27日間の捜索救助活動を終えて、アクエリアス号は昨日

マルセイユ港へ帰港しました。

この間にあったレスキューは3つ。

今年に入って、レスキュー件数は大幅に減っています。

だからといって、「0」ではありません。

アクエリアスがいなければ、

ボートは漂流のうち沈没していた可能性だってあるのです。

 

私が船で仕事をしている時には、船での生活は

長くても1週間が最長でした。

もっと頻繁にレスキューがあったので、

すぐに数百人の難民で船がいっぱいになり、

その都度、イタリアに送り届ける必要があったからです。

 

船の上の生活ってどんな感じ?

こちらのブログをご覧ください。

 

新着情報一覧へ