READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

シリアの子ども達の未来をツナグゲストハウスを開業します!

シリアの子ども達の未来をツナグゲストハウスを開業します!

支援総額

672,000

目標金額 600,000円

支援者
93人
募集終了日
2020年4月30日
93人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

 

私のプロジェクトを応援してくださっている方々の

Message relayはこちらから

 

こちらの動画では想いを語らせていただいています。ぜひ御覧ください。

 

 

シリアの子ども達がトルコで新しい暮らしを営んでいけるよう

ゲストハウスを立ち上げたい!

 

ページをご覧になっていただきありがとうございます。埼玉県入間市出身28歳の菊地泰基と申します。

私は現在トルコの西海岸沿いに位置するイズミル県という街にある、シリア難民支援団体「ReVi」にて活動を行っております。

 

 

シリア難民とは、2011年に勃発したシリア紛争によって自国から隣国に避難を余儀なくされた子ども達や大人達です。世界からは「難民」という言葉で括られますが、彼らは我々よりも遥かに必死に生きてきています。あくまで難民になることを余儀なくされた人達であるという思いのもと、私は「難民」という言葉ではなく、「子ども達」や「彼ら」という表現にしますのでご理解ください。

 

ReViでは主に、学校に行けない子ども達を対象に、マンションの一角を借りて教室を開き、アラビア語や英語を教えたり、ハンドクラフトやチェスをしたり、学校と変わりない教育活動を行っております。

 

 

スタッフは全員、シリア人で年齢は自分と変わらない20代がほとんどです。運営は彼らだけで行っています。また各国からもボランティアを募って子ども達の教育支援を行っています。活動資金や勉強道具はほぼ募金や寄付で集まった物で運営しています。

 

内戦から逃れて来た彼らは、トルコで新たに住む場所を探し、避難した場所で生活をしなければなりません。トルコでの暮らしは彼らにとって言語も生活様式も違い困難ばかりです。そんな状況でも、なんとかして子ども達に勉強をさせてあげたいとシリア人のスタッフが立ち上げたのが「ReVi」です。

 

2017年に、私はReviの活動を知り「勉強する子ども達に学習道具を届けたい!」というプロジェクトを行い、無事に子ども達の元へ勉強道具が届けることができ、子ども達も大喜びでした。

皆様の想いやご支援があったからこそ達成することができました。本当にありがとうございました。

 

今日までの子ども達の学びがあるのも皆さまのご支援のおかげです。

 

 

そして前回のプロジェクトから3年経った今。トルコ政府の支援により、子ども達は学校に行けるようになりました。現在トルコ国内では国際NGOの活動が制限されているのですが、トルコ国内在住のシリア人の子どもが学校に行く場合、申請をすると国から教育費として助成金を受け取ることができるようになりました。少しずつですが、子ども達にとって明るい兆しが見えている気がします。

 

子供達の学校に行く準備をしている様子

 

しかし、その助成金によって継続的にトルコ国内在住のシリア人の子ども達が教育を受けることを、まだまだ約束されているわけではありません。

 

以前、スタッフや子ども達に聞いた質問の中で「自分の国に戻りたい?」と聞いたことがあります。答えはほぼNOでした。やはり彼らにとって、紛争とは怖い記憶であり、母国とはいえ怖い場所になっているのかもしれません。それは同時に、ここトルコに住むことを決めたかのように思えたのです。

 

そこで今回、トルコでの定住を決意しつつある子ども達に継続的に教育の場を提供するために、「シリアの子ども達の未来をツナグ」ゲストハウスをオープンさせます。そのゲストハウスの収益の一部をReviに寄付する形で彼らの活動を応援し続けていきます。

 

戦禍をくぐり抜け、なんとか生き抜いて来た彼らに明るい未来をつくっていきます。

ぜひシリアの子ども達の未来のために、ゲストハウス開業の応援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

会社としてRaviの活動を支え、シリアの子ども達を身近に感じてもらえるゲストハウスを目指します

 

紛争から約9年。ようやく安定した暮らしを得ることができ、学校にも行けるようになった子ども達。これからがトルコでの新しい生活の始まり、そして子ども達にとって大切な人生の時間になります。

 

私は前回のプロジェクトの時から、どうしたら子ども達にとって明るい未来を築くことができるかと考え続けてきました。

 

前回の支援者様からも

「子ども達にとって継続できる支援を考えてほしい」

「1度ではなくこのプロジェクトを通じて継続できる支援を考えてほしい」と多くのお声を頂きました。

 

継続できる支援とは何か。子ども達にとって明るい未来とはなにか。

 

 

このことについて考え続け、そして今回、

「シリアの子ども達の未来をツナグ」ゲストハウスを開業させるプロジェクト

を立ち上げることを決意いたしました。

 

このプロジェクトの目的は二つです。

 

一つ目は、会社として彼らを支えていくということ

ReViの活動を支えていくには、安定した活動資金が必要になります。トルコで会社として始めれば、得た利益をReViの活動費として使用することができます。冒頭でお話した通り、トルコでのNGO団体の活動は制限をされていますので、その反面、会社であれば間接的には支援することが可能になります。

 

ReViでの家賃やスタッフへの給料などを含めると最大日本円で5万円ほどかかります。初めはゲストハウスの運営や状況によっては支援が難しいと考えられますが、できれば月に3万円ほど支援ができればと考えております。

 

また我々のゲストハウスでは、クリーナースタッフを必要とします。そのスタッフを子ども達のお母さん達に今後お願いをしていく様な組織づくりをし、きちんと働いていただいた分、給料を支払うような仕組みにしていきます。

 

また、ゆくゆくはお母さん達が手作するぬいぐるみやブレスレット以外にも実用的な工芸品を作成し、

追記)会社として、販売をしていきます。

いずれそちらの売り上げも含めて、寄付として渡そうと考えています。

 

二つ目は、ゲストハウスを通じた「きっかけづくり」

もっとも大切なことは、この問題を皆さまに知っていただくことだと考えました。遠い国で起きている問題なので、どうしても身近な問題として捉えていただくことは難しいと考えました。そこで、このゲストハウスを通じ、シリアの子ども達のことを皆さまに知っていただける「きっかけづくり」をしようと考えました。

 

「今後の会社としての具体的な役割について」はこちら

 

 

 

見て、触れて、感じて、記憶に残る空間作り

 

「見て、触れて、感じて、記憶に残る空間」作り。このコンセプトに基づいて以下の三つを行います。

 

■ボランティアとして子ども達と触れ合う機会をつくる

ゲストハウスにお泊まり頂いた方はボランティア活動に参加することもできます(必須ではありません)。子ども達の授業に参加をしたり、子ども達と習字や折り紙をしたり、一緒に公園でピクニックをしたり。シリア人のお家に招いていただき、子ども達や家族と一緒に夕食を楽しむこともあるかもしれません。一番の目的は、皆さまの記憶に残ることです。実際に子ども達と触れ合うことで、皆さまの記憶に残るようなきっかけづくりを目指します。

 

■子ども達のお母さんが作成したハンドメイドのぬいぐるみ、ブレスレッドなどの販売

今後会社を通じて、お母さん達が手作りした、ぬいぐるみやブレスレットも販売します。どれもひとつひとつ丁寧に編んでおり、全て手作業で心のこもったとても可愛らしい作品ばかりです。現在、お母さん達がトルコで就労するのは非常に難しいのが現状です。そのため、少しでも収入を増やすためにこうしたハンドメイドを生活費として販売をしております。今後は、ネットショップでも販売し、お母さん達の支援にも貢献していきます。

 

■ゲストハウス内に子ども達の絵を飾る。

子ども達は絵を書くのがとても上手です。つらい経験をしているはずの彼らですが、前回ご支援くださった、色鉛筆などを使って明るい、素敵な絵を描きます。

 

 

 

 

 

皆さまからいただいたご支援はゲストハウスの立ち上げに活用します。現地情報の発信もしていきます!

 

今回皆さまからのご支援金で、トルコイズミル県コナク市でゲストハウスを2020年7月末までにはオ

ープンさせる予定です。今回のゲストハウスはAirbnb形式でオープンをしていきます。部屋数は3部屋で、その内の2部屋をプライベートルームとして活用し、もう1部屋はドミトリールームとして活用します。最大収容数は8名〜10名になります。

 

今回、Airbnb形式で始める理由として、3つあります。

  1. Airbnbのクリーニングスタッフをお母さん達に頼む事で、彼女達の収益に繋がること
  2. 大きな家を借りるより、マンションの一角を借りた方が運営資金が安くすむこと
  3. イズミル県コナク市のツーリストが家族や、カップルが多い事のでプライベートルームの方が需要があること

→こちらにゲストハウスの詳しい概要を記載しております

 

また、ゲストハウスでは、安全な場所、そうでない場所の情報発信や現地の実情を伝えるツールにもしたいと考えています。社内にはトルコ人ビジネスパートナーがいますので、彼と共にネットやニュースを見て状況を把握しながら、FacebookなどのSNSを通じて発信しようと考えています。今後、各街にネットワークを構築し、それぞれの地域の人とすぐにコンタクトを取れるように連携をしていきます。これらはゲストハウスをオープンさせてからの行動になると思いますが、時期的には時間を掛けながら、情報を把握をし発信をしようと考えています。

 

■資金用途

※トルコは現在物価も安いため、最低限の金額を希望させていただきます。

 現地のつながりで、一部を手作りしたり譲り受ける物もございます。

・内装費        ¥100,000

・家具類        ¥100,000

・家賃、敷金、礼金         ¥180,000

・その他諸経費                 ¥44,000

・手数料        ¥176,000

 

 

 

生涯をかけてシリアの子ども達の未来に尽くしたい。

 

難民問題の一番の課題は、

 

紛争によって傷ついた人々が忘れ去られてしまうことです。

 

シリアの人達も私達が日々の生活の中で、彼らのことを少しでも思い出すことがあったり、記憶に残っていたりすることはとてもうれしいと言っていました。今回立ち上げるゲストハウスを通じて、少しでも多くの人がシリアの人達を思い出すきっかけを作っていきたいと思っています。

 

ReViは、私にとっては第2の故郷のような場所です。一緒に子ども達と遊んだりする中で、この子ども達を守っていきたい、何かできることはないか、そう思わせてくれました。それは真剣に授業に取り組む姿や、子ども達の絶え間ない笑顔、何より辛い紛争から逃れてもなお、元気な姿でいる子ども達の存在があるからこそ、諦めずにここまでやってこれました。

 

今回、この決断に至ったのも子ども達の出逢いでした。

 

 

私は、今まで当たり前の様に家があり家族があって、友人がいて、やりたいこともでき、何不自由無く生きてきました。多くの方に支えられ、生活し、自由に生きられる環境がありました。

 

しかし、現在の世の中には不公平な環境が多く存在します。そこには私達のいう「当たり前」は存在しません。そのひとつがトルコで出逢ったシリアの子ども達です。

 

シリアの子ども達が経験したことは私たちの生活とは比べものにならないほど過酷な状況でした。ある日突然今までの暮らしが奪われ、当たり前の生活が一瞬でなくなり、さらに自国から無実の人々が避難を余儀なくされるまでになりました。なぜ、何も罪の無い人がこの様な状況になってしまったのかと思うと、本当に胸が傷みます。

 

しかし、今日まで彼らは生きています。これまで辛かった記憶や体験があったとしても、毎日元気に過ごしています。そんな彼らの姿を間近で見たことが私を突き動かしました。

 

 

彼らと出逢ったからこそ、今ままでの環境が恵まれていたことに気がつきました。これからは自分の受けた恩を、生涯を掛けてこの子ども達の未来へとバトンを託していきます。

 

そして、自分のこの活動が少しでも子ども達にとって可能性を広げることと信じています。

 

もし子ども達を想っていただき、このプロジェクトに賛同していただけましたら、ご支援の程、宜しくお願い致します。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 


*注意事項:リターンにある[お名前の掲載]に関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

菊地 泰基 ReViJapan

菊地 泰基 ReViJapan

シリア支援団体ReViJapanにて活動中。 年齢28歳。埼玉県入間市出身。趣味は筋トレ。 小学校1年〜大学4年生、17年間体育会サッカー部 出身 卒業後➡2014年4月、専門商社へ入社➡3年間後、2017年3月退社 退社後➡2017年4月アフリカ、セネガルへ渡航➡6月トルコへ渡航➡8月フィリピンへ英語留学➡11月トルコへ渡航➡2018年12月オーストラリアにてワーキングホリデー➡2019年1月帰国➡2019年5月、9月トルコにて活動➡現在 2017年、トルコイズミル県にてシリア難民団体「ReVi」と出逢う。学校に行けない子供達と出逢い、学習支援を始める。2019年、新たに日本にてReViJapanとして活動を始める。今年、新たな挑戦としてトルコにてゲストハウスを開業させる。

リターン

3,000

【Earth Day特別リターン】ブレスレット、キーホルダー×2|お母さん達の手づくりプロダクトで支援コース

【Earth Day特別リターン】ブレスレット、キーホルダー×2|お母さん達の手づくりプロダクトで支援コース

◉シリアの子ども達のお母さん達が手づくりで作成したブレスレッド・キーホルダーを送ります。
※購入後、個別メッセージにて商品の一覧をお送り致しますので、その中からブレスレッドを1つ、キーホルダーを2つお選びください!

支援者
11人
在庫数
17
発送予定
2020年7月

5,000

【Earth Day特別リターン】ブレスレット、キーホルダー×2、ぬいぐるみ|お母さん達の手づくりプロダクトで支援コース

【Earth Day特別リターン】ブレスレット、キーホルダー×2、ぬいぐるみ|お母さん達の手づくりプロダクトで支援コース

◉シリアの子ども達のお母さん達が手づくりで作成したブレスレッド・キーホルダー・ぬいぐるみを送ります。
※購入後、個別メッセージにて商品の一覧をお送り致しますので、その中からブレスレッドを1つ、キーホルダーを2つ、ぬいぐるみを1つお選びください!

支援者
4人
在庫数
16
発送予定
2020年7月

10,000

【お気持ちコース】10,000円で全力応援!

【お気持ちコース】10,000円で全力応援!

◉メッセージにて、感謝の気持ちをお伝えさせていただきます

◉ゲストハウス内の木のプレートにお名前を刻ませていただきます。※匿名可

※いただいたご支援金は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いて全て活動費にあてさせていただきます。(寄付控除の対象にはなりません)

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

10,000

ゲストハウスにお名前を刻みます!お礼の子ども達とのお写真付き

ゲストハウスにお名前を刻みます!お礼の子ども達とのお写真付き

◉感謝の気持ちを込めて、お手紙をお送りさせていただきます。

◉ゲストハウス内の木のプレートにお名前を刻ませていただきます。※匿名可

◉後日、お名前の入ったプレートとシリアの子ども達が写った写真をお送りします。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

5,000

【お気持ちコース】5,000円で応援!

【お気持ちコース】5,000円で応援!

