プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

埼玉県和光市初の「地域密着型音楽フェス」を創るために
力を貸してください!

 

はじめまして。埼玉県和光市密着ブラジリアンパーカッション軍団RISOリーダーの冨岡俊宏と申します。地元をさらに元気にしたいと、2011年に『RISO』を結成しました。今年2016年11月、観客や出演アーティスト、スタッフ、このREADYFORで支援した人、みんなで創りあげるイベント、世代も人種も関係なく、音楽やリズムの力を使った地域密着型音楽フェス『RISO festival』を開催します!

 

冬期屋内開催だけど、みなさんが五感で夏を思い出し、音楽を楽しむだけではなく、食事やワークショップも楽しめるような非日常を味わえる空間をデザインし、全て手作りで創りあげています。

 

そんなRISO festivalを成功させるために、皆さんのご支援が必要です。RISOが地域を盛り上げようとする姿に共感し、応援したいと思っていただけた方は、当日会場に足を運んでいただくだけではなく、是非このREADYFORで私たちにご支援をお願い致します。皆様のご支援はRISO festivalの空間演出のために使わせていただきます。

 

RISOメンバーで練り上げている会場デザイン(全部自分たちでやります!)

 

RISO festival とは?

 

『RISO festival』は2016年11月27日(日)の14:00から埼玉県和光市サンアゼリア小ホールで第1回を開催予定!これから毎年開催していきます!


出演アーティストが創り出す素晴らしい音楽&アートやフェス飯で元気を充電してもらいたい!!そして、「地元を元気に!!地元から元気を発信!!!」という強く純粋な想いでスタートします!

 


出演予定のミュージシャンは、観客を楽しませながら自分たちも最高に楽しむパフォーマンスにこだわる5組のアーティストをオーガナイズ!LIVE中のノリでコール&レスポンスや振り付けが一緒にできちゃいます!予習してくる必要もなし、仲間外れなし!みんなで一緒に楽しんじゃいましょ〜♪

 

実際の出演アーティストが変更になる可能性もあります。

 

当日のお楽しみの一つであるフェス飯は、地元和光市周辺で盛業中の飲食店や関わりのある団体が出店しており、ご飯やお酒、ジュースを片手に楽しめるものになっております!


次回和光市近隣に遊びに来た際には、是非出店したお店に足を運んでみてください。そういう輪を作ることもRISO festivalのやりたいことの一つです。
 

RISO festivalオリジナルメニューを仕込み中!

 

さらに、小さなお子さんのいるご家族連れでも楽しんでいただけるように”くつろぎスペース”や”ワークショップブース”をご用意します。人工芝や布を敷いて、屋内なのに屋外のような雰囲気を作り、寝っ転がったり、大きな丸太の椅子に腰かけて休んだりできるような空間演出も行います。

 

PM Juggling代表の板津大吾氏が、ワークショップブースをオーガナイズ!

 

 

RISOの自己紹介と、私がRISO festivalを開催する理由
〜地元の方も「楽しむ」地域が誇る地域密着型の音楽フェスへ〜

 

埼玉県和光市に生まれ、大学卒業後広告制作会社に就職後、実家の家業を継ぐ為にベッドタウンである和光市へ戻りました。そこで、地元にさらなる活気を生むために人生を捧げようと覚悟。世界の祭りやイベントを体感しに2010年バックパッカーとして世界一周の旅をして出会ったのが”SambaReggae(サンバヘギ)”というリズムです!旅とは、行く場所は関係なく「出会う」ことなのだ!と気づかされ、2つの夢を持って地元を中心に「旅」をしようと決めたのです!

その2つの夢こそが『RISO』の結成・活動と『RISO festival』の開催です!!

 

RISO(リゾ)は、『地元を元気に!』そして『「地元から」元気を発信させていく』ために結成したSambaReggae(サンバヘギ)チームです。
RISOは、ポルトガル語で「笑い声」という意味を持ちます。
チーム理念は、

①地元である和光市を盛り上げる

②人と出会い、繋がり、人生のサイドストーリーを笑顔あるものにする

③誰でも何かを成し遂げられることを背中で、若い世代に伝えていく


地元和光のお祭りで生まれ、育てられたRISOは、今は市外や大きなフェスなどにも活動の場を広げ、多くの「出会い」と「笑い声」にあふれています!

 

世界一周中のお気に入りの一枚

 

日本とブラジルの融合 国の違いは関係ない!
RISOの「笑い声」で出会う人をHAPPYに!

 

そして、これらの理念を持つRISOを中心に、今まで出会ったかけがえのない人達、いつも応援してくれている人達、地元にいる人達、地元で生まれた人達、当日観に来てくれる人達みんなの手で“イベント”と“絆”を創りあげていく地域密着型音楽フェス『RISO festival』を創りたいのです。


多くの人に愛され「またRISO festivalの季節がやってきたか〜」と自然と口にされるような、年に1回の和光市名物イベントとして将来へ繋げられるよう、地域に根付かせていきたいのです!

 

大人も子供も一緒になって楽しめるのがRISOのスタンス
RISOはブラジル音楽ではなく、”誰でもつい踊りたくなる音楽”を演奏しています

 

『RISO』は自分が両手で抱えきれるだけの人達を笑顔にするための挑戦

 

RISOには音楽経験者がほとんどいません。それぞれの人生がある中で、週に一回の全体練習と自主練習を積み重ねて自分たちの音楽を創りあげています。今では、年間20件前後のイベント出演依頼が来るまでになりました。どんな人でも「頑張り」と「度胸」「プロデュースの仕方」で見る側から出演する側になって夢をみることができる!


年を重ねても共に夢を共有しあった仲間と笑いあえるコミュニティーをつくれる!と実感できました。

 

大切な時間を使って一緒にRISOを楽しんでくれる仲間たち

 

『RISO festival』は自分の目に映る人達を笑顔にするための挑戦

 

RISO同様、フェス運営経験者はいませんが、自分たちの創意工夫でみんなに楽しんでもらうイベントを作れると自負しています。そのための努力は怠りません。


子供の頃オヤジ達が楽しそうにお祭りの準備をしては、うまそうにビールを飲み、語り合っていた。そんな姿をふと大人になった時に思い出し、地元で活動することに誇りを感じました。自分もそんな仲間をつくりたい。


RISOよりも一回り大きな活動になる今回は、より多くの人達と一緒に創り上げ、これからの和光市を担っていく子供達に大の大人が一生懸命バカやって頑張る!それが楽しい、そして感動を生む!そんな背中を見せてやりたい。


そうやって想いが紡がれていき次の世代につながっていったらいいなぁ!と思って、地域密着型音楽フェスを開催する覚悟を決めました。

 

いままでも自分たちで手作りしてきた。だから、今回も自分たちの力で準備します!

 

なぜ、入場料を取らずに、READYFORの活用をするのか?


私はボランティアに近いRISOという活動の中で、たくさんの仲間と出会い、素晴らしい経験をたくさんさせてもらった1人の人間として、地域のイベントやフェス、音楽、ライブの素晴らしさ、楽しさを 1人でも多くの方に知ってもらいたい、触れてもらいたいという強い想いからRISO festivalを入場無料」にこだわって開催したいのです。

入場無料だからこそ老若男女、近隣遠方問わずさまざまな方々にご来場いただけるチャンスが増え、沢山の笑顔が溢れる場が作れると信じているのです。

 

私が世界一周の旅をしていた際に参加した、ブラジル・サルバドールのカーニバルも入場料やチケットは存在しませんでした。そこで見た「国」も「世代」も違う人同士が活気溢れて楽しんでいる光景を、年に1度の『RISO festival』を通じて和光市でも実現したい!温かな交流の場や出会いの場が生まれるイベントを創りたいです。

 

今回、有志による協賛金やグッズ販売、飲料販売などで収入予算を組んでいますが、会場利用料や演出費用、RISOの理念である“手作り”でおこなう会場装飾制作費などの一部、22万円を皆様からのご支援という形で集めさせていただき、皆様のご支援を、RISO festivalの空間演出のために使わせていただきたいと考えています。


そんな『RISO festival』開催&今後の継続のために、皆さんのご支援が必要です!力を貸してください!!

 

なぜクラウドファンディングを使うのか


クラウドファンディングを活用する大切な理由が2つあります。
キーワードは「次世代へ繋ぐ」「地元愛」

<次世代へ繋ぐ>

昔からある地域でのイベントやお祭り開催資金調達方法として、主に地元の方の協賛金や花掛け(お祝い金)があります


しかし、昨今のわが街はベッドタウン化しており、地域に根付いた人達よりも引っ越してくる人達や和光市から出ていく人達が多くなってきました。昔のような関係性が保たれにくくなってきており、大人になって地元に帰って来た若者たちにどんな素敵なアイデアがあったとしても花掛け頼みでは実現が難しくなるでしょう。


私の世代から、クラウドファンディングのような新しい資金調達方法も活用していき、これから生まれてくるであろう若者たちによる、新しいお祭りやイベント運営の可能性を拡げ、次世代へと繋いでいきたいと考えました。


<地元愛>

和光に生まれてきたけれど、仕事や結婚などの理由で和光を出ていってしまった人達の中には、自分が地元のために何かをしたいんだけれども、いろんな制約があって行動に移すことができないという人たちも多くいらっしゃるでしょう。


その想いを受け止める受け皿に、今回のようなクラウドファンディング活用がなると考えています。地元愛があり、少しでも行動に移したいと想っている人たちの分まで背負い、このイベントを盛り上げていくと誓います。

 

私の想いを!RISOを!応援してくださっている皆さん、是非ご支援ください。

 

 

笑顔を振りまけ、人々の笑い声を!RISOの使命です。!

