にみんなのパワー、想いを感じ、心が震えて涙が出ました。(57歳女性)」

「春からの練習をすべて出し切った様な集大成を感じました。さすがQMCといった感動の締めでした。(女性)」

 

プロの先生やOBOGさんのご指導もいただきつつですが、主に学生主体で曲を作り上げていくので、演奏会が終了し幕が降りた時の部員一同の達成感はひとしおです。

 

 

 

 

QMC-CF100の課題。

最高の音を、最高の舞台で届けたい。

 

来年の創部100周年を記念して、上記の活動にプラスの活動としてQMC-CF100の準備が進んでいます。そのうちの一つである、2020年9月に開催される100年記念演奏会の準備も進んでおりますが、その中で2つの困難に直面しています。

 

<1.記念演奏会運営費が不足している>

 

今回の記念演奏会では、九州ではもっとも良い音響設備を整えた、アクロス福岡シンフォニーホールでの開催を計画しています。この演奏会には演奏者としてOBOGの皆様を初めQMCに関わってくださったたくさんの方々にご参加を企画しています。しかも、多くの方々に楽しんでいただくべく、入場料は無料での開催としています。

 

しかし、演奏会を開催するにあたり、ポスター、パンフレット、会場使用、楽器運搬などに経費が必要です。九大マンドリンクラブ同窓会では「創部100周年記念事業」を立ち上げ、OBOGの皆様に寄附金を呼び掛けているところですが、なお十分とはいえません。多くの人々にマンドリン音楽を楽しんでいただきたいという思いと演奏会開催のための経費の負担というジレンマに苦しんでいるところです。

 

 

 

<2.楽器が足りない>

 

マンドリンクラブの楽器には、大学の経費により購入したもの、先輩方から引き継いできたものがあります。マンドリンパートやギターパートでは、個人で楽器をそろえる部員もいて、たいていは入部より1年経った時点で楽器を自分で購入し練習を続けています。しかし、共用のマンドリン、ギター、マンドラ、マンドセロ、コントラバス、打楽器など、クラブで所有している楽器は長い年月で傷んでしまい、美しい音色を奏でることができなくなってしまっています。楽器の修理には多大な費用が必要です。大学からの支援にも限界があり、また私たちの部費だけでは賄うことができず、悩んでいます。

 

 

100周年という節目に先輩方から受け継いできた伝統を残したい!演奏会を通じてより多くの方にマンドリン音楽の魅力を知ってもらいたい!


私たちのこのような想いを、皆様からのご寄附を活用して実現させるべく、このプロジェクトを立ち上げるに至りました。

 

 

 

皆様からのご寄附の使い道。

 

今回皆様からいただいた寄附金は、九大マンドリンクラブの創部100年にかかる事業費用の一部およびマンドリンクラブが活動を続けていくための楽器維持の費用の一部として大切に使用させていただきます。具体的には、2020年9月21日(月)にアクロス福岡シンフォニーホールで開催する予定の「100年記念演奏会」に関する経費やマンドリンクラブが所有する楽器の修理費用等に充てさせていただきます。

 

2020年9月21日開催予定「100年記念演奏会」詳細

 

<日時>

2020年9月21日(月・祝日)

13:30開演予定

 

<場所・アクセス>

アクロス福岡シンフォニーホール

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目1番1号 アクロス福岡1階

地下鉄空港線天神駅から徒歩5分(16番出口直結)

 

<演奏曲目(予定)>

■第1ステージ(学生だけのステージ)
 祝典舞曲 H.Ambrosius 指揮 柿谷 由香(副指揮者)
 過去への敬慕 L.M.Vogt 〃 比江島 拓己(正指揮者)
 降誕祭の夜 A.Amadei 〃  木下 正紀

■第2ステージ(ソロを中心とした、学生(4年生)とOB有志によるステージ)
 コル・ニドライ M.C.F.Bruch 東 洋一郎編曲 指揮 中島 直樹
     マンドチェロソロ 東 洋一郎
 ナポリ狂詩曲 R.Calace
      マンドリン 松浦 圭介
      ギター   加世田 純之助

■第3ステージ(合同ステージ) 指揮 東 洋一郎
 浜辺の唄 中野 二郎編曲
 待ちぼうけ・山寺の和尚さん たかしまあきひこ編曲 東 洋一郎補編
 いつでも夢を 東 洋一郎編曲
 古戦場の秋  小池 正夫

■第4ステージ(合同ステージ)    指揮 比江島 拓己
 失われた都(初演版)  鈴木 静一

 

<その他(注意点など)>

〇ご来場のお客様の鑑賞、奏者の演奏の妨げになるので雑音をたてないようご協力お願いいたします。(携帯電話の電源はお切り願います。また演奏中の会話やお荷物の管理にもご注意を願い致します。)

〇演奏中の座席の移動、着席、退出等の振る舞いはお控えください。

〇録音、撮影、場内での飲食はおやめください

 

マンドリンにはオリジナル曲が多数ありますが、名曲と呼ばれるものは大編成を前提にされている曲が多く、少人数では演奏会の規模も限界があります。今回の演奏会では50人を超える大編成でマンドリンオリジナル曲の中でも大曲の「失われた都」を演奏させていただきます。