◉メッセージにて、感謝の気持ちをお伝えさせていただきます

◉ゲストハウス内の木のプレートにお名前を刻ませていただきます。※匿名可

※いただいたご支援金は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いて全て活動費にあてさせていただきます。(寄付控除の対象にはなりません)

支援者
24人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

15,000

お母さん達の手づくりブレスレッド&ぬいぐるみで支援コース

お母さん達の手づくりブレスレッド&ぬいぐるみで支援コース

◉感謝の気持ちを込めて、お手紙をお送りさせていただきます。

◉シリアの子ども達のお母さん達が手づくりで作成したブレスレッドを送ります。
※送る際に一度デザインを見て頂いてから送らせて頂きます。

◉シリアの子ども達のお母さん達が手づくりで作成したぬいぐるみを送ります。
※送る際に一度デザインを見て頂いてから送らせて頂きます。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

30,000

<お気持ちコース>30,000円でもっと全力応援!

<お気持ちコース>30,000円でもっと全力応援!

◉メッセージにて、感謝の気持ちをお伝えさせていただきます

◉ゲストハウス内の木のプレートにお名前を刻ませていただきます。※匿名可

※いただいたご支援金は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いて全て活動費にあてさせていただきます。(寄付控除の対象にはなりません)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

50,000

フルセットで支援コース!

フルセットで支援コース!

◉感謝の気持ちを込めて、お手紙をお送りさせていただきます。

◉シリアの子ども達のお母さん達が手づくりで作成したブレスレッドを送ります。
※送る際に一度デザインを見て頂いてから送らせて頂きます。

◉シリアの子ども達のお母さん達が手づくりで作成したぬいぐるみを送ります。
※送る際に一度デザインを見て頂いてから送らせて頂きます。

◉ゲストハウス内の木のプレートにお名前を刻ませていただきます。※匿名可

◉後日、お名前の入ったプレートとシリアの子ども達が写った写真をお送りします。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

100,000

【お気持ちコース】100,000円で全身全霊応援!

【お気持ちコース】100,000円で全身全霊応援!

◉メッセージにて、感謝の気持ちをお伝えさせていただきます

◉ゲストハウス内の木のプレートにお名前を刻ませていただきます。※匿名可

※いただいたご支援金は、リターン費用がかからない分、サービス手数料を除いて全て活動費にあてさせていただきます。(寄付控除の対象にはなりません)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

3,000

ゲストハウス予約チケット<2泊3日>

ゲストハウス予約チケット<2泊3日>

◉宿泊の予約チケットになります!
・朝食付き
・2泊3日
・ボランティア参加(自由参加)
※恐れ入りますが交通手段の手配などはご自身でお願いいたします
※1泊2日も可能です
※4泊5日をご希望の方はこちらのリターンを2つご購入ください
※有効期限は発送させて頂いてから半年となります。

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

5,000

ゲストハウス予約チケット<3泊4日>

ゲストハウス予約チケット<3泊4日>

◉宿泊の予約チケットになります!
・朝食付き
・3泊4日
・ボランティア参加(自由参加)
※恐れ入りますが交通手段の手配などはご自身でお願いいたします
※6泊7日をご希望の方はこちらのリターンを2つご購入ください
※有効期限は発送させて頂いてから半年となります。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月

プロフィール

シリア支援団体ReViJapanにて活動中。 年齢28歳。埼玉県入間市出身。趣味は筋トレ。 小学校1年〜大学4年生、17年間体育会サッカー部 出身 卒業後➡2014年4月、専門商社へ入社➡3年間後、2017年3月退社 退社後➡2017年4月アフリカ、セネガルへ渡航➡6月トルコへ渡航➡8月フィリピンへ英語留学➡11月トルコへ渡航➡2018年12月オーストラリアにてワーキングホリデー➡2019年1月帰国➡2019年5月、9月トルコにて活動➡現在 2017年、トルコイズミル県にてシリア難民団体「ReVi」と出逢う。学校に行けない子供達と出逢い、学習支援を始める。2019年、新たに日本にてReViJapanとして活動を始める。今年、新たな挑戦としてトルコにてゲストハウスを開業させる。

あなたにおすすめのプロジェクト

ドローンゴルフ倶楽部 運営

樋口節美樋口節美

#子ども・教育

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
1日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする

プロジェクトの相談をする