プロジェクト概要

私たちアイガモの谷口は兵庫県新温泉町において、その名の通り合鴨農法など、自然に優しい農法で作ったお米を作っております。生産効率は決して良くありませんが、自然を傷つけることなく、大地の恵みをたっぷり受けたお米や大豆などの農作物を生産しております。しかし現状、お米の貯蔵のための冷蔵庫は火力発電などのあまり自然に優しくないエネルギーから作られた電力を使っており、電力コストも決して低くありません。

どうせなら、徹底的に自然に優しい農業を貫きたい!そのために今回、お米を保存する冷蔵庫の上にソーラーパネルを設置したいと思っています。皆様どうかご支援いただければ幸いです!

 

親や子供、孫と共に26年。今までもこれからも「おいしく食べて、健康に」

 

はじめまして、谷口正友と申します。兵庫県但馬地域で育ち、父から自然循環農法について学びました。交通事故で右腕を失った父の右腕として、兄弟と共に家族全員で、自然の摂理にかなう環境にやさしい農業を目指してきました。

 

私たちは、農事組合法人アイガモの谷口という会社を経営しております。25年ほど前から、安心安全に主食であるお米を食べられるように、そして子供や孫、ひ孫たちにこの自然環境を残していきたいと強く思い、アイガモ農法でのお米の生産をスタートしました。モットーは「おいしく食べて、健康に!」安心安全なお米やお肉を欲しいと全国から注文を頂き、今では多くのファンの方に支えられております。

 

年間を通してお米・アイガモ・飼料米・大豆・白ネギ・大豆・ピーマンなどの農産物を生産し、それらを加工して販売しております。主力商品は「谷口のアイガモ米」「但馬鴨の鴨鍋セット」です!

 

生産効率が決して良くないけれど、だれにも作れない米を作り続けてきていると自負しております。たくさんの愛情と手間暇かけ、お米やアイガモを育てています。将来にも農業を続けていくためにこれからも努力したいと思います。

 

アイガモの谷口の社員です。家族みんなで頑張りながら農業をしています。

 

太陽のエネルギーを農業に!
私たちの目指す農業の実現に向かって

 

私たち谷口家の家訓の1つに「あいよりはじめのもとにかえる」という言葉があります。難しい言葉でありますが、私たちは、自然界が師匠と考えています。すべてのものが、「もとにかえる」こと。すなわち自然循環をし続けることが、大切であると教えていただいています。

 

自然界には本来、除草剤、殺虫剤、殺菌剤、化学肥料は存在ないものです。農薬のおかげで、農業の生産性は上がりました。しかし環境に対しては、大きな負荷を与えていると思います。私たちは昔から長く続いた農業が、本来持つ意味で継続可能な農業だと考えています。
 

そのため、私たちは捨てるもののない農業の実践(鴨の糞の利用や、野菜くずを餌として利用)を通し、昔の土・環境に戻していきたいと思っております。単にアイガモを利用するだけでなく、発酵資材、木酢液、酢などの自然資材の利用をしています。現在、お米、大豆、ねぎ、少量野菜で、無農薬栽培を実践しており、新たな品目を増やす努力も並行して行なっております。

 

自然が相手の農業はとても手間がかかり、無農薬で栽培することは決して簡単ではありません。アイガモが、獣に襲われたりした事もあり、心が折れそうなことも沢山ありましたが、家族みんなで、一つ一つ課題を克服しながら頑張っています。

 

しかし、丹精込めて作ったお米をいつでもおいしく食べていただくためには、年間を通じて米を大事に保管しなくてはいけません。夏場には気温も高くなり、どうしてもお米の品質が落ちやすくなります。それを防ぐための冷蔵のための電気代も、かなりのコストとなっています。

 

そのため、私たちはコスト削減するためにも冷蔵庫の熱効率の改善と電気代の削減したいと考えました。加えて、この電気代のエネルギー源は化石燃料であったり、原子力発電であり、自然に優しい農業を目指す私たちの方針とは合わない部分があるため、太陽光発電を活用し、とことん環境負荷を小さくした農業をしていきたいと思っておりました。

 

実は、これまでもソーラーパネルの設置は行なってきましたが初期投資が大きいため、どうしても少しずつ、ということでなかなか電力コストを賄うだけの大きなものが設置できていませんでした。今回はこのクラウドファンディングで、とことん自然に優しい農業を実現したいと思っております。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
毎年5月中旬になると、合鴨のヒナを田んぼに放ちます

 

皆様頂いたご支援で、太陽光エネルギーで発電!

自然のエネルギーでできたお米を年中おいしくお届けできます


一方で、太陽光発電はパネル設置における初期投資が大きく、現在の私どもの経営状況ではなかなか資金を全て出すことができません。

 

そのため、今回のクラウドファンディングにおいて皆様からご支援をいただき、大切に育てたお米や鴨肉を保存のためのコンテナ冷凍庫、冷蔵庫の屋根にソーラーパネルを設置するための費用を集めたいと思っております。

 

■今回のプロジェクトで行うこと
約19Kwのソーラパネル(84枚)をコンテナ冷蔵庫・冷凍庫計3台の上に設置します。パネル架台の組み立て、パネルの設置まで、自分たちが設置します。現在は架台部分まで建設済みですが、設置にかかわる費用予算額は合計で450万円です。1月よりパネルの設置を行い5月に売電開始予定です。自分たちで、設置可能な部分を行うことで、総事業費の負担軽減を行い、費用対効果を上げるように努めています。

 

■ソーラーパネルを設置することによる効果

コンテナ冷蔵庫冷凍庫の電気代を太陽エネルギーで補い、屋根となることで夏場の電気代を抑えることができるようになります。コンテナ冷蔵庫の上にソーラーパネル設置することで、冷蔵庫に直射日光を遮る事が出来ることにより、約5パーセントの熱効率の向上を見込んでいます。現在年間約70万円のうち光熱費を約35,000円削減する事が出来ます。

 

また売電による収益が、年間約50万円の見込みがあり、20年間での売電金額も約1,000万円見込まれます。建設費を考えた損益計算においても20年後には約500万円となり1年で25万円電気代に使用できる計算になり、必要な33%の電気代を、売電により捻出することができるようになります。結果として約40%近くの節約と代替エネルギーに取り組むことができるのです。

 

総事業費450万円の100万円をこのプロジェクトで捻出し、残りは金融機関等のご協力を得て取り組む予定になっております。

 

冷蔵庫の上にソーラーパネルを設置します!

 

自分たちの田んぼだけでなく、町全体で再生可能エネルギーを


今回のソーラーパネルの設置は通過点であり、このプロジェクトでソーラーパネルを設置した後も、アイガモの谷口では、私たちの田んぼがある新温泉町の地形を生かした再生可能エネルギーを利用したいと考えており、農地でのソーラーシェアリング、小型風力発電、小水力発電等を計画中です(まだ一部は思案段階ですが)。

 

現在新温泉町では、日本一の規模の風力発電を建設する予定です。新温泉町も再生可能エネルギー利用を推進しております。地域一体となり、再生可能エネルギーで、町づくりができればと考えています。
 

作業場にみんなで自転車で向かっています。

 

私たちのできることは、小さいことかもしれませんが、未来の子供たちのために1つずつ取り組んでいきます。農業で、環境を守り、食を提供し、人を育てたいと思います。自然循環を大切にし、農薬や化学肥料に頼ることなく、自然の摂理を利用した農業を営んでいきます。
 

多くの皆様にご理解とご支援を頂き、若い人たちとともに働くことで、田舎の農地を守る人材を育てたいと思います。今回のプロジェクトは、私たちの多くの方に知っていただき、将来にわたって、より多くのファンが増えていただくためのチャレンジです。

皆さまどうぞご支援よろしくお願いいたします!

 

クラウドファンディングも頑張ります!

 

アイガモの谷口のオリジナル商品を産地直送の限定品をお送りします!

 

今回、アイガモの谷口の田植イベント・稲刈りイベントの無料参加権を、お届けいたします。(イベントの通常参加費は、おひとり3,000円です。)各イベントでは、田植・稲刈りの体験の他、鴨肉のバーベキューなどのお楽しみ昼食がついてきます。

 


お土産も用意しております。また谷口のファミリーと楽しく交流もできます。なお春の田植イベントの際に完成報告会も同時に開催いたしたいと考えています。


自然循環を生かした農業で生産した無農薬のお米、野菜など但馬鴨肉製品は谷口オリジナルの鴨肉です。あいがもの谷口のホームページのお米や鴨肉製品を金額に応じて商品券をお届けいたします。お米は、無農薬の無化学肥料栽培の『谷口のアイガモ米』一粒一粒がしっかりとしてお米の持つエネルギーに満ち溢れた自慢のお米です。
アイガモ肉は、『アイガモの