プロジェクト概要

 

〜ネクストゴールとして85万円を設定させて頂きました〜

 

この度、皆さまの温かいご支援・応援により、目標金額の62万円を達成する事ができました!私、内藤俊輔を始めとし、AYINAメンバー、そして現地パートナーのジコからも心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。

 

40日近くを残しての達成だったこともあることと、達成後もご支援・応援頂く方の事も考えまして、具体的な使用方法もお伝えした上で、ネクストゴール85万円に挑戦させて頂くこととなりました。

 

追加のご支援の使用用途は以下の通りになります。

◇1台の予定だったクウラーボックスを2台にし、生産性と軽トラックでの販売距離を伸ばす

◇パッケージ容器を少数量でオーダーし、販売後の利益で追加注文の予定だったところを、少し多めにオーダーすることで、1個あたりの経費を下げる

◇生産に使う機材などは全て必要な分だけで計算していたが、万が一壊れた際の修理費・再購入費として利用

 

大きくはこの3つの条件をクリアする為に、ネクストゴールを設定させて頂きました。

 

12月15日(金)午後11:00まで、引き続き私たちのヨーグルトプロジェクトの挑戦を続けさせて頂きたく思います。どうぞ最後まで、温かいご支援・応援のほど宜しくお願い致します。(2017年11月6日追記)

 

人生を賭けて挑戦する「アフリカ人によるアフリカ発展(Africa by African)」

 

初めまして、内藤俊輔です。中学の時に父を癌で亡くし、その頃から「人生を賭けて挑戦する何か」を探し続けます。そして、アフリカで起きている問題が、我々のような先進国とされる国も原因なっているという事を知り、アフリカでの活動を決意します。2013年から青年海外協力隊でルワンダという国で2年間活動をしました。しかしそこで気づいたのは、「アフリカ人の求めていない発展」の事実がありました。国は発展をしているのに実際に豊かになっているのはごく一部と海外の人達。

 

そこでアフリカ人が豊かになるには、本気のアフリカ人が主体となってやっていく必要性を見出しました。それからは「アフリカ人によるアフリカ発展(Africa by African)」と「アフリカと日本を繋ぐ活動」をNPO法人AYINAと会社を通じて、現地人達と実現に向けて奮闘しております。

 

そして今回新たな試みとして、本気で国を変えたいベナン人とヨーグルト生産・販売で、ベナンの貧困の原因にもなっている「現地生産力と雇用レベル」の解決に挑みます!その費用として62万円が必要です。皆様の温かいご支援・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
3年前に出会った現在のパートナーゾマホン(現会社&NPOの代表)

 

多くのアフリカ後進国の課題1つ目、現地生産力の低さ

 

最近ではアフリカも南アフリカ、ケニア、ナイジェリアなど、日本人でも知るくらいに発展してきている国が増えてきています。しかし多くの国はまだまだ後進国という状況です。私が現在メインで活動しているベナン共和国もその国の1つで、特に大きな問題として挙げられるのが「現地生産力」の低さです。


現地生産力の低さとは、現地で生産出来る資源があるのにも関わらず、大きな市場に出回っているのは、周辺国や海外からの輸入品ばかりである事。これはグローバル化が一気に加速した事により、本気の現地人が挑戦出来ない程に外国からの「ヒトモノカネ」が流れてくるからでした。

 

よって、現地のフレッシュな野菜や果物などが、海外からの輸入品に市場を支配され、小さい市場で低価格で販売するしかない状況などが生まれてしまっています。今回のプロジェクトで行うヨーグルトも同様の状況です。しかもヨーグルトはベナン人が大好きで、栄養価も高い為、毎日のように食べている人も多い食べ物なのです。

 

大型スーパーに並ぶのは海外からの輸入品ばかり。

 

多くのアフリカ後進国の課題2つ目、雇用レベルの低さ


そして次に挙げられるのが「雇用レベル」の低さです。雇用レベルの低さですが、大学に行けないような状況の人達はおろか、大学を出て、やる気もスキルもあるような現地人ですら、雇用のチャンスに恵まれない現実があります。そして雇用されたとしても、永遠に同じ作業の繰り返しであったり、給与が上がらなかったり、長時間労働を強いられたりと、雇用者と経営者との間に大きな差が生まれてしまっているのです。

 

当団体のベナン側ボランティアスタッフ。彼らも優秀な学生ですが、仕事が無いケースが少なくない。


このプロジェクトを立ち上げる前から、様々な活動を共にしてきた現地人パートナーのジコは、ベナン最大手のヨーグルト工場で働いておりました。しかしそこでは朝から晩まで休憩もなく働き、経営陣の扱いも酷く、最終的には経営陣同士で利益の取り合いが起き、空中分解をし潰れてしまったそうです。

 

その後もなんとか別のヨーグルト工場で働くも、同様の扱いを受け、その会社を辞めて人生を賭けてこの現状を解決したいという事を私に相談してきたのをきっかけに、このプロジェクトを立ち上げる決意をしました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
真ん中がヨーグルトプロジェクトの現地パートナーのジコ。

 

皆様から頂いたご支援で、ヨーグルト生産・販売をスタートします

 

今回のプロジェクトでは、皆さんからご支援を頂きまして、ヨーグルト生産・販売に必要な初期コストを補わせて頂ければと考えております。

 

【支援希望額62万円内訳】

ヨーグルト生産に必要な初期コスト:300,000円

ヨーグルト販売に必要な初期コスト:215,000円

その他諸経費(手数料等):105,000円

少しでもコストを抑える為に、発起人である現地人パートナーの両親の空き部屋を改造し、そこを最初のヨーグルト工場とします。本来であれば数百万円をかけて機械も導入するのですが、彼は10年近くヨーグルトの生産に関わっているので、最低限の機材で美味しいヨーグルトを作る技術を持っています。(既に友人の施設を使って仮生産をし、実証済み)

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
少ない設備投資で済む分、テクニックと経験が無いと生産が難しい。


また販売方法は、店舗を持つとコストがかさんでしまう為、スーパーマーケットへの営業活動をすると同時に、昨年我々が日本から持ち込んだ「軽トラック」に積んで、お客さんが時間帯に合わせて1番お客さん集まる場所に販売に行く予定です。日本の軽トラックはベナンでは殆ど無く、普通に走っているだけでも珍しがられるので、これで販売をする事でお客さんの購入意欲も上がると考えています。


残念ながらこの軽トラックは現在故障しており、修理が必要です。そこで、ご支援頂いたお金でこちらの修理と、販売用にトラックをデコレーションなどをする為に使わせて頂きたいと思っております。

 

日本から持ってきた軽トラック。

 

「アフリカ人によるアフリカ発展(Africa by African)」の成功事例を作り、これを先駆けに本当のベナンの発展を実現したい。

 

今回のプロジェクトを通して、先述した「現地生産力」と「雇用レベル」の向上に励みたいと考えています。

 

現地で生産された美味しいヨーグルトを、輸入品で溢れてしまっている大型スーパーマーケットにも置いてもらえるような力をつけ、雇う予定のスタッフにも、家族や友人と過ごす為の時間や休日を確保出来るような労働環境をと作り、トレーニングや成績に応じてポジションをあげるような仕組みを取り入れ、「ここで働けて良かった」と従業員から感じてもらえるような成果を挙げたいと考えております。

 

またこの成功事例を先駆けに、他の本気の現地人が同様の挑戦をする際のサポートもしていければと考えています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
試作で作ったヨーグルト。日本人が食べても美味しいレベルでした。

 

現地人パートナー・ジコから皆さんへ向けて

 

初めまして、ジコと言います。私は長い間、ヨーグルト業界に携わってきて気づいたことが、ベナンには資源もあり、人材もいるのにも関わらず、「現地生産力」と「雇用レベル」の低さによって、ベナンの経済は発展したとしても、それが国民の末端まで豊かにならない場面をなんども見てきました。

 

今回の挑戦は、決してヨーグルトビジネスという意味だけではなく、ベナンの大きな問題解決の糸口になればと思っています。皆様から頂くご支援は、必ずこの挑戦を成功させる為に使わせて頂きたいと思います。宜しくお願いします。

 

ヨーグルトプロジェクトのパートナー・ジコとベナンにて。

 

 

支援者の方には感謝と決意の動画&ベナン産の商品をお届け致します!

 

ご支援頂いた方には、現地人パートナーからの感謝と決意の動画を送らせて頂きます!この動画は限定公開でお送りしますが、私的利用等(ブログやSNSへの掲載)も可能です。

 

10,000円ご支援頂いた方には、ベナン人の作ったオリジナル皮財布をプレゼントさせて頂きます。

 

ベナン人アーティストが手作りで作っている財布。

 

30,000円以上の支援者の方には、ベナンで活動中シェリーココからオリジナル商品(数量限定)をお届け致します!

 

そして30,000円、50,000円の支援を頂いた方には、現地人パートナーからの感謝と決意の動画や工場にご支援者のお名前をご提示に加え、すでにReadyforにて2回クラウドファンディングを成功させており、同じくベナンで活動中のシェリーココの皆さんから特別にオリジナル商品を数量限定で提供してくれることとなりました!

 

現地の人達と共にアフリカ布の浴衣・雑貨を制作しているシェリーココ。

シェリーココ公式HP

 

シェリーココが過去に実施したクラウドファンディングはこちら

【ベナン初の浴衣工房~女性が輝くアフリカ布のものづくりを~アフリカ】

 

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)