プロジェクト概要

一年に一度のLGBTを祝うアワード「Tokyo SuperStar Award」を盛大に開催したい。今年のテーマは、〜夢を集めて、未来へつなぐ〜

 

はじめまして。TSSA実行委員会広報担当の南です。突然ですが、みなさん、「LGBT」って知ってますか? 「LGBT」とは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字から作られた、セクシュアル・マイノリティと呼ばれる人たちを指す言葉です。ちなみに、ぼくはゲイです。ゲイと言っても、最近テレビでお見かけするオネエ系のタレントさんとはすこし違って、女装をすることもなく、ふだんはサラリーマンとして、普通の企業に勤めています。

 

LGBTが日本で自分らしく生きていくことは、なかなか簡単なことではありません。好きな人と結婚できなかったり、好きな人が病気になっても立ち会えなかったりなど、法的にも、社会の偏見にも厳しいものがあります。そんな状況をすこしでも変えていきたいと、LGBTの仲間に呼び掛け、「Tokyo SuperStar Awards(以下、TSSA)」は、2010年に設立されました。TSSAは社会とLGBTの架け橋となったスーパースターを讃えるアワードです。

 

日本にもあなたのすぐ隣にLGBTが存在し、生活していることを、もっと世の中の人に知ってもらいたいという願いから、このTSSAを開催しています。どうか皆様のサポートをいただけないでしょうか。

 

Tokyo SuperStar Awards PRビデオ

 

 

実はあなたの隣にもLGBTの仲間がいるかもしれない。

 

この日本社会の中で、自らLGBTだとカミングアウトしていくことは難しいこともあり、みなさんもなかなか、ぼくらLGBTと出会うこともないかもしれませんが、日本の人口に占めるLGBTの割合は5.2%(電通総研 2012年調べ)と、けして少なくはないのです。実はあなたのすぐ隣にも、ぼくらLGBTの仲間がいるかもしれないのです。

 

あまり知られていないことですが、LGBTの若者の自殺率は高いという事実があります。多くのLGBTは思春期に周囲との違いから孤独に苛まれ、自分の存在に対して否定的になったり、苦悩の時を迎えます。

 

TSSA応援メッセージ: MEGUMI

 

TSSA2012

 

 

TSSAって、こんなイベントです!
今年のTSSA2013は、12月7日にビルボードライブ東京で開催します。

 

TSSAでは、その年の社会とLGBTの架け橋となった事業やプロジェクトにスポットライトを当て、その貢献者やスーパースターたちに、LGBTコミュニティからの感謝の気持ちとしてアワードを贈っています。今までにオバマ大統領、中村中、DREAMS COME TRUE、レディ・ガガ(敬称略)をはじめ、各界で功績のあった方々にアワードを届けてきました

 

TSSAでは、各界で活躍するLGBTのスーパースターたちをロールモデルとして示し、自分らしく生きる素晴らしさ、そして強く生きる姿を伝えていきたい。生まれ持った性や体を大事にし、自分が好きになる性を、愛する人を恥じなくてもいいことを。そして誰もが自分らしく生きられる社会を目指し、LGBTだけではなく多くの人々や企業・団体と手を取り合いながら、新しい未来へつなげていきたいと願っています。

 

 

TSSA2011海外賞トロフィーを手にするレディ・ガガ&TSSAのトロフィー

 

TSSA2012カルチャー賞 ミュージカルRENT

 

 

子どもをつくれないLGBTだからこそできることがある。 実は、子どもたちは、地域社会とLGBTコミュニティをつなげてくれる鎹(かすがい)なのかもしれません。

 

この数年、世界ではLGBTを取り巻く環境が大きく変わってきました。先進国の多くでは、同性婚や同性パートナーシップにまつわる法律が制定され、同性カップルによって育てられている子どもたちもたくさんいます。日本においては、まだまだLGBTに対するパートナーシップや養子・里親などの法制度は進んでいませんが、「子どもは社会の宝」 であるという普遍的な価値のもと、LGBTも社会の一員として、未来を担う子どもたちを支援し、支えていきたいと考えています。

 

