2018年7月 試験飛行を達成しました

クラウドファンディングのプロジェクトが成立し、そろそろ2か月になります。季節は夏になり、暑い日が続いていると思いますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

REDFOX Airshowsは、支援者の皆さまへのリターンを7月中に発送ができるよう、準備を続けています。さらに、飛行機の輸送の準備、飛行申請、イベント開催者との連絡や調整を行い、時間があっという間に過ぎていきました。

 

それ以上に気になるのは飛行機の整備作業です。5月中には作業を終えて、試験飛行まで行う予定でしたが、遅れに遅れ、先日6月30日にようやく完了しました。

 

どのような作業をしてきたのか、2017/2018 冬季整備の様子を掲載します。

 

 

 

 

2017年10月20日

上側主翼を降ろし、ファブリック(羽布)の張り替え作業を開始します。

 

 

 

 

2017年12月21日

上側主翼の内部の検査を終えました。内部構造を全て確認でき、また木の知識と技術があれば、伝統技術で修復できる。これが木製羽張構造の強みです。

 

 

 

 

2018年1月3日

クリスマス前にインフルエンザにかかりました。10日後、やっと動けるようになり、作業再開です。

 

 

 

 

2018年1月5日

規定の幅を確保して、ファブリックを主翼に接着します。

 

 

 

 

2018年1月12日

アイロンの熱でファブリックを収縮させ、生地に張りを与え、リブの部分に糸で縫い付けていきます。

 

 

 

 

2018年1月16日

テーピング。縫い付け面をファブリックと同じ素材のテープで保護します。

 

 

 

 

2018年2月18日

下塗りを行い、表面を平滑に仕上げます。仕上がりに大きく影響するところです。

 

 

 

 

2018年2月24日

ポリウレタンの塗装です。塗装はまだ不慣れですが、これも経験です。

 

 

 

 

2018年3月4日

表面に埃がついてしまいました。簡易型のペイントブースですから、仕方がありません。サンディングして、磨きます。

 

 

 

 

2018年3月23日

アクロバット仲間のミッチさんに、白と紺のストライプを貼っていただきました。ありがとう!

 

 

 

 

2018年4月16日

エンジンカウル前部分は塗装の剥がれや細かいヒビがありました。カーボンファイバーのシートを裏に1枚貼って補強、整形して、再塗装です。

 

 

 

 

2018年6月9日

やはりゴミが付着しました。サンディングして磨きます。

 

 

 

 

2018年6月12日

主翼のリギング(調整)です。安全性はもちろんですが、飛行性能を求めて、飛行機は完璧にセットアップしたいものです。

 

 

 

 

2018年6月12日

主翼の角度を整えた後、ブレースワイヤ―に張りを与え、上下主翼に剛性を持たせます。

 

 

 

 

2018年6月14日

上下の主翼がきれいに揃いました。上側主翼にエルロンを取り付けます。

 

 

 

 

2018年6月16日

ブレーキ系統の全てのOリング、ホース類を一新しました。

 

 

 

 

2018年6月22日

8か月ぶりにエンジンに火が入りました。エンジン試運転は成功です。

 

 

 

 

2018年6月25日

エンジンの熱で焼けてしまった部分を貼り直します。

 

 

 

 

2018年6月30日

試験飛行を無事に終えました。これ以上にないほどの仕上がりに満足です。

 

 

 

 

2018年7月2日

各部に異常は見られません。試験飛行から練習飛行に移り、パフォーマンスフライトのルーティーンを完成させます。

 

 

長い8か月に渡る作業でした。能登キャンパス航空祭まであと3か月。皆さま、現地でお会いしましょう!

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています