READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

ウクライナ緊急人道支援(日本とポーランドで支援)

ウクライナ緊急人道支援(日本とポーランドで支援)
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

110,000

目標金額 500,000円

支援者
16人
募集終了日
2022年6月19日
募集は終了しました
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

プロジェクト本文

▼はじめに

ポーランドで勉強しているウクライナの少女達

 

 2月24日のロシアのウクライナに対する軍事侵攻により、現在までに400万人以上のウクライナ人が国外へ避難しています。ウクライナの隣国には多くの避難民が押し寄せ、避難生活も長引くことが予想され、避難所での支援物資は不足してきています。

 

 NFSSは日本に逃れて来た避難民はもちろんですが、報道でしか見ることのできない現地の避難民もサポートをしたいという思いから、ウクライナの隣国ポーランドで支援活動をしている「WONDER Foundation」に協力して避難民に対して緊急かつ長期的支援を行うことにしました。

 

 

▼プロジェクトの内容

ウクライナから到着した家族の支援

 

 NFSSでは複数の国の団体に対して情報収集を行い、ウクライナ避難民に直接支援する方法を模索してまいりました。多くの国が避難民を受け入れている中で特に以下のことを留意しました。

 

ウクライナの隣国・ポーランドは軍事侵攻で避難した人を250万人近く受け入れ、(後略)

<Yahoo!ニュースより>

https://news.yahoo.co.jp/articles/507512cf358ca3fa97fc4c758640a00d64f1b97c

 

18~60歳のウクライナ人男性は国外に出られず、難民の9割は女性と子供だ。

<読売新聞オンラインより>  

https://www.yomiuri.co.jp/world/20220320-OYT1T50220/

 

 そして、数ある団体の中から、ポーランドで女性と子供へ支援を行う「WONDER Foundation」の活動主旨に最も共感し、活動を支援することを決定しました。私たちNFSSが同じ非営利団体であり、活動主旨が一致するという旨を「WONDER Foundation」の担当者に伝え、4/2~4/12の期間にメールのやりとりを重ね、互いの団体の主旨や活動内容を確認し、信頼関係を構築しました。本プロジェクトはクラウドファンディングであるため、特に誤解のないように入念に確認をして頂き、快諾して頂きました。

 

 「WONDER Foundation」に本プロジェクトの草稿を確認頂き、以下のメッセージを頂いています。

 

I very much appreciate your generosity and look forward to staying in touch. 

(私はあなたの寛大さにとても感謝し、連絡を取り合うことを楽しみにしています)

 

 

 

 「WONDER Foundation」とは本社がロンドンにあり、教育を通じて女性、少女、地域社会に力を与える非営利団体です。https://wonderfoundation.org.uk/

 

 これまでポーランドで5年間ウクライナの人々を支援してきた実績があり、必要とされる支援を行っている信頼できるパートナーです。本プロジェクトの日本からの支援方法は、「WONDER Foundation」が活用しているGlobalGivingを利用し、NFSSが海外送金の手続きを行います。NFSSが一括して送金することで、個人での寄付より効率良くポーランドのウクライナ避難民への支援が可能となります。

 

 支援内容はポーランドへ避難するウクライナの人々への食糧、医薬品、衛生品、その他生活用品(特に子供が必要とするもの)の支援、安全な避難場所の提供、子供への教育の提供です。

※活動が、暴力やヘイトスピーチなど過激な手段でなく、人道支援を行うということを確認しています。

 

 また日本国内でもウクライナの避難民が日を追うごとに増えています。地域の支援団体の人材、資金、物質だけでは継続的な支援が困難となっています。

 

 そこで本プロジェクトにより日本国内(特に名古屋市周辺)へ避難してきたウクライナの人々に対して、NFSSがこれまでの経験を活かして衣食住などの生活支援、ベテラン講師による日本語教育を行います。NFSSと同じ意思を持った団体、豊富な知識を持った専門家、学生ボランティアも巻き込んで、以下の方針で対象者を決定し効率よく支援を行って行きます。

 支援対象:日本に逃れて来たウクライナ人 

 決定方法:日本に親族がいるか等の状況をヒアリングして決定

 

▼寄付金の使用用途

 この度のご寄付は、主に下記の用途に活用させていただきます。

 

ポーランドに逃れた避難民への支援

・安全な避難場所の提供

・生活必需品と食糧の提供

・子供への教育の提供

 

日本に逃れた避難民への支援

・住居の提供

・生活必需品と食糧の提供

・日本語教育の提供

 

例えば7000円の支援で一世帯の家族に一週間分の食糧と生活必需品を提供できます。

※ポーランドの現地支援は、「WONDER Foundation」により実施します。

※「WONDER Foundation」から寄贈受領および名称掲載の了承を得ております。

※ポーランドでの支援の画像は「WONDER Foundation」より許諾を得て掲載しています。

※国内での支援は、NFSSによる直接支援及び、日本ウクライナ文化協会を通して支援を行います。

※NFSSは人件費を一切頂きません。

※活動報告は随時本ページでご報告致します。

※寄附金税額控除の適用対象となりません。

※社会情勢に鑑み、支援期間の延長をする可能性があります。

 

▼NFSS(NPO法人名古屋外国人共生支援協会)とは

 

「困っている人を助けたい」

 NFSSはこの理念のもと、すべての国の人が住みやすい多文化共生社会を目指すために活動しているNPO法人です。

 

 

 これまで新型コロナウイルスで困窮する外国人支援などの外国人の社会福祉問題に向き合い、またその担い手となる地域社会の人材育成に取り組んできました。

 

