前回となる昨年のReadyFor?にてご支援を頂き、訪米をしました若者の一人の岩崎葵さん本人から、帰国後について報告を頂きました。

 

重ねて、ご支援くださいました皆様、ありがとうございます。

 

(以下、岩崎さん本人の文章を引用します。)

 

昨年のツアーでクラウドファンディングに挑戦させて頂きました、岩崎葵です。3月のツアー時にはご支援、応援頂きまして本当にありがとうございました。

 

ツアーを終え帰国からしばらく経った今でも渡米時に体験した熱量は鮮明に記憶しており、今なお私のモチベーションにもつながっています。 改めて皆様への感謝をお伝えする共に、近況報告させて頂きます!

 

帰国してからは、京都を中心に行われている、学生と企業、行政が同じフィールドで今までの文脈を問い直し、新しい時代に先駆けたビジネスアイデアを練り上げるアクティブラーニングプログラム”RELEASE; U30”(http://www.till-release.net)に取り組んでいます。今は今回生まれたアイデアの実現に向け、動いているところです。

 

また夏にはゼミのフィールドワークで”アジア最後のフロンティア”ともいわれるミャンマーを訪れました。ミャンマー・バガンの村人と交流する中で、サステイナブルな暮らしというのは自然環境を保護するだけでなく、人とのつながりが欠かせないということを強く感じ、私の国際協力や開発に対する考えをゆるがす旅となりました。

 

そしてこれらと並行し語学の勉強にも力を入れた一年でした。

今は留学しコミュニティー開発を学びたいと考え、実現に向けて動いております。

 

皆様にご支援をしていただいたこのツアーの参加を皮切りに、見える景色が大きく変わったなあと感じています。2015年も昨年を上回るくらい有意義なものにしていきたいと思います。

 

 

写真はミャンマー訪問時の岩崎さんの様子です。

 

新着情報の次回も、ご支援を頂いた若者からの報告を予定しています。

 

ご支援に賛同されて、図で解説された支援マニュアルが必要な場合は、こちら(PDF, 919KB)のご参照をお願い申し上げます。

新着情報一覧へ