7月下旬。試験飛行と練習飛行を終え、飛行機を日本へ輸送する準備も整いました。

 

 

 

 

 

・・・と、その前にもう一つ。24か月に1度求められている、ATC トランスポンダーの検査も行います。霧が晴れたら、積み込みを行う南カリフォルニアのレッドランズ空港へ出発です。

 

 

 

 

 

途中は山火事でひどい煙でした。あの山を越えたらレッドランズです。

 

 

 

 

 

レッドランズ空港で「WESTWIND FLYING CLUB」を経営する、西村さんご夫妻のお世話になります。格納庫に到着し、一休み。

 

西村さんはRed Bull Air RaceでTeam Yoshi Muroyaのメカニックを長年されていました。現在はChristian Bolton氏のメカニックをしていますから、ご存知の方も多いことでしょう。

 

 

WESTWIND FLYING CLUB   http://westwindflyingclub.com/

 

 

 

 

 

先週この辺りでは最高気温49℃を記録しました。今日も最高気温は40℃+、乾燥していますが、焼けるように暑いです。

 

 

 

 

 

燃料とエンジンオイルを抜いて、機体の分解を始めます。

 

 

 

 

 

下側の左主翼が外れました。

 

 

 

 

 

上側の主翼は重量もあり、人手が必要です。同空港の飛行学校のスタッフと訓練生の方々にお力をいただきました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

今夜は西村さん宅でお食事になります。

 

 

 

 

 

コンテナが届きました。長さ40ft(12m)、大きいです。

 

 

 

 

 

各部品をコンテナ内に積み込み、固定していきます。

 

 

 

 

 

飛行機の輸送の経験豊富な西村さんも、Pittsは初めてだそうです。いろいろと考えて、このような形に落ち着きました。

 

 

 

 

 

最終確認する西村さん。大丈夫そうですね。

 

 

 

 

 

コンテナを封印します。Pitts S-2S、日本で会いましょう。

 

 

 

 

 

Los Angelesの港を出発し、釜山港、金沢港を経由して、能登空港到着は9月10日です。どうぞ安全運転で!

 

 

 

 

 

怒涛のような10か月でした。今日は夕日がとてもきれいです。

 

 

もうすぐ日本です。皆さまとお会いすることを楽しみにしております。