プロジェクト概要

 

ご支援いただいた皆さまへ

 

皆さまからのあたたかいご支援のおかげで、無事、第一目標の35万円を達成することができました!!本当にありがとうございます。

 

これまでの期間を通して、ADLという団体がたくさんの方々から愛され、そして、たくさんの方々によって支えられていることを改めて実感いたしました。だからこそ、支えてくださった方々に「支援してよかった」と心から思っていただけるような、素晴らしい公演を作りたいという気持ちが、より一層強くなりました。

本文でも触れているように、12月の公演の開催には、とてもたくさんの費用がかかります。毎年約1,000万円もの費用をかけて、やっと公演が行えます。

 

今回、約2週間を残しての目標達成であること、また、来年から施設費が増額するため今年から資金の準備が必要であること、また周りの方々から「もっといけるよ!」「頑張れ!」とのあたたかい声をいただいたことから、ネクストゴールとして50万円を設定することにいたしました!

この金額は、ADLの練習施設の借用費に充てさせていただきたいと考えております。皆さまからのご支援により、私たちは練習時間をより多く確保することができます。

 

皆さまからの応援や期待に応えられるよう、メンバー全員のダンスのレベルをさらに引き上げ、クオリティの高い公演をお届けしたいと考えています。


プロジェクト終了日の6月29日(金)まで、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします!!

 

 

2018年6月15日 青山学院大学ダンスサークルADL メンバー 一同

 

 

年に一度きりの集大成のダンス公演。全員で最高の舞台を作り上げたい!

 

はじめまして、青山学院大学のダンスサークルADLです。

 

私たちは、青山学院大学の青山キャンパスを拠点とした、300人規模のダンスサークルです。

 

本年度は38代~40代が主体となり活動しており、主に「hip-hop」、「lock」、「wack」、「girls」、「jazz」、「free-style」、「house」など、特定のジャンルにこだわらず、イベントごとに様々なダンスを披露しています。

 

年間の主な活動は、4月に新入生歓迎イベント、6月に春パーティ、7月に玉見山祭、8月にgarden、11月に青山学院大学の学園祭、そして12月には私たちが最も力を入れてのぞむ公演があります。公演の練習が始まると、練習量が増えて指導が厳しくなりますが、この辛い時期を仲間と一緒に乗り越えるからこそ、最高の公演が完成するのだと感じています。

 

 

今回のプロジェクトでは、サークル活動の集大成とも言える12月の公演を最高の形に作り上げるため、公演で使用する衣装を新しく手作りで制作します!

 

ADLの公演は、毎年多くのお客様にご来場いただく関係で、約1年前の時点で使用する公演会場を抑えておく必要があります。そのため、私たちは、来年度の公演のための資金も本年度中に用意することが必要です。

 

本年度は、毎年公演で使わせていただいている会場が来年度から使えなくなる関係で、後輩のために例年よりも多く資金を用意することが必要です。練習施設費、会場費、照明費、映像費、演出費などで莫大な資金が必要な中、衣装に割ける資金は限られてきています。

 

しかし、衣装は公演全体の印象を大きく左右するほど、大事な役割です。そこで今回は、皆さまからご支援を募り、少しでも美しい衣装を用意し、公演全体のクオリティを上げたいと考えました。

 

普段から私たちを支えてくださる方々、そして、当日ご来場くださる方々のために、最高の公演を作り上げたいと思っております!

 

どうか、皆さまからの温かいご支援・応援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

昨年の来場者3,300人。12月の自主公演は、学生だけで一から作り上げます。

 

12月に行われる公演は、執行代である3年生の引退公演であり、学年問わずサークルメンバー全員の1年間の集大成でもあります。そのため、サークルとして年間を通して最も力を入れている行事です。今年で38回目を迎える伝統あるこの行事を、私たちはとても大切にしています。

 

 

昨年12月に行われた公演「Dear」では、親子の絆や愛情を軸にしたストーリーを表現しました。約3,300人以上ものお客様が来場され、「このクオリティで無料はすごい!」「ダンスのレベルも高いしストーリーも分かりやすくてよかった!」など、嬉しいご感想をたくさんいただきました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

集大成の公演だからこそ、自分たちの手で最高の舞台を作り上げたい。

 

12月の公演は、ストーリー・キャスト・衣装・振り付けなど、すべてを自分たちで作り上げます。練習自体が始まるのは夏ですが、執行代である3年生は1月から何度も打ち合わせを重ね、ストーリーを中心に公演の詳細を決めていきます。

 

公演において、衣装はパフォーマンス全体の印象を左右するほどに、重要な役割です。ストーリーの展開・雰囲気・曲・振付に合うベストな衣装を用意するには、既製品ではなく、自分たちで試行錯誤して作り上げる必要があると考えています。

 

ADL代表、副代表からのメッセージ

 

ADL代表 高田厳三朗

私たちADLの自主公演は大学3年生が中心となり約300日間かけて一から作り上げます。代々続く最も大切な伝統であり、ありがたいことに毎年たくさんのお客さんが来てくださいます。日頃伝えられない感謝など、人生において大事なことを学生なりに考えダンスを通して伝えます。しかし、会場の問題などの主に経済的な面で私たちだけでは負担しきれない問題が発生してしまいました。そこで大変恐縮ですが、学生生活の全てを注ぐこの公演を成功させる為に、皆様のご支援をこの費用に充てさせて頂きたいです。ご支援の気持ちに応えるべく、さらなる努力を重ねて公演を作り上げる所存です。ぜひご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

ADL副代表 山直彩香

私たちにとってADL公演とは、守りたい伝統であり、大学生活の集大成であり、そして何より大好きなダンスを通じて想いを届ける、他には代えがたい大切な機会です。この公演を観てくださった方々になにか心に残るようなメッセージを、また日頃から支えてきてくれた周りの人たちに感謝の気持ちを届けたいという想いを込めて作っています。来年の本番会場の都合等によって、例年よりも費用がさけない状況の中、大学生で負担できる額には限りがあります。どうか皆さまのありがたいご支援を私たちの目指す公演を実現させるために使わせていただきたいです。ご支援の気持ちに応えられるよう、努力を重ねてまいりますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

 

皆さまからのご支援で、衣装をさらに美しく作り上げます!

 

今回のプロジェクトでは、皆さまからのご協力で、12月の公演をよりクオリティの高い内容に作り上げます。皆さまからいただいたご支援は、衣装費として大切に活用させていただく予定です。

 

衣装は、布や装飾品などの材料を買いそろえ、作品の雰囲気に合った美しい衣装を作りあげたいと思います!しかし、現状は資金不足により、安価な布と装飾品で、シンプルなデザインの衣装で作らざるを得ない状況です。

 

 

このように、装飾の有無やデザインによって衣装の見栄えは大きく変わります。そして、衣装による演出は公演の成功に不可欠です。私たちは、自分たちの手で丁寧に作った美しい衣装でダンスを披露し、皆さまに公演を楽しんでいただきたいのです。

 

【公演概要】

公演名:ADL38代公演

会場:戸田市文化会館

日程:2018年12月21日,22日

お問い合わせ:adl38croud@gmail.com

 

 

 

一瞬で目を奪われる公演に!ご支援よろしくお願いいたします!

 

皆さまからのご支援で、最高の公演を作り上げ、お越しいただいた皆様に心から感動していただきたいです!

 

出演する私たち、公演に足を運んでくださるくださるお客様にも、そして、何より今回ご支援してくださる皆さまにも、心からご満足していただけるような素敵な公演を作るため、全身全霊で準備に取り組みます。

 

年に一度の集大成である公演を素晴らしいものにするために、皆さまの力を貸して頂けないでしょうか。どうか、温かいご支援・応援をよろしくお願いいたします!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

リターン紹介​

 

今回ご支援してくださる皆さまに、感謝の気持ちを込めて、特別なリターンをご用意させていただきました!


●サンクスレター

 

●パンフレットまたはエンドロールに名前記載(個人・企業問わず)

 

●公演Tシャツ

 

●公演本番のDVD

 

●招待席1席(各公演 限定20席)

 

●宣伝CM(企業様向け)

※広告を開演前に会場スクリーンに放映いたします。(1分以内)

 

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)