 

さいごに。。。


何故リスクを負ってまで入場無料にこだわって開催するのか?

 

それは、

『RISO festival』が僕の、そしてみんなの人生の中でたくさんの人達と出会い、小さな笑顔が生まれるキッカケをくれる大切な存在になると信じているからです。

 

何を馬鹿なことを言っているんだと思うかもしれないけれど、
僕がサルバドールで味わったような、人生が変わるようなキッカケがあるかもしれない奇跡の1日を、今年からみんなと力を合わせて創ることができれば幸せです。

 

RISO festivalをどうか開催&継続させる力をください。

 

目標額に達した場合、ご支援金額に応じて、以下に記載したリターンをご支援いただいた方たちにお届けすることができます。目標額に1円でも足りないと、皆さんからの想いがすべて0になってしまいます。(ご支援金が活用されず、皆さんへ返却されます)

 

是非、ご支援と同時に想いの伝播(声をかける、シェアをするなど)もしていただけると幸いです。


長文、最後まで読んでいただきありがとうございました。
 

 

◇◆◇RISOFES概要◇◆◇

開催日:2016年11月27日(日)

開催時間:14:00〜19:30

開催場所:和光市サンアゼリア小ホール

参加費:みんな大好き入場無料!

 

最高に凝った手作りイベント会場で5組のアーティストによる楽しい音楽LIVEと

4つの店舗による飲食コーナーをご用意♪大人も子供もおじいちゃん、おばあちゃんまで、みんなで楽しめるフェスです!

 

 

◇◆◇出演予定アーティスト紹介◇◆◇

▶RISO

"和光市を盛り上げるため"にリーダーのトミーを中心に結成。ブラジルで生まれた"サンバヘギ"(サンバ+レゲエ)という音楽をベースに活動するパーカッション軍団。派手なパフォーマンスとパレード(練り歩き)を得意としお客さんと一体となって盛り上がるのが大好き♪

HP:http://risofeliz.jimdo.com/

Facebookページ:

 

 

▶Banda GIRASSOL

2005年1月、浅草サンバカーニバルに出場する関東の有名サンバチーム等で活躍するメンバーを中心に結成。アフロ・ブラジル文化の故郷、バイーア州サルバドールのリズム"Samba Reggae(サンバヘギ)"を演奏する、女性だけのパーカッションバンド。Girassol(ひまわり)のような明るい笑顔と、迫力のパーカッションにしなやかなダンスをMixしたパフォーマンスで観ている人を魅了する!

HP:http://www.banda-girassol.com/

facebookページ:

 

 

▶coloridas

2010年結成。
お茶の間と世界をつなぐラテンバンド。赤ちゃんは笑い出し、おばあちゃんは踊りだす、南米系みんなのうた。商店街のお祭りからクラブイベントまで場所や観客を選ばないライブを中心に、子ども向けワークショップやCM音楽の制作など、幅広く活動中。

HP:http://clrds.blogspot.jp/

facebookページ:

 

 

▶G.R.B.P. mocidade vagabunda

リオ流儀のクラブシーンを日本に持ち込むべく始動したブロコ。チームカラーは青(青春)と黒(グダグダな夜)、シンボルは頭文字のMとVをあしらった熱いハート。協力な打楽器隊を中心とし、ホーンやコーラスも加えたサンバ×ロック×ファンクの現在進行形ストリート・カーニヴァルを繰り広げる横浜の新世代サンバ集団

HP:http://mocidade.jp/

 

 

▶johann
2008年、佐藤竜市と高橋勝浩の手によりスタートした“わびさび”を感じさせるツインドラム・インストロックバンド・johann。日本語が持つ情緒や祭り囃子など、“和”の要素を随所に採り入れたプリミティブなロックは、極上の美的センスとライブハウスでオーディエンスをひとつにする強いエネルギーを帯びている。四畳半のアパートから世界に鳴らす純日本製インストロック!

HP:http://johannblog.tumblr.com/

facebookページ:

 

 


最新の新着情報