プロジェクト概要

5大陸制覇!世界中に届ける今の地球の姿!

全大陸を4Kビデオで撮影し続ける旅を続けたい!

 

初めまして、溝井 誠と申します。私は、社会人として10年以上、国内外で映像制作(テレビ番組制作等)の仕事を続けてきました。現在私一人で、4Kビデオカメラ片手に地球上の全大陸をビデオ撮影しつくすプロジェクトを続けております。

 

2016年3月現在、北米・ヨーロッパ・中東・アフリカ・北極圏(グリーンランド)・南米・南極を巡り、28カ国・65か所・71本の映像をYoutubeに公開してきました。そしてこれからも、テレビとは違う、個人によるYoutubeへの動画公開を通して、世界中の方々に最新の"今の地球の姿"を臨場感と共に届けたいと考えております。

 

しかし、最終章となるオーストラリア大陸(オセアニア)とアジア圏で撮影を続けるための資金が足りません。今までに誰も成し遂げていない地球全大陸を4K画質で撮影し続ける旅を、どうか皆さまからのご協力で最後まで成し遂げさせて頂けませんでしょうか。

 

世界中から届ける動画の数々。最新の【Youtube:南極4K】動画です!

 

 

 

なぜ世界中の映像を4Kでおさめるのか

 

日本では放送のデジタル化が完了し、ハイビジョン放送などのインフラが整備され、現在のハイビジョン(2K)画質の4倍、16倍にあたる「4K」「8K」が次世代放送に向けた取り組み(東京オリンピックに向けても)として、官民一体となって進められています。


そして、ある実験では、視聴者全員がフルHDよりも4Kの方が臨場感やリアリティ感、精細感等を大きく感じたという結果が出ています。(8K映像は、現在開発が進められている技術です)

 

アイスランドにて2015年9月に撮影

 

 

私はこれを知った時、4Kという素晴らしい技術を通して日本だけでなく、4Kという言葉すら知らない人々にも、インターネットを通して4K映像に触れ、地球の素晴らしさを臨場感と共にも気軽に楽しんでもらいたいと考えました。


そして、先進国に住む私たちにとっても次世代技術を共有すること、それを体験することは、さらなる技術革新のためにも重要ではないかと考えたのです。そこで、撮影した映像は、編集後に動画共有サイト「Youtube」で公開して、4K画質を誰でも楽しめるようにしています。

*Youtubeでは、4K画質を設定、再生が出来ます。

 

グリーンランドにて2015年10月に撮影


 

 

世界中を旅したいと思ったきっかけ

 

2011年、東日本大震災が起きた当時、私はニュージーランドのオークランドで生活をしておりました。そして海外から日本人として日本の被災者のために何か出来ないかと思い、募金活動をしておりました。

 

その時に参加して下さった方の中に、世界一周旅行をしている方がいらっしゃり、世界一周のお話や写真を見せてもらいました。そしてその時、世界の素晴らしい景色、人々の話しを聞き、世界一周に強い憧れを頂きました。

 

その後、約3年間暮らしていたニュージーランドを完全に離れ、宮城県南三陸町で1ヶ月間ボランティア活動をしました。そこで被災者の方々と関わり、生きていられることの素晴らしさを改めて実感しました。

 

そして考えた、自分として生れた、たった一度きりの人生。

夢や理想を実現したいと願う、自分の人生。

 

ウユニ塩湖(ボリビア)にて2016年1月に撮影

 

 

天才や超一流でない自分だからこそ、遠回りをしてでもいろいろな世界を見て、
経験を深め、少しでも理想とする未来に近づけるよう自分が今持っている技術・経験を生かし、誰もやったことが無いことを成し遂げようと考えました。

 

 

 

世界中の今を映像として残す意味

 

世界では武力紛争(テロ・戦争)、自然災害(異常気象・地震)や、都市・観光開発などにより、地球環境・都市環境は日々変化していっています。ひとたび大震災が起きれば、昨日まであった街が街ごと無くなってしまいます。テロや戦争が無くならないのが現実社会です。