 

今では珍しくなった大編成での演奏を優れた音響設備を持つアクロス福岡シンフォニーホールで開催することによって、九州、日本のマンドリン文化の普及、発展の一助になります。

 

今回のプロジェクトは当団体の100周年を記念するとともに、新たな時代へマンドリン音楽をよりポピュラーなものにしていきたいとの目的もあります。

 

 

 

QMC次の100年への第一歩を、
そしてマンドリン音楽の普及へ。

 

現在はマンドリン人口が減っており、たくさんあった各大学のマンドリンクラブも現在では部員数減少によって廃部や運営困難になっています。QMCでも、以前は立ち見が出るほどの活気を見せていた演奏会も、近年は観客数の減少が著しいのが現状です。

 

そんな状況だからこそ、100年という歴史を持つ私たちの集大成としての音楽と、アクロス福岡という最高の舞台を掛け合わせることによって、マンドリン音楽の魅力を一人でも多くの人に気づいてもらうことができる、そして現状を打開する一役を担えると信じています。

 

そして、これからの九州大学マンドリンクラブ、さらに他のマンドリン団体が、たくさんの方に寄附していただきながら次の100年に向かうために、最高のバトンを繋ぎます。

 

100年目という節目の演奏会の成功、ひいてはマンドリンという音楽文化の今後の普及、発展のため、皆様の寄附をお待ちしております。

 

 

QMC-CF100について

 

<スケジュール>

2020年6月〜12月:楽器修理

2020年9月21日:100年記念演奏会開催

 

<その他ご連絡事項>

本クラウドファンディング事業の範囲外ではありますが、九大マンドリンクラブでは2021年の定期演奏会を「100周年記念定期演奏会」と位置づけ、本プロジェクトで修理した楽器を用います。

 2021年  5月:100周年記念第162回定期演奏会開催

 2021年12月:100周年記念第163回定期演奏会開催

定期演奏会の日程、曲目に関してはまだ未定ですが、QMCのtwitterやHPを通して随時ご報告させて頂きます!

 

<プロジェクトの実施体制>

代表:緒方一夫(九大マンクラ顧問・熱帯農学研究センター・教授)

タスクフォースチーム・メンバー:吉田圭祐(ギター・工・幹事長)、齋藤葵(マンドリン・農)、中崎友哉(ギター・工)、広瀬祥大(マンドリン・経)、槙野泰河(ギター・工)、中島栞里(マンドロンチェロ・法)、莟佳穂(マンドラ・法)

 

================

*お名前掲載のギフトに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

 

 

税制上の優遇措置について


九州大学へのご寄附については、税制上の優遇措置が受けられます。


■個人の皆様

 

【所得税(所得控除)】
寄附金額が年間2,000円を超える分について、所得控除を受けることができます。


寄附金額 - 2,000円 = 所得控除額
(控除対象となる寄附金の上限額は、当該年分の総所得金額の40%です)

 

【住民税】

本学を「寄附金税額控除対象法人等」として指定している都道府県・市区町村にお住まいの寄附者の皆様は、所得控除に加えて、翌年の個人住民税が軽減されます。

 

 (寄附金額 - 2,000円)× 4~10% = 住民税控除額
 (控除対象となる寄附金の上限額は、当該年分の総所得金額の30%です)


  ※上記の計算式の4~10%について
  ・都道府県が指定した寄附金は4%
  ・市区町村が指定した寄附金は6%
  (都道府県と市区町村双方が指定した寄附金の場合は10%)

 

〇福岡県にお住いの方々へ
[本学への寄附金を条例で指定している自治体]
福岡県/福岡市/糸島市/大野城市/春日市/古賀市/粕屋町/新宮町/那珂川町/その他
※その他の自治体については、大変お手数ですが各自治体の税務担当課へお問合せください。

 

〇福岡県外にお住まいの方々へ
本学が福岡県に所在する法人であることから、お住まいの都道府県および市町村で本学を「寄附金税額控除対象法人」に指定していない可能性があります。
大変お手数ですが各自治体の税務担当課へお問い合わせください。

 

■法人様

 

寄附金の全額を損金算入することができます。

※反社会的勢力等(暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ若しくは特殊知能暴力集団等若しくはそれらの構成員等)またはそのおそれがあると当団体が判断する者からの寄附はお受け入れいたしかね、入金済みの寄附金については返還いたしますので、あらかじめご了承下さい。

 

もっとみる

プロフィール

九州大学マンドリンクラブ

九州大学マンドリンクラブ

はじめまして!九州大学マンドリンクラブ(QMC)です! 私たちは1921年の創部以来、部内で演奏を楽しむだけでなく, 定期演奏会や外部演奏会にてマンドリン音楽の魅力発信を行ってきました。 来年QMCは「創部100周年」を迎えます。 100年の歴史の集大成としてアクロス福岡で演奏会を行いたい! クラウドファンディングで支援いただく中で 私たちの活動やマンドリン音楽そのものを知って頂きたい! そんな思いでこのクラウドファンディングを立ちあげました。

