こんにちは。

 

共同実行者の田辺です。

 

3月に訪米する「ハーバード社会起業大会スタディプログラム2016」(かなり終売が近づいていますが、まだ募集中です)の7日間コースでは、初回の2010年以来にして初めてワシントンDCと、ハーバード社会起業大会が開催されるボストンを訪ねます。

 

若者たちがワシントンDCで訪問予定である、アショカDCセントラルキッチンティーチ・フォー・アメリカ(TFA)ユニオン・キッチンポインツ・オブ・ライトマジョリタスに続いて、ボストンで開催されるハーバード社会起業大会について、これまでのご紹介(ハーバード社会起業大会がなぜ「世界トップ12大会」なのか若者たちが参加する「ハーバード社会起業大会2016」の趣旨とは)に続いて、今回もお話したいと思います。

 

今回は、「3月の訪米で若者たちは、かの『ハーバード白熱教室』の建物に、ハーバード社会起業大会2016で訪問予定です」について、お話をさせてください。

 

サンデル教授の『ハーバード白熱教室』の大ファンです」という方も、多いかと思います。

 

 

サンデル教授(大学HPによる紹介)の「正義 (Justice)」の授業の収録が行われた「メモリアル・ホール」は、下記の写真の建物(地図)です。

 

 

そして、サンデル教授の「正義」は、オンライン講座として無料で www.justiceharvard.org にて公式配信されています。

 

 

今年のハーバード社会起業大会2016は、3/5(土)9:30-10:30では「メモリアル・ホール」にて開催されることが発表されています。

 

「メモリアル・ホール」の中には、いくつか大きなお部屋があります。「正義」の授業の収録が行われた「サンダース・シアター」が、今回の大会で使用されるのかはまだ発表されていませんが、いずれにしましても、大変重厚な、知の巨塔の内部に入ることができる見通しです。

 

確認できている限りでは、ハーバード社会起業大会が「メモリアル・ホール」を使用するのは史上初です。

 

今回訪米する若者たちは、現地でしか体感できないハーバードの知の息吹を、一層お感じくださるのではと思います。

 

(ハーバード大学生協に、例年必ず私たちは立ち寄っており、洋書や、ハーバードグッツ等、お土産のお買い物を楽しんでいます。)

 

(2014年以降は、手分けして、本クラウドファンディングの引換券を購入しています。)

 

本スタディプログラムはまだ募集を継続しています。さらには、本クラウドファンディングでの助成を希望する若者の募集も継続しています。

 

またとない貴重な機会で学ぼうという若者へのご支援を、何卒お願い申し上げます。

 

新着情報一覧へ