マンゴーといえば、濃厚な甘みとネットリとした舌触りのフルーツで、「太陽のタマゴ」のようなブランドで有名です。 私はあまりたべたことがないので高価なイメージがあります。 実は、マンゴーには嬉しい栄養効果があると言われています。どのような効果があるのか、見ていきましょう。 マンゴーに含まれる栄養 マンゴーにはビタミンA、βカロテン、ビタミンC、葉酸などが豊富に含まれています。青いものはビタミンCが多く、熟すにしたがってβカロテン(ベータカロチン)の量が増えていきます。 ビタミンA 皮膚の潤いを保ち、目・口・喉などの粘膜を丈夫にする働きがあるビタミンA。視力の低下や疲れ目の予防などにも効果が期待できます。マンゴーはビタミンAの含有量が果物の中でもトップクラスで、マンゴー1個で1日の必要摂取量を補えるほど。 βカロテン 細胞を保護して生活習慣病や老化防止に効果的なβカロテンは、体内で必要に応じて、ビタミンAに変わります。その残りには抗酸化作用があり、免疫力を向上させ、成人病の予防に効果があるとされます。 また、ビタミンCとの組み合わせで、美肌効果・老化防止の効果も得られるうえ、水や熱にも強いので調理しても栄養の損失がほとんどありません。 ビタミンC 免疫力を高め風邪を予防する効果があります。他にも、メラニン色素の生成を防止して、シミ・しわの予防改善が期待できるなどのうれしい美肌効果も。 その他 マンゴーに含まれる葉酸は、神経細胞の代謝、成長を補助する働きがあるとされ、皮膚の健康維持にも効果的です。また、栄養成分はほぼありませんが、腸を整え便秘を助ける効果や、血中コレステロールや血糖値上昇を抑える作用がある、食物繊維も豊富に含まれています。 上記以外にも、リンやカリウムのミネラル、ビタミンEなどが含まれているマンゴーは、栄養の宝庫と言えるでしょう! マンゴーが持つ効果 マンゴーが持っている主な栄養を確認してきましたが、これらの栄養が実際に私たちの体にどのような効果を与えてくれるのでしょうか。マンゴーの持つ大きな力を、効果の面から確認してみましょう。 高血圧の予防 マンゴーにはカリウムが含まれています。マンゴーを食べることによって、体内の余分な塩分を排泄することができるので高血圧の予防の効果が期待できます。 免疫力の強化 マンゴーが持つビタミンCとβカロテンは、免疫力の強化に効果があるので、風邪気味の時や、インフルエンザの予防としてマンゴーを食べるのもおすすめ。 美肌効果 マンゴーに含まれるβ-カロテンは、人間の体内で必要な分だけビタミンAへと変換され、皮膚の粘膜を保護したり、肌荒れを予防改善する働きをします。そしてそれだけに留まらず、マンゴーにはビタミンCも含まれているのでコラーゲンの生成を行い、シミ、しわの予防改善が期待できます。 また、マンゴーのビタミンCは熱や水に強く、様々な調理に利用することができるのもうれしいポイント。 アンチエイジング β-カロテンが体内でビタミンAに合成されるほか、抗酸化効果の強いビタミンC、Eも含まれているので老化を防止し若返るアンチエイジングの効果も得られます。 このように、マンゴーを食べることで様々な嬉しい効果を期待することができます。特に「美肌効果」や「アンチエイジング」は女性に嬉しいのではないでしょうか。 マンゴーは嬉しい栄養がいっぱい 食べるだけで美肌効果やアンチエイジングが期待できるマンゴーは、美容にもオススメのフルーツです。美味しく味わいながら、体の調子を整えてみるのもいいかもしれません!
新着情報一覧へ