バッグをつくるための材料ユニットを、障がい者事業所で制作しています。

企業で廃棄される未使用のパッケージ袋を利用し、短冊にカットして折りたたみ、材料ユニットをつくります。

この作業をしているのは、NPO千の風 中途障がい者事業所「いきがいワーク」のメンバーです。中途障がい者とは、脳出血などで人生の半ばでハンディを負われた方のことです。メンバーのみなさんは、それぞれ主体的に活動することで、「生きがい」をとり戻し、地域で自分らしく暮らしていくことをめざしています。

いきがいワークは笑顔の絶えない楽しい事業所です。メンバーの皆さんが明るく活動されているご様子に、いつも元気をいただいています。私にとっては、大好きなお仲間達です。

このプロジェクトにご支援いただき、多くの方に製品を購入していただくことで、障がい者事業所の仕事が増え、メンバーの生きがいにもつながります。

どうか、プロジェクトのご支援よろしくお願いいたします!

新着情報一覧へ