なぜなら、生まれた環境によって、子どもたちの教育の機会や自分らしく生きるという機会を奪われて欲しくないから。また世界の状況を伝え、自分の境遇にとらわれることなく、他者への思いやりの気持ちや、助け合う価値を伝えたいから。これは子どもたちだけの問題ではなく、実はぼくらLGBTが社会全体に投げかけたいぼくたちの問題でもあるかもしれません。

 

TSSAは、毎年12月第一週の土曜日にこのアワードの受賞式パーティーを開催しています。今年2013年は、12月7日にビルボードライブ東京(東京ミッドタウン)で開催します。授賞のセレモニーはもちろん、毎回、スペシャルゲストをお呼びして、エンタテイメントあり、シリアスありのたいへん盛りだくさんのパーティーです。このパーティーの運営は、このイベントに賛同をいただいた企業から協賛や寄付、そして、一般の方へのパーティーチケットの販売を通してまかなわれています。そして、運営費を差し引いて得られた収益は、すべて未来を担う子どもたちを支援する3つの団体に寄付しています。最初の2010年から2012年までの過去3回の開催を通して、累計1,359,076円の収益金を寄付しました。

 

TSSA応援メッセージ: SOULHEAD

 

 

TSSAがみなさんにお願いしたいこと。

皆さんの未来の子どもたちへの夢を、このLGBTのイベントに託して下さい

 

今年もパワーアップして、みなさんにすてきなイベントをお届けしたいと考えています。もちろん、今年も収益金のすべては、子どもを支援する3つの団体に寄付されます。ぜひ1人でも多くの方にTSSA開催の趣旨を知ってご賛同いただき、1円でも多くの寄付を3団体へ渡ししたいと考え、本クラウドファンディングに応募しました。TSSAは支援者、アワードへのご来場者&視聴者、協賛企業から、「支援=夢」を集めて、新しい未来へとつなげます。ご支援どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

今回TSSAがご用意した引換券は次のとおりです! 

ぜひいっしょにTSSAを楽しみましょう!

 

 

■TSSA活動記録(寄付先団体の子どもたちのサンクスメッセージ含む)
※お届けは2014年1月を予定しています。

 

■TSSA2013開催記念 オリジナルTシャツ 書道家/アーティスト Maaya Wakasugi (ex. MAAYA SHO) の揮毫をTシャツにプリント 

「集」・・・(字義) あつまる。つどう。よりあう。よりあつまる。やすらか。やわらぐ。仲よくする。なしとげる。ととのう。etc・・・(解字)  鳥が木にあつまりとまるさまから、集まるの意味を表す。

※お届けは2014年1月を予定しています。

 

TSSA開催記念オリジナルTシャツ

 

 

MAAYA WAKASUGIさんからのメッセージ・・・

今年で4回目を迎え、LGBTのコミュニティーのみならず、大きなムーブメントをおこしているTSSA。その活動はLGBTカルチャーをぐんぐん超え、まるで大きな樹木のよう。その幹が更に太くなり、多種多様な人たちが大勢集まるアワードになるように願いを込めて書かせて頂きました。

 

Maaya Wakasugi (ex. MAAYA SHO)
書道家/アーティスト 1977年 岡山県生まれ 17歳での初の個展から研鑽を重ね、“古代文字” をモチーフとした独自の作品スタイルを確立。近年は、 書をアートとしてとらえ、 ルーヴル美術館公認ロゴマークの制作や、各メディアにおいて、 アーティスト・クリエーターに作品提供をするなど、 様々な場所で表現を展開。

 

■DEAN & DELUCA のパーティーハンパー

 

 

 

 

■ゴッドハンドエステシャン 髙橋ミカさんプロデュース

エムズコスメ マッサージオイルとマッサージ ソルトのセット

 

 

・100パーセント天然植物油のみを配合した顔にも使える万能美容オイル。

http://www.mishii-list.com/products/152

・ミネラル豊富なフランスのブルターニュ産の海塩と13種類の美容成分配合のソルト。
http://www.mishii-list.com/products/151

 

髙橋ミカ
多数の芸能人、著名人に支持され、ゴッドハンドとも呼ばれているエステティシャン。
リンパドレナージュをベースに整体、リフレクソロジーなどを組み合わせたオリジナルのマッサージが注目されている。

 

