レディフォーでご支援いただきました皆さま。そして、FBやお知り合いに広報してくださった皆さま。

たくさんの温かい応援をいただけたおかげで、本日プロジェクトを完了することができました。心から感謝申し上げます!ありがとうございました!

 

「廃材でバッグをつくり、オランウータンの森を救いたい!」では

☆バッグとポーチを障がい者の方と一緒に作ることをお約束していました。

 

中途障がい者作業所「いきがいワーク」が主にユニットを折り、大阪府障害者福祉事業団「明光ワークス」でユニットをつなげました。大量の作業でしたが、カラフルなユニットをつなげる作業はとても楽しいと評判でした。

 

障がい者の方が製品に仕上げるには、難しいところもあり、時間もかかります。また、製品として購入するより、作りたいと言う要望が多かったので、完成品は一部にとどめ、「クラフト教室キット」として、教室を今後開催して販売することにしました。一部は8月に小学生向けのクラフト教室で販売しました。

これから、引換券の制作を障がい者の方に指導し、できる所まで制作してもらう予定です。引換券は、10月お届とお知らせいたしましたが、恐れ入りますが、11月20日を期限に、でき次第お届けさせていただきます。大変遅くなりますことをお詫び申し上げます。

 

☆オランウータンの森への寄付は、支援金が入り次第、缶バッジを購入して18000円、タタミ90畳分の森を救う予定です。

 

また、今後の活動につきましては、アップサイクルで環境活動と福祉や動物の保護活動などが行えるように、商品デザインや、販売方法、制作のし方などを見直し、継続した事業ができるよう努力いたします。

 

本当にご支援をありがとうございました!

レディフォーにチャレンジし、皆さまと出会い、活動を知っていただけましたことを 何よりも感謝し、これからの力にさせていただきます。

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

                   [VVV]ヴィークラフト代表 坂井久美子

完成製品

 

 

これから教室を開催して販売する「クラフト教室キット」

 

箕面市国際交流センターでヤシノミ洗剤の袋でポーチやボルネオゾウの貯金箱を作りました。教室では、ボルネオの森林が伐採されてゾウやオランウータンたちが困っている事を、スライドを使って伝えました。8/24

 

 

新着情報一覧へ