八尋さん、Extra 300で訓練飛行へ。

写真提供: 八尋勇人様

 

 

八尋勇人様からのメッセージ

 

飛行機といってもいろいろな目的があり、旅客機であれば旅客の輸送、軍用機であれば戦うことが主たる目的になります。では曲技飛行は?と問われると多少考えると思いますが、私は観る方々に夢を与えるのが曲技飛行の目的だと考えています。飛行機の性能を限界まで使って宙を舞い、魅了されない方はいないと思います。

 

私はこれまでいろいろな方に教えを請い、平成28年から高木さんに教えてもらっていますが、高木さんとフライトして感じたことは、理論に裏付けされた極めて高い飛行技量と安全に対する信念です。これに米国からの輸送を計画されている改造ピッツが合わされば、今まで日本では誰も見たことがないエアショーが完成することでしょう!そして、このエアショーを見た若い人がパイロットになることに夢を抱き、目指すキッカケになると思います。また、多くの方に航空機に対して興味を抱いていただけることは間違いありません。日本ではいろいろな面で制約が多い中、皆様のご協力を得て、高木さんのエアショーが成功することを切に願っています。

 

 

 

最高の飛行でした!

写真提供: 八尋勇人

 

 

八尋勇人

1976年生まれ。日本における飛行機の教官資格と日米の事業用操縦士を保有しているが、本業はヘリコプターの操縦士で、休暇を利用して米国で曲技飛行を訓練中。

 

 

 

乾杯! 訓練の後の食事は最高です。

写真: REDFOX Airshows

 

 

八尋さんは学生のころにロック岩崎氏のエアショーパフォーマンスを見て、曲技飛行に大きな夢を抱いたそうです。その後、お仕事の合間に海外で曲技飛行訓練を行い、研究を続け、教官としても活躍されています。八尋さんのように、エアショーパフォーマーの活躍を見て、空に憧れ、夢を現実にした方はたくさんいらっしゃいます。室屋氏や内海氏に続き、多くのエアショーパフォーマーが日本の空で活躍して、人々に夢を与えて欲しいと思います。

高木雄一

 

 

 

八尋さんのご友人からのプレゼントです。ただそこに空がある・・・

ありがとうございました!

写真: REDFOX Airshows

 

 

 

 

写真: REDFOX Airshows