2016年10月 能登キャンパス航空祭

                              写真: 平野千加子様

 

 

内海昌浩様からのメッセージ

 

彼が普段エアショーを飛ぶアメリカでは、民間の小型航空機は身近な乗り物です。その航空文化の中で、エアショーは飛行機をより身近に感じ航空への夢や憧れを与える素敵なものとなっています。

 

エアショーの本場アメリカで鍛えられた彼のエアショーには飛ぶ楽しさを感じさせる力があります。観て楽しんで、日本の皆さんにもっと空を飛行機を好きになって貰いたい、航空に夢を抱いて貰いたいと思います。

 

 

                              2008年8月 米国オレゴン州世界曲技飛行選手権

                              写真: REDFOX Airshows

 

 

内海昌浩

1971年生まれ。幼少期、近所の元零戦パイロットとの交流から零戦パイロットへの憧れを抱く。医師としての勤務と休暇を両立させ、アメリカで操縦訓練を受け、曲技飛行世界選手権に出場する。帰国後、Whisky Papa Competition Aerobatic Team(ウイスキーパパ)を結成。

 

Whisky Papa Competition Aerobatic Team ホームページ

https://ja14wp.wixsite.com/home

 

 

                              2004年9月 米国カリフォルニア州デラノ曲技飛行競技会

                              写真: REDFOX Airshows

 

 

私が内海さんと初めてお会いしたのは2004年9月、カリフォルニア州デラノで行われた曲技飛行競技会に参加したときでした。まだ競技飛行も始めたばかりで、彼も私も、初級のスポーツマンカテゴリーを一生懸命に飛行していました。

 

上級カテゴリーの参加者の目の覚めるような飛行を、憧れの目で見ていた我々も、いつしかアンリミテッドレベルの競技者になり、またエアショーパフォーマーと活動するようになりました。これからも友人として、よきライバルとして、よろしくお願いします。

高木雄一