 2020年には毎日新聞社共催のエクセレントNPO大賞「コロナ対応チャレンジ賞」にノミネート(全国で3団体が選出)されました。今年度こそは新型コロナウィルスで休止していた国際交流会を実施したいと計画していました。

 

 

 

 

 しかし、ロシア軍によるウクライナへの軍事侵攻が開始しました。軍事侵攻によりウクライナの人々の命が脅かされており、戦火を避けるため、多くの人々が隣国や、この日本にまで避難してきています。

 

 私たちは急遽限られた物資で、日本に逃れて来たウクライナ避難民のために食糧支援を行いました。また会員によるデモの参加や寄付による支援も行ってきました。ささやかな支援、ささやかな応援でしたが、とても感謝されたのが印象的でした。

 

日本に逃れて来たウクライナ人への支援物資

2022.04.06 NFSS記事より

 

 

地元組織の外国人共生支援協会は、ウクライナ人避難民の希望を考慮した支援物資を用意してくださいました。

2022.4.15 日本ウクライナ文化協会 Facebookより

 

 

 支援活動を通じてわかったことは、一団体での支援には限界があり、この国際的な非常時には団体の枠を超えた多くの力を必要だということでした。

 

 そこで本プロジェクトにより継続的に日本国内外のウクライナ避難民を支援することを決意いたしました。同じ意思を持ってウクライナ避難民を支援している人とともに、この危機に一丸となって支援をしていきます。皆さまからの温かいご支援をお待ちしています。

NFSS理事長 山﨑昌善

プロジェクト実行責任者:
山﨑昌善(名古屋外国人共生支援協会)
プロジェクト実施完了日:
2022年12月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

※本プロジェクトは「All or Nothing」方式となり、設定した目標金額を達成した場合のみ、プロジェクトが成立となります。 ※ポーランドの現地支援は、「WONDER Foundation」により以下の内容を実施します。 ・安全な避難場所の提供・生活必需品と食料の提供・子供への教育の提供 ※国内での支援は、NFSSによる衣食住の支援及び、人道支援を行っている団体に寄付をする予定です。 ※寄付の使用用途は状況の変化により変更の可能性があります。 ※寄附金税額控除の適用対象となりません。

プロフィール

NPO法人名古屋外国人共生支援協会

NPO法人名古屋外国人共生支援協会

「困っている人を助けたい」 NFSSはこの理念のもと、すべての国の人が住みやすい多文化共生社会を目指すために、あらゆる社会問題に取り組んでいます。昨今はコロナ禍で困窮している外国の方々の支援活動、避難民の支援活動に鋭意取り組んでおります。

リターン

1,000+システム利用料


alt

1,000円

●感謝のメール
●領収証(希望者のみ)※寄附金税額控除の適用対象となりません

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

3,000+システム利用料


alt

3,000円

●感謝のメール
●領収証(希望者のみ)※寄附金税額控除の適用対象となりません。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

5,000+システム利用料


alt

5,000円

●感謝のメール
●領収証(希望者のみ)※寄附金税額控除の適用対象となりません

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

10,000+システム利用料


alt

10,000円

●感謝のメール
●領収証(希望者のみ)※寄附金税額控除の適用対象となりません

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

30,000+システム利用料


alt

30,000円

●感謝のメール
●領収証(希望者のみ)※寄附金税額控除の適用対象となりません

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

50,000+システム利用料


alt

50,000円

●感謝のメール
●領収証(希望者のみ)※寄附金税額控除の適用対象となりません

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

100,000+システム利用料


alt

100,000円

●感謝のメール
●領収証(希望者のみ)※寄附金税額控除の適用対象となりません

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

300,000+システム利用料


alt

300,000円

●感謝のメール
●領収証(希望者のみ)※寄附金税額控除の適用対象となりません

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

500,000+システム利用料


alt

500,000円

●感謝のメール
●領収証(希望者のみ)※寄附金税額控除の適用対象となりません

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

1,000,000+システム利用料


alt

1,000,000円

●感謝のメール
●領収証(希望者のみ)※寄附金税額控除の適用対象となりません

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年7月

プロフィール

「困っている人を助けたい」 NFSSはこの理念のもと、すべての国の人が住みやすい多文化共生社会を目指すために、あらゆる社会問題に取り組んでいます。昨今はコロナ禍で困窮している外国の方々の支援活動、避難民の支援活動に鋭意取り組んでおります。

あなたにおすすめのプロジェクト

使用済み使い捨てカイロをリサイクルして、世界の水をきれいにしたい! のトップ画像

使用済み使い捨てカイロをリサイクルして、世界の水をきれいにしたい!

山下崇 Gogreengroup代表山下崇 Gogreengroup代表

#環境保護

継続寄付
総計
20人
労働も許されず、苦難を強いられている、日本に来た難民を救いたい のトップ画像

労働も許されず、苦難を強いられている、日本に来た難民を救いたい

遠藤眞彌遠藤眞彌

#国際協力

21%
現在
212,000円
支援者
27人
残り
15日

注目のプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中
摂食嚥下障害の在宅診療を支える、情報連携の仕組みづくりを新潟から! のトップ画像

摂食嚥下障害の在宅診療を支える、情報連携の仕組みづくりを新潟から!

井上 誠(新潟大学大学院医歯学総合研究科)井上 誠(新潟大学大学院医歯学総合研究科)

#医療・福祉

154%
現在
13,125,000円
寄付者
390人
残り
4日

新着のプロジェクト

プロジェクトの実施相談をする
プロジェクトの相談をする