プロジェクト概要

 

本州縦断1521kmを完走して、挑戦の素晴らしさと達成の感動を伝えたい!

 

はじめまして。福井俊治と申します。普段は走ることが趣味の普通の会社員です。人生のテーマは「有言実行」で、その言葉の通り「過去の自分超え」をするという想いを常に持ち続けています。私は中学、高校と陸上競技部に所属し、中・長距離を専門とするも結果は鳴かず飛ばずでした。しかし、遅いながらも走ることはとにかく大好きで、会社員になってからも、日常的にランニングをしたり、レースに参加したりする毎日でした。

 

41歳のフルマラソンでサブ4を達成して以来競技志向が上昇し、今ではウルトラマラソンやトライアスロン・アイアンマンを完走し、次の目標であるウルトラトレイル完走を目指して楽しみながらトレーニングに励んでいます。その日々の奮闘の様子は、ブログ『40代からの自己ベスト連発アスリート暮らし』にも残しています。

 

「本州縦断フットレース」を完走し、挑戦することの素晴らしさと、それを見た人たちに勇気と感動を与えたいと思いプロジェクトを立ち上げました。今回、大会参加に掛かる費用として37万円が必要です。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

過去12名しか完走者がいない「本州縦断フットレース」で、過去最短記録を出したい!

 

「本州縦断フットレース」は、青森県青森駅をスタートし、山口県下関駅までの1521kmに及ぶ行程を制限時間720時間(30日間)で走破することがルールの過酷なレースです。1521kmを30日間で走るには、単純計算で1日50kmは走らなければいけません。30日間毎日です。そのため、2008年から行われているこのレースの完走者は過去12名しかいないほどです。

 

そんな想像を絶するような過酷なレースに、普通の会社員である私は昨年参加しました。ところが、物事はそんなに上手くはいきません。わずか3日目の約230km地点で、疲労骨折のため無念のリタイヤという結果に終わりました。

 

しかし、やっぱり縦断を達成したい!あきらめずに再び参戦したい!という想いが湧いてきて、今回再び挑戦することを決断しました。さらに、昨年樹立された過去最短記録の498時間11分を上回る記録、456時間(19日間)以内で完走する目標を掲げ、みなさんに感動と”挑むことに価値がある!”というチャレンジ精神を伝えたいと思いプロジェクトを立ち上げました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

普通の会社員の飽くなき挑戦!
青森~下関間、1521kmの夢のランニングストーリー!

 

すでに日は落ちていた。どう見ても疲労困憊の様子ながら、彼は確実に足を運んでいる。今日は彼が設定した「本州縦断フットレース」のフィニッシュの日だ。青森駅から始まった1521kmの旅が、もうすぐ下関駅で終わろうとしていた…

 

しゅんじは普通の会社員。多忙な毎日を送りつつ、週末にはマラソンやトレイルレース、トライアスロンといった非日常的なレースに出場するのが趣味だ。これまで100kmウルトラマラソンやトライアスロン・アイアンマンの完走経験があり、今年は100マイルのトレイルレースを目指しているという。

 

何が彼を走らせるのか?完走や自己ベストなどで達成感を得ることはもちろん、自身のチャレンジを通して、挑戦する素晴らしさや達成したときの感動を分かち合い、見ている人を勇気付けたいとの想いもあるようだ。「本州縦断フットレース」への出場を決めたのも、普通の人でもコツコツ頑張れば目標を達成できると証明したかったから。

 

マサヒコは何気なくテレビを点けた。間もなく40代を迎える彼の体は丸みを帯び、大学までアスリートだった面影はない。そんな彼より年上であろう男が、疲労の表情を浮かべながらも黙々と走っている姿がテレビに映し出されている。彼はその姿を何となく見続けた。よく見ると、男は一人ではなく、周りの多くの人たちと一緒に走っていた。

 

今にも止まりそうなペースだが、周りの声援に頷いている男はここまで1500km以上を自らの足で走ってきたらしい。

「えっ、1500km!?そんな長い距離を人の足で走れるのか?」

と彼は一人つぶやいた。

「普通の会社員ができるのか?コツコツ積み重ねれば、いつかゴールに辿り着く!?」

彼の常識では考えられなかったが、何かに反応した。趣味で体を動かすこともなくなり、日常に流されていた彼だったが、映し出される男の表情から、人生をコントロールする大切さ、挑戦する重要さを感じた。

 

男が下関駅に近づくにつれ、周りの声援も徐々にヒートアップしている。彼も自らがゴールに向かっている感覚になっていた。ついに男の足が止まった!ゴールの瞬間だ。男の表情は苦悶から安堵へと変わり、目には涙が浮かんでいた…

 

周りの人たちも涙を浮かべながら、祝福の言葉を掛けていた。長かった旅路が終わりを告げた。マサヒコも軽く安堵の息を吐いた。なぜか、彼の目にも熱いものがこみ上げていた。それに気づいたとき、今後の人生のテーマを「挑戦」にすると決意していた…

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

「本州縦断フットレース」のスケジュール(予定)

 

12府県を縦断するスケジュールは以下の通りです。もちろんトラブルや予定通りにいかないこともあるかもしれせん。しかし、過去最短記録を塗り替えるべく挑戦したいと思います!

 

4/26(水)~ 4/30(日)

(スタート)青森県青森市 - 秋田県大館市 - 北秋田市 - 秋田市 - 山形県鶴岡市 -

新潟県荒川町

 

5/1(月)~ 5/7(日)

新潟県新潟市 -上越市 -富山県富山市 - 石川県金沢市 - 野々市町 – 福井県敦賀市 -

京都府舞鶴市

 

5/8(月)~5/14(日)

京都府福知山市 - 鳥取県鳥取市 - 鳥取・島根県境 - 島根県大田市 -江津市 -

益田市 - 山口県下関市(ゴール)

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

皆さま、ご支援よろしくお願いします!

 

「本州縦断フットレース」を完走するための費用に37万円が必要になります。皆様、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

リターンに関して

 

3,000円:感謝の気持ちをお届け!

感謝の気持ちを込めて、サンクスメールをお届けします。

 

5,000円:あなたの気持ちとともに走ります!

レース走行中は自作のゼッケンを着用予定です。このゼッケンにご支援者のお名前をプリントさせて頂きます。

 

7,000円:ゼッケンレプリカを差し上げます!

上記ゼッケンのレプリカデータをお送りします。

ゼッケンにはチェックポイント通過毎に塗りつぶしができるチェック欄を設けています。一緒に塗りつぶしをして頂き、挑戦の臨場感を感じて頂けます。

 

10,000円:レース後の講演会にご招待!

挑戦の生の声をお届けする機会として、レース終了後に東京での開催を予定している講演会にご招待させて頂きます。(申し訳ありませんが、会場までの交通費はご負担願います。)

 

20,000円:ランニングパートナーに!

個別もしくは1グループで、1時間以内のランニングとランニングに関するアドバイスをさせて頂きます。(場所は東京を想定しています。日時・場所は別途調整させて下さい。)

 

30,000円:はじめの一歩をサポート!

これから走り始めたいけど、何を準備すればいいかわからないとお悩みの方に。ショップでのシューズなどのギア選びにご一緒し、アドバイスをさせて頂きます。(場所は東京を想定しています。日時・場所は別途調整させて下さい。)

 

50,000円:ランニング関して助言させて頂きます!

挑戦の実績に基づき、ランニングやトレーニングに関することなど、21日間メールでのお問い合わせに回答します。(1日1件以内を前提としてお答えします。)

 


最新の新着情報