READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

日本にいる母国の児童を支え、母国と日本をつなげ日本に貢献したい。

Transcend-Learning

Transcend-Learning

日本にいる母国の児童を支え、母国と日本をつなげ日本に貢献したい。
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月28日(火)午後11:00までです。

支援総額

17,000

目標金額 300,000円

5%
支援者
1人
残り
20日
プロジェクトの支援にすすむ
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月28日(火)午後11:00までです。

プロジェクト本文

はじめに

 

国際化が進み、両親の都合などで来日して公立学校に編入する外国人児童や生徒が増えています。来日間もない子たちは日本語の力が十分ではないのに、小中学校の支援体制が整っているとは言えない状況です。 そこで2021年に、関西4大学(関西大学・大阪大学・大阪府立大学・大阪市立大学)に在籍する外国人留学生が、母国を同じくする児童・生徒の「オンライン家庭教師兼相談役」として、言葉や生活習慣に悩む児童・生徒らを支える仕組み ”SIDE” をたちげました。

 

 

 

【ここまでの経緯と背景】

一昨年、一般社団法人Transcend-Learning事業で、外国人留学生が、数多くの日本の社会課題解決を解決しながらスキルを向上させ、日本企業就職を目指す活動のなかで、大阪教育庁からの依頼がありました。

『外国をルーツに持つ児童の教育問題』でした。それを受けて、関西大学 古川教授などの専門家を交え、外国人留学生のアイディアを募集したところ、SIDEなる団体を結成し、課題にチャレンジすることが決まりました。

※各機関に名称掲載の許諾をいただいています。

 

今年、SIDEをさらに拡大し、全国の大学の外国人留学生が、日本のために、教育のDXモデルを作り、世界のロールモデルとして自治体・企業を巻き込んだ教育立国日本への挑戦を行います。

 

日本語が分からない→授業についていけない児童・生徒たち

 

※以下の文章は全て、一般社団法人Transcend-Learningとタッグを組んでこの取り組みに参加している外国人留学生たちが書きました。

 

両親の仕事の都合などで来日した児童・生徒たち。彼らの多くは日本語に習熟していません。また幼くして来日し、母国語の習得も十分ではないという子もたくさんいます。 文部科学省の調査では、日本語を指導する必要がある児童・生徒はこの10年間でぐっと増加しています。ですが、彼らをサポートすべき人材は多くの自治体で不足しています。たくさんの国・地域からさまざまな言語を使う子供たちが来日し、いろんな学校に分かれて在籍しているため、なかなか支援が行き届かないのです。 学校の授業が理解できなければ成績は上がらず、児童・生徒たちは進学や就職の面で苦労を強いられることになりかねません。この状況の打破は、SDGs(持続可能な開発目標)の17の目標の一つ「質の高い教育をみんなに」の達成に大きく関わってきます。

 

 

 

留学生による「オンライン家庭教師」

 

私たちは関西を中心とした全国の大学(大阪大学、大阪公立大学、関西大学、同志社大学、立命館大学、筑波大学、琉球大学など20大学)に通う外国人留学生です。留学生と企業が連携して、日本の課題解決やSDGs達成に向けた活動をしています。そして、一般社団法人Transcend-Learningとタッグを組み、外国人児童・生徒と同じ母国語でコミュニケーション可能な留学生が、「オンライン家庭教師」として児童・生徒に勉強を教える仕組みを整えようとしています。もちろん、「人生の先輩」として、児童・生徒の悩み相談などにも応じます。

 

 

 コロナ禍で培ったオンラインの仕組みを利用し、児童・生徒がどの自治体に住んでいても、授業を受けることができます。その結果、子供たちの学力向上に寄与することができます。

そして、なにより私たちがこの日本で少しでも 母国と日本に貢献できた誇りと自信が手に入ります。この経験を生かして、卒業後も第二の故郷である日本で頑張ってみたいという気持ちになります。

 

プロジェクト「SIDE」とは

 

 私たちはこのプロジェクトを「SIDE」(外国人児童生徒支援室)と名付けました。「Sustainability(持続可能性)」「Internationality(国際性)」「Development(発達)」「Education(教育)」の頭文字を取ったもので、「by your side(あなたの側で)」という意味も込めています。

 

 

オンライン指導の様子

 

 

「SIDE」のメンバーが当初、大阪にある大学に通っていることもあり、大阪府教育委員会などと連携をしながら、府内の一部地域で試行しています。 同じ国出身の留学生が講師を務め、互いにタブレット端末などを利用。児童・生徒たちは各学校から貸与された端末を使うこともあります。 テキストは彼らの母国語と日本語を併記して作成。また講師役の留学生は自身の体験をもとに、アプリの手書き機能を駆使しながら、注意点や間違いやすいところを伝え、児童・生徒が効率良く勉強できるよう工夫を凝らしています。 もちろん勉強だけではありません。マジック、絵画、物語……。講師は多種多様な話を交えながら、子供たちの心の扉を開くよう心がけています。