 

イピアレス(コロンビア)にて2015年11月に撮影

 

 

自分にも故郷はありますが、私が撮影をした場所が大切な故郷である方々も多くいらっしゃいます。今を映像で残すということは、思い出を残せるということにもつながります。

 

実際に撮影した映像を動画共有サイト「Youtube」に映像を投稿し続けておりますが、私の映像を見て、「大切な思い出の場所を撮影してくれてありがとう」というお礼のコメントも頂きました。

 

メデジン(コロンビア)にて2015年11月撮影

 

 

日々変化している今の世界中の風景を残すということは、今を生きる私たちだけではなく、未来の社会にとっても必要なことだと思います。

 

 

 

地球上の全大陸を撮影する本プロジェクトについて

 

2015年5月7日より、世界の全大陸(南極・北極圏も含む)を500 日間で巡り、
4K解像度(フルハイビジョンの4倍の画質)でビデオ撮影をしながら今の地球の姿を届ける"地球×4K 世界一周500日間「World Theaters」"というプロジェクトを一人で実施してきました。

 

自作で制作したプロジェクトのホームページ

 

2016年3月現在、南極大陸を含む5大陸(北米大陸・南米大陸・南極大陸・ユーラシア大陸・アフリカ大陸*北極圏のグリーンランドでも撮影)を巡り、28カ国・65か所・71本の映像をYoutubeに公開してきました。


・ホームページ :http://world-theaters.com/

・Youtubeチャンネル :https://www.youtube.com/c/WORLDTHEATERS
・Facebook :https://www.facebook.com/worldtheaters/

 

・旅のルート :https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zG4-fXuQA0OM.kPnJCJNkJEtI&usp=sharing
・撮影した写真の一覧 :http://world-theaters.com/photo/

 

 

("World Theaters" 地球×4Kプロジェクト 60秒告知動画)


テレビ番組ではない、個人での撮影・Youtubeへの動画公開ですので、世界中の方々が気軽に"今の地球の姿"を臨場感と共に最新の現地映像をご覧頂けます。

 


【これまでに撮影・公開してきた4K動画の一部を紹介させて頂きます 】

 

(南極大陸 4K動画 *最新動画 )2016年3月撮影


 

(南極大陸 4K動画 *タイムラプス )2016年3月撮影


 

(ウユニ塩湖 4K動画 )2016年1月撮影


 

(マチュピチュ 4K動画 )2015年12月撮影

 

 

(グリーンランド*北極圏 4K動画 )2015年10月撮影


 

(パリ 4K動画 )2015年6月撮影

 

※ビデオ撮影・写真撮影・4K動画編集・ホームページ更新・ブログ更新・今後のルートや観光地、移動方法や宿泊地のリサーチなどを、すべて一人で行っております。
 

そして、次に目指す最終章となるオーストラリア大陸(オセアニア)とアジア圏で撮影を続けるための資金が足りず、どうか皆さまからのご支援・ご協力で、誰も成し遂げていない地球の全大陸を4K画質で撮影し続ける旅を最後まで成し遂げさせてほしいです。

 

 

 

これまでに巡った国・地域(2016年3月現在)は全28カ国

 

(北米)

アメリカ・カナダ


(ヨーロッパ)

イギリス・フランス・スペイン・イタリア・サンマリノ共和国・バチカン市国・クロアチア・モンテネグロ・セルビア・マケドニア
ギリシャ・ノルウェー・アイスランド・デンマーク・ドイツ・オーストリア・ハンガリー・チェコ


(北極圏)
グリーンランド
※グリーンランドには、邦人の年間渡航数が300人程度しかなく、まさに日本人が99.99%行かない秘境の地です。


(アフリカ)

モロッコ


(中東)

トルコ


(南米)

コロンビア・エクアドル・ペルー・ボリビア・アルゼンチン・チリ


(南極)
南極・サウスジョージア島


*一人で三脚を立てビデオ撮影を行いますので、危険と感じる地域・エリアでの撮影は基本的に行っておりません。

 

 

 

感動した世界中の素晴らしい場所

 

【自然 】
・カナダ(カナディアンロッキー)
・モロッコ(サハラ砂漠)
・トルコ(カッパドキア)
・アイスランド
・グリーンランド
・オーストリア(ヴェルフェ)*氷の洞窟/洞窟内撮影禁止のため写真・動画はない
・ボリビア(ワイナポトシ)
・ボリビア(ウユニ塩湖)
・アルゼンチン(エルチャルテン)
・南極


【遺跡 】

・イタリア(ローマ)
・ペルー(マチュピチュ)


【街並み 】
・フランス(モンサンミッシェル)
・スペイン(トレド)
・モンテネグロ(コトル)
・ギリシャ(メテオラ)
・チェコ(プラハ)
・ハンガリー(ブダペスト)
・コロンビア(メデジン)
・エクアドル(クエンカ)
・ペルー(クスコ)

 

・ドイツ(ミニチュアワンダーランド)

 

 

 

今回の旅に出てから感じたこと

 

私は日本に生まれたということで、ビザ等の問題も比較的容易に、世界中を旅することが出来ます。しかし世界中には、今を生きるのが精一杯な方やビザ取得やパスポート取得自体が困難な方々が多くいらっしゃいます。


実際に今回の旅では、シリア難民の方々と船で一緒になり話しを聞いたり、パスポートを持たず(取得が困難なため)EU内を不法に移動している若いパキスタン人の方と長距離列車内で会い、それぞれの現状を聞くことができました。
*日本人はビザ無しでヨーロッパ内を自由に旅出来ますが、例えばタイ国籍の方々でも、ヨーロッパ内のほとんどの国でビザ取得が必要だったりと、国よって他国へ行く際のビザ条件が異なります。


だからこそ、今世界中のどこでも使えるインターネットを通して、世界のどこかに住むどのような人でも、気軽に地球上の風景を楽しんでもらいたいと心から願うようにもなりました。

 

南極にて2016年3月撮影

 

 

 

ご支援の使途用途

 

■25万円
オセアニア大陸(約2カ月間)
・ニュージーランド/オーストラリア 滞在費/移動費用等

■35万円
アジア各国(約4カ月)
・タイ・カンボジア・マレーシア・シンガポール・インドネシア・中国・モンゴル・ミャンマー・バングラディッシュ・ブータン・ネパール・インド・スリランカ*撮影予定国 滞在費/移動費用等

■6万円
・リターン代

 

*現地で知り得た情報(お勧めの撮影場所や物価、移動費など)を優先して、その都度最優先の移動方法で旅を進めていきます。


*希望支援額以上になりましたら、まだ行けていない行けなかったアフリカにある「マダガスカル」や、より多くの国に行くための費用に回させて頂きたく、少しでも多くのご支援を心から願っています。

 

今回の旅では、出国前に調べていた情報以上に世界各所の物価が上昇しており、想定以上の出費が出ているのが現実です。南極に関しても、数年前の最安から1.5倍ほど最安でも値段が上昇しており、今後も上昇が止まらないらしく、宿泊費などに関しても恐ろしいほど世界中で高騰しております。旅を出来るということ自体が、贅沢なことになりつつあるのかもしれません。

 

 

 

プロジェクトの協賛/サポート企業

※資金援助ではございません

 

・コールマンジャパン株式会社(アウトドアブランドメーカー)
・株式会社finetrack(神戸発の国産アウトドアブランドメーカー)
・マンフロット株式会社(イタリアの三脚メーカー)
・日本HP株式会社(パソコンメーカー)
・株式会社モチヅキ(アウトドアブランドを輸入販売する日本正規総代理店)
・The North Face(アウトドアブランドメーカー)

 

 

 

帰国後の取り組み

 