■都内ラグジュアリーホテルでのディナーペアチケット(グラスシャンパン付) 国内はもとより、日本を訪れたら一度は泊まりたいと評判の、日本を代表するラグジュアリーホテルでのペアディナーチケット。 ニューヨークスタイルの料理を夜景とともに。

 

 

 

 

TSSAは過去3回の運営を通して得られたすべての収益を、子どもたちを支援している次の3つの団体に寄付しています。今回、今年の開催に向けて奔走するぼくらTSSA実行委員会に、各団体の代表の方々から、感動のメッセージを動画でいただきました。ほんとうにやってきて良かったとメンバー一同感動しました。みなさんにも、ぜひご覧いただけたらと思います。

 

 

『カナエール』

カナエールは、児童養護施設を退所した後、大学等へ進学する若者を卒業までサポートするプログラムです。児童養護施設の子どもたちの進学格差をなくし、社会全体で「夢をかなえるチカラ」を育むことを目指します。「カナエール2011」では東日本大震災における緊急支援を行いました。

 

様々な事情から家庭で暮らせず、児童養護施設で生活している子どもたちが、全国に3万人います。子どもたちは18歳で施設を退所し、ひとり立ちします。そんな施設退所者の大学等への進学率は2割。全国平均7割に比べて大きな格差があります。また、せっかく進学しても3割もの子どもが卒業できずに中退。全国平均の3倍にもなります。どんな環境で生まれ育っても、教育の機会は平等にある社会であってほしいとカナエールは考えます。

 

 

 

『Charity Art Exhibition “ ROSES. ”』 

チャリティアート展覧会「ROSES.」は、途上国の子どもたちが十分な教育を受ける環境づくりのサポートを目的として、有志が集まり2008年から始まりました。2011年3月11日に発生した、日本国内において観測史上最大となる東日本大震災をうけ、震災地の子どもたちに対する支援活動も実施しています。

 

この展覧会はチャリティと同時にアーティストの作品発表の場でもあり、クリエイター・デザイナー・著名人など、様々な分野で活躍するアーティスト達が集まり、薔薇をモチーフにした作品を制作し展示販売します。そこで得た全ての収益は、信頼できるNGO、NPO等の支援団体に寄付し、管理・活用してきました。

 

 

 

『CARE-WAVE』

CARE-WAVEは、ステージアーティストによる社会貢献を目的に、ノンフィクションミュージカル『CAREWAVEAID』を通じて舞台から飢餓・貧困・紛争といった世界の惨状を伝え、ミュージカルの収
益金をNPO等の支援団体に寄付しながら「思いやりの心の波」を広げる活動をしています。

 

また震災直後から被災地の子ども達の「心のケア」を目的にミュージカルワークショップを展開すると共に、東京にて宮城県・岩手県・福島県、そして被災を体験していない徳島県の子ども達37名が被災から学ぶべき点を取り上げ問題提起する『CARE WAVE AID』-被災地の子ども達による【未来宣言3・11】-を開催し、好評につき以後2度再演しながら子ども達は3・11の意義を考え「世界平和」を意識するまでに成長を遂げています。

 

 

 

 

Tokyo SuperStar Awards 2013 開催概要

 

名称:Tokyo SuperStar Awards 2013 (略称: TSSA) 日時:2013年12月7日 19:00 開演 場所:ビルボードライブ東京(東京ミッドタウン) 主催:Tokyo SuperStar Awards 実行委員会 協賛:ソフトバンクモバイル、ビルボードライブ東京、アルファ ロメオ、EY、ブルームバーグ、ベアフット・ワイン ほか 後援:アメリカ大使館 LGBTメディアパートナー:2CHOPO 運営協力:特定非営利活動法人 グッド・エイジング・エールズ  

公式サイト:www.TokyoSuperStarAwards.com Facebook: www.facebook.com/TokyoSuperStarAwards Twitter: www.twitter.com/TokyoSuperStar  #TSSA2013

 

TSSA2013は12月7日(土)にビルボードライブ東京で開催されます。VIP席以外のチケットは、tixeeにて販売しております。https://tixee.tv/event/detail/eventId/1947

また当日はリアルタイムでインターネットによる動画配信も予定しています。


最新の新着情報