こんにちは。

 

共同実行者の田辺です。

 

3月に訪米する「ハーバード社会起業大会スタディプログラム2016」(かなり終売が近づいていますが、まだ募集中です)の7日間コースでは、初回の2010年以来にして初めてワシントンDCと、ハーバード社会起業大会が開催されるボストンを訪ねます。

 

若者たちがワシントンDCで訪問予定である、アショカDCセントラルキッチンティーチ・フォー・アメリカ(TFA)ユニオン・キッチンポインツ・オブ・ライトマジョリタスに続いて、ボストンで開催されるハーバード社会起業大会について前回(ハーバード社会起業大会がなぜ「世界トップ12大会」なのか)に続いて、今回もご紹介したいと思います。

 

今回は、「3月に若者たちが参加するハーバード社会起業大会2016はどのような趣旨か?」について、お話をさせてください。

 

(ハーバード社会起業大会2014の基調講演。ハーバードビジネススクールにて)

 

先日更新された大会HPによりますと、以下の説明がなされています。

 

まず、私たちが信じること("What we believe in")では、以下が述べられています。

 

「私たちは社会起業に関する会話は、社会起業が指し示したい社会問題と同じくらいに、力強くなければならないと信じています。ハーバード社会起業大会は、実践と学びにフォーカスした会話を通じて、測定可能で意味ある進歩を達成するために、私たちがもつ社会起業についての理解を試し、かつ利害関係者が団結していく、プラットフォームです。("We believe that the conversation around Social Enterprise needs to be as dynamic as the problems it tries to address.  The Harvard Social Enterprise Conference (SECON) is a platform to both test the boundaries of our own understandings of Social Enterprise and unite the stakeholders at a single event in order to achieve measurable and meaningful progress through conversations focused on learning and actions focused on practicing.")」

 

次に、2016年大会のミッション・ステートメントは以下となっています。

 

参加者を、過去についての真の対話に誘(いざな)い、そして未来のチャレンジに打って出るよう、触発する ("To inspire participants to engage in truthful dialogue about the past and to dare to embrace the challenges of the future.")

 

大会実行委員会については、今年は以下の説明がアップされています。

 

「大会実行委員会は、ハーバード大学の様々の学生により構成されている。私たちのプロフェッショナルとしての経歴や、個々人がもつ経験は、多様であるとしても、私たち実行委員会は、世界をより良くし、それを実現させるために、困難であっても必要な問いを発したいと、団結している ("The SECON team is made up of students from across Harvard University.   Although we come from a diverse range of professional backgrounds and set of personal experiences, our team remains united by a desire to ask the hard but necessary questions about what it will take to change the world for the better and who will need to be working together to make that happen.")」

 

私たちの約束 (Our Promises) は、今回以下のように説明されています。

 

人と違う考え方をするよう、大会参加者の一人一人に試みる ("To challenge each and every single participant to think differently.")

 

・もし皆にとって鍵となる学びに至るならば、困難な問いを立てることや、困難な会話から決して逃げない。("To never dodge the hard question or difficult conversation if it results in key learnings for all.")

 

・大会参加者のあなた自身が、大会のコンテンツとして形成されることに賛成する。("To allow you to shape the content of our conference.")

 

・大会参加者が、自分自身がもつネットワークを、さらに豊かにできるよう、人的ネットワークを提供する。("To provide a network of attendees that enriches your own. ")

 

大会参加者の心配事を、適宜フォローアップする。("To follow up on your concerns in a timely fashion.")

 

(ハーバード社会起業大会2013に本スタディプログラムから参加した方々)

 

本スタディプログラムはまだ募集を継続しています。さらには、本クラウドファンディングでの助成を希望する若者の募集も継続しています。

 

またとない貴重な機会で学ぼうという若者へのご支援を、何卒お願い申し上げます。

 

新着情報一覧へ