 

 

 

 

「SIDE」代表メッセージ

 

「SIDE」代表 関西大学経済学部 楊拡(ヨウ・カク)※中国・山東省出身

 

(上記画像にあるメッセージの日本語訳です) この問題を知ったきっかけは、以前通っていた日本語学校の近くにあった料理店での出来事です。それらの料理店にいた中国人やネパール人の子供は、日本語ができないため友達ができず、いつも独りぼっちでした。 このままでは、子供たちの学校生活やメンタルヘルスに悪い影響をもたらす。そう心配していましたが、当時の私には何も行動することができませんでした。 今回の「SIDE」の活動を通じて、私たち留学生は、大阪にいる在日外国人児童・生徒の学習、生活の悩み解消のために力を尽くしていきたいと思います。そしていずれはこの活動を広げ、日本中の子供たちの手助けができるようにしたいです。

 

支援金の使途

 

 今回のクラウドファンディングは50万円を目標にしています。皆様からご支援いただいたお金は、必要経費を除いた全額を、以下の活動経費として大切に使わせていただきます。

 

①SIDEの活動として子どもたちの指導にあたる留学生・指導スタッフの人件費に充てます

②SIDEの活動を知ってもらうための広報啓発費用(SNSの運用など)に使います。

 

【小学校・中学校の児童の募集方法について】

大阪教育庁と現在連携しております。そこから各市町村の教育委員会を通じて、各小学校・中学校に募集をかけています。現在20を超える学校から外国人留学生の指導を受けたい児童から問い合わせと応募が集まっております。

※各機関に名称掲載の許諾をいただいています。

 

児童・生徒への支援を長期にわたって続けられるよう、皆様のお力をお貸し下さい。

 

プロジェクト実行責任者:
池田 佳子(一般社団法人Transcend-Learning)
プロジェクト実施完了日:
2023年2月28日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

外国にルーツをもつ子どもたちを支援する体制づくりを大阪府教育庁と一般社団法人 Transcend-Learningで行います。この活動に協力してくれる学生は関西大学を中心とする協力大学から募集します。2022年11月~2023年2月の間、協力学生と子どもたちのマッチングが成立したものから順次オンラインで学習指導を開始します。 調達した資金は、手数料とリターン費を除き、子どもたちの指導やイベント運営にあたる留学生・日本人学生への人件費、必要経費に充てます。

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差額は自己資金にて補填いたします。資金の調達状況によっては規模を縮小する可能性がありますが、プロジェクトは規模問わず実施します。

プロフィール

リターン

3,000+システム利用料


外国人学生・日本人学生限定 先輩応援コース

外国人学生・日本人学生限定 先輩応援コース

・お礼メールを外国人留学生よりお送りします。
・活動報告書(PDF形式でメールで送付)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

17,000+システム利用料


企業・社会人・保護者限定 基本コース

企業・社会人・保護者限定 基本コース

●指導外国人留学生からのお礼メールをお送りします。 
●活動報告書をお送りします。 
●2023年3月 イベント:~子供たちの未来について語ろう~報告会
オンラインご招待券(ZOOM URLを送付します)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

50,000+システム利用料


企業・社会人・保護者限定 もっと応援コース

企業・社会人・保護者限定 もっと応援コース

●指導外国人留学生からのお礼メールをお送りします。 
●活動報告書をお送りします。 
●2023年3月 イベント:~子供たちの未来について語ろう~報告会
オンラインご招待券(ZOOM URLを送付します)
●2023年3月 イベント:~子供たちの未来について語ろう~報告会でのエンディングロールにて名前を記載

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

150,000+システム利用料


企業・社会人・保護者限定 もっともっと応援コース

企業・社会人・保護者限定 もっともっと応援コース

●指導外国人留学生からのお礼メールをお送りします。 
●活動報告書をお送りします。 
●2023年3月 イベント:~子供たちの未来について語ろう~報告会
オンラインご招待券(ZOOM URLを送付します)
●2023年3月 イベント:~子供たちの未来について語ろう~報告会
でのエンディングロールにて名前を記載
●WEBサイト上でのお名前(法人・個人選択可)掲載
ー『持続可能な教育モデルへの挑戦者たち』の公式立ち上げメンバーとして掲載ー

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

【世界一周×サッカー】旅をしながら世界中の子共達とサッカーがしたい のトップ画像

【世界一周×サッカー】旅をしながら世界中の子共達とサッカーがしたい

高岡快斗高岡快斗

#起業・スタートアップ

44%
現在
224,000円
支援者
20人
残り
32日
瀬戸内発! 持続可能な豊かな町づくりを目指して のトップ画像

瀬戸内発! 持続可能な豊かな町づくりを目指して

特定非営利活動法人 あおぞら特定非営利活動法人 あおぞら

#子ども・教育

継続寄付
総計
1人

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る
プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする