九州電力は14日、一部の太陽光発電の一時停止を求める「出力制御」を実施した。離島以外で国内初となった13日に続き2日連続の実施。九州は太陽光発電の出力が増え続けている。需給バランスが崩れ大規模な停電が起きないように今後も出力を制御する
新着情報一覧へ