プロジェクト概要

第一回世界学生スキーオリエンテーリング大会に選手たちを出場させたい

 

はじめまして、日本オリエンテーリング協会の柴田と申します。スキーオリエンテーリングを応援して早20年、遂に世界学生大会が開催される事になりました。

スキーオリエンテーリングは日本ではまだマイナーな競技ですが、ヨーロッパやロシアでは盛んに行われている人気競技で、2022年の冬季オリンピックでの競技採用を目指しています。(2020年の東京オリンピックでも、夏季に行うオリエンテーリングが競技立候補を行いました。)
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=oUqaQicP8PU

 

今回ファンディングを行う世界学生スキーオリエンテーリング大会(ロシアのTulaという都市で開催されます)は、学生向けに開催される第一回の開催であり、日本だけではなく世界中の学生が集まる機会です。しかし、第一回ということもあり、国内における学生の支援体制はととのっておらず、渡航にかかる費用や、大会参加費、現地宿泊費などが全て自費となっています。そのため、せっかく実力があっても、費用面から諦めざるを得ない選手がいるのが実態です。

 

現在渡航費、大会参加費等が不足しています、選手たちを大会に参加させるためにも皆様のお力をお貸しいただけないでしょうか!

 

 
 

スキーオリエンテーリングは知力×体力×スキー技術を必要とする雪上スポーツ

 

スキーオリエンテーリングは、雪山の中を地図とコンパスのみを利用しながら指定された区間を最短の時間で踏破したものが勝者、というスポーツで、クロスカントリースキーで数十キロ滑る「体力」に加え、地図を読みどのように進むか考え、意思決定していく「知力」が必要なスポーツです。

 

 

 

これから世界で勝っていくためにも、今の学生に世界で戦う経験をしてほしい

 

スキーオリエンテーリングの大会に参加することに、何の意味があるのか、そのような疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。実は私自身が、学生の時にスキーオリエンテーリングに出会っていますが、その際の「世界と戦った」経験がその後の人生に大きな影響を与えています。

 

世界を相手に戦うということは、本当に厳しい世界です。日本ではそれなりの成績で満足していたとしても、世界戦では、本当に最後尾になり、全く勝負になりません。身の丈を知り、そして、勝つために本当の努力をする人間になる。そんなきっかけになってもらいたいと思っています。

 

 

 

世界の人とコミュニケーションをとることで、日本人としてのアイデンティティを持つ機会に

 

日本人として世界の人とコミュニケーションをとることに大きな意義があると考えています。自分自身が日本代表として世界の場に出向けば、自然に日本人としての知識、そして、振る舞いを求められます。たとえこれまで日本人としてのアイデンティティを持っていなくても、海外選手としての交流を通じて日本人であることが強烈に植え付けられる機会となるでしょう。

 

学生達にこのような機会にぜひチャレンジしてもらいたい。そう思って今回の企画を立ち上げています。なお、今回、私自身は学生スキーオリエンテーリングチームの監督として同行しようと考えています。昨年より、派遣対象となる学生の勧誘、トレーニング機会の提供を行ってきており、現状で学生たちのモチベーションはかなり高まっています。しかし慣れないロシアの地、交通や宿泊、設備や食事等、様々なトラブルも予想されるでしょう。(実際、日本の正代表チームがロシアでは何度も色々な体験を・・・)監督としてだけではなく、サポーターとして、選手たちが競技に専念できるよう様々なコーディネートをしたいと考えています。

 

 

スキーオリエンテーリングの選手たちは、自分自身が厳格なアスリートであると同時に、皆様に対して元気を与えるパフォーマーです。

皆様のご支援よろしくお願いいたします。

 

【引換券について】

・現地からポストカードを送付します。

 

・大会の地図を1枚差し上げます。

 

・支援者としてWebサイトにお名前を掲載いたします。(希望者のみ)

・イベント報告書を送付いたします。

・現地でおみやげを購入し、送付します。


・次年度における参加者が関係するオリエンテーリングイベントに無料
招待いたします。


最新の新着情報