こんにちは。

 

共同実行者の田辺大です。

 

2/12に、幸いに目標達成をさせていただきました。重ねて、御礼を申し上げます。

 

とは申しましても、まだまだ安心できません。と申しますのは、クラウドファンディングにはつきものですが、今後のクレジットカード決済のときに、あいにくカード切替時期と重なって引き落としがされず、結果として実際の支援金額が不足に陥る可能性も依然として残っております。

 

さらには、今年のスタディプログラムは、昨年11月のパリ襲撃事件の余波を受けて、大逆風の中で、募集をさせていただきました。例年は約30人ほどのご参加ですが、今回は18人のご参加の見通しです。

 

結果として、現地通訳費等、貴重な学びをサポートする体制の予算に影響が出ています。

 

よって、もし若者の旅費の助成以外での残金が発生しましたら、現地通訳費用の補充や、帰国後の勉強会や報告会の会場費の補充等、現地の学びのために拠出を申し上げたく存じます。

 

(訪米する若者たちの学びをサポートする、ソーシャル分野に精通した現地通訳者が現地では同行くださいます)

 

もし訪米して貴重な学びをする若者たちの支えをしてあげたいとの方は、何卒ご支援やシェアのご検討をお願い申し上げます。

 

趣旨にご賛同されたものの、「初めてで、支援方法がわからない」「銀行振り込みにしたい」という方には、下記のマニュアルのご参照をお願い申し上げます。

 

図で解説された支援マニュアル(PDF, 827KB)

振り込み方法のマニュアル(PDF, 803KB)

 

何卒、人材教育投資案件として、訪米して学ぶ若者たちへのご支援をお願い申し上げます! ご案内の通り、若者への投資は長年にわたり効果が続き、そしてインパクトが広がります。