本プロジェクトが終了となる2016年9月18日の帰国後には、日本の47都道府県を今回の旅と同様に撮影しながら巡る、日本版「World Theaters」を考えております。
世界中を撮影し続けた自分だから、日本で生活し続けていたら感じれなかった・気付けなかったような日本の姿も映像として作り上げれるのではないかと思っております。


旅をしていて感じるのは、やっぱり日本が一番素晴らしい国だと感じております。そこで今度は、日本の良さを世界中の人々に知ってほしいと思っております。

*お勧めの撮影場所がございましたら、ぜひ教えてください。
*国内の旅番組も担当しておりましたので、日本の都道府県の8割くらいは行った経験はございます。

 

 

 

最後に!

 

今は純粋に世界中の方々に地球上の風景を見て頂きたいと心から願って映像を制作しています。Youtubeでの広告収入なども一切しておりません。また、日本のテレビ番組や世界各国で制作されている低予算の映像作品に今回撮影した映像も無償提供しております。


この旅で、たくさんの方々に困っている外国人である自分を心から手助けをして下さる方々も非常に多く、自分が受けた恩は必ず日本に帰国後、自分なりの形で精いっぱい返していきたいと思っています。

 

そのためにも、どうか本プロジェクトが無事に最後まで撮影をし続けれるようご協力の程、よろしくお願い致します。決して、贅沢な楽しいだけの旅をしておりません。撮影を最大の目的とし、最初から旅を続けております。

 

どうか皆さまのお力で旅を継続させて下さい。たくさんのご縁を心から願っております。

 

2016年3月30日
World Theaters
溝井 誠

 

 

★★★リターン★★★

ご支援頂きました金額に応じて、以下のリターンをお送りさせて頂きます。

 

★ホームぺージのサポートメンバーにお名前を入れさせて頂きます。

 

★ここまで旅をしてきた、北米・ヨーロッパ・アフリカ・南米・南極旅の絶景写真をサンクスメールと共に5点お送り致します。

 

★クラウドファンディング終了後に、Youtubeに毎回投稿する映像の説明欄に、ご支援者様のお名前を明記します。

 

★オセアニアもしくはアジアの国から一度、直筆のポストカードをお送り致します。

 

★オセアニア大陸の国からお土産(小)を一度お送りします。

 

★旅が終了するまで毎月一度、近況報告と共に絶景写真5点(PC壁紙サイズ・携帯サイズ)をメールでお送りします。

 

★プロジェクトを実施する国からお土産(中)を二度お送りします。

 

★帰国後、世界の絶景オリジナルDVD(4K対応予定)を受け取る権利

(DVDのエンドロールにお名前もお入れ致します)

(2016年12月頃 完成予定)

 

★帰国後、オリジナル世界の絶景フォトブック(写真集)を受け取る権利

(2016年12月頃 完成予定)

 

★2017年度版のオリジナル卓上世界の絶景カレンダーを受け取る権利

(2016年12月頃 完成予定)

 

★帰国後、規模・場所関係なく、旅で撮影した写真・映像の個展もしくは旅のお話(講演など)を最大3日間まで実行者へ依頼できる権利を発行致します。

(日本国内限定、交通費は当方で負担します)

(時期や講演の内容に関しては要相談)

(2016年12月以降、一年間有効)

 

企業様向けリターン

★HPに企業スポンサーとして紹介させて頂きます。

 

★今回の旅で撮影した映像や写真を無償にてご利用頂ける権利を発行。

(クレジットの必要なし)

(映像に関しては、Youtubeからのご利用、写真に関しては写真一覧(http://world-theaters.com/photo)より、ご利用をお願い致します)

 

★帰国後、もしくは旅中に貴社様の希望される映像(商品紹介や企業紹介映像など)を制作依頼できる権利を発行。

(ご支援前に、ご希望する内容をお知らせください。内容によっては制作が困難な場合もございます)

(2016年4月以降、一年間有効)

 

★その他、ご希望される内容がございましたら、お知らせください。


最新の新着情報