ギフト

5,000

alt

QMC全力応援!5000円寄附コース

■お礼のメッセージ
QMC部員より心を込めてお礼のメッセージを送らせていただきます。

■演奏会パンフレットに寄附者様のお名前掲載
※寄附時に必ずご希望のお名前をご記入ください。記載を希望しない方は、「なし」とご回答ください。また特定の人物を揶揄するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事が御座います、ご注意ください。

■100年記念演奏会のチケット(希望者のみ)
100年記念演奏会のチケットを送付させていただきます。
※2名様までご招待いただけます。お誘い合わせの上ご参加ください。

■寄附受領証明書
※寄附受領証明書のお名前は、寄附申し込み時にご登録いただいたお名前となります。

寄附者
33人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

10,000

alt

QMC全力応援!1万円寄附コース

■お礼のメッセージ
QMC部員より心を込めてお礼のメッセージを送らせていただきます。

■演奏会パンフレットに寄附者様のお名前掲載
※寄附時に必ずご希望のお名前をご記入ください。記載を希望しない方は、「なし」とご回答ください。また特定の人物を揶揄するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事が御座います、ご注意ください。

■100年記念演奏会のチケット(希望者のみ)
100年記念演奏会のチケットを送付させていただきます。
※2名様までご招待いただけます。お誘い合わせの上ご参加ください。

■寄附受領証明書
※寄附受領証明書のお名前は、寄附申し込み時にご登録いただいたお名前となります。

寄附者
56人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

30,000

alt

QMC全力応援!3万円寄附コース

■お礼のメッセージ
QMC部員より心を込めてお礼のメッセージを送らせていただきます。

■演奏会パンフレットに寄附者様のお名前掲載
※寄附時に必ずご希望のお名前をご記入ください。記載を希望しない方は、「なし」とご回答ください。また特定の人物を揶揄するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事が御座います、ご注意ください。

■100年記念演奏会のチケット(希望者のみ)
100年記念演奏会のチケットを送付させていただきます。
※2名様までご招待いただけます。お誘い合わせの上ご参加ください。

■寄附受領証明書
※寄附受領証明書のお名前は、寄附申し込み時にご登録いただいたお名前となります。

寄附者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

50,000

alt

QMC全力応援!5万円寄附コース

■お礼のメッセージ
QMC部員より心を込めてお礼のメッセージを送らせていただきます。

■演奏会パンフレットに寄附者様のお名前掲載
※寄附時に必ずご希望のお名前をご記入ください。記載を希望しない方は、「なし」とご回答ください。また特定の人物を揶揄するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事が御座います、ご注意ください。

■100年記念演奏会のチケット(希望者のみ)
100年記念演奏会のチケットを送付させていただきます。
※2名様までご招待いただけます。お誘い合わせの上ご参加ください。

■寄附受領証明書
※寄附受領証明書のお名前は、寄附申し込み時にご登録いただいたお名前となります。

寄附者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

100,000

alt

QMC全力応援!10万円寄附コース

■お礼のメッセージ
QMC部員より心を込めてお礼のメッセージを送らせていただきます。

■演奏会パンフレットに寄附者様のお名前掲載
※寄附時に必ずご希望のお名前をご記入ください。記載を希望しない方は、「なし」とご回答ください。また特定の人物を揶揄するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事が御座います、ご注意ください。

■100年記念演奏会のチケット(希望者のみ)
100年記念演奏会のチケットを送付させていただきます。
※2名様までご招待いただけます。お誘い合わせの上ご参加ください。

■寄附受領証明書
※寄附受領証明書のお名前は、寄附申し込み時にご登録いただいたお名前となります。

寄附者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

3,000

alt

【学生限定】QMC全力応援!3,000円寄附コース

■お礼のメッセージ
QMC部員より心を込めてお礼のメッセージを送らせていただきます。

■演奏会パンフレットに寄附者様のお名前掲載
※寄附時に必ずご希望のお名前をご記入ください。記載を希望しない方は、「なし」とご回答ください。また特定の人物を揶揄するお名前や公序良俗に反するお名前は掲載をお断りする事が御座います、ご注意ください。

■100年記念演奏会のチケット(希望者のみ)
100年記念演奏会のチケットを送付させていただきます。
※2名様までご招待いただけます。お誘い合わせの上ご参加ください。

■寄附受領証明書
※寄附受領証明書のお名前は、寄附申し込み時にご登録いただいたお名前となります。

寄附者
21人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年9月

プロフィール

はじめまして!九州大学マンドリンクラブ(QMC)です! 私たちは1921年の創部以来、部内で演奏を楽しむだけでなく, 定期演奏会や外部演奏会にてマンドリン音楽の魅力発信を行ってきました。 来年QMCは「創部100周年」を迎えます。 100年の歴史の集大成としてアクロス福岡で演奏会を行いたい! クラウドファンディングで支援いただく中で 私たちの活動やマンドリン音楽そのものを知って頂きたい! そんな思いでこのクラウドファンディングを立ちあげました。

あなたにおすすめのプロジェクト

【横浜市立大学】ステキな演出で最高のダンス公演を作りたい!

牟田祐香牟田祐香

#大学

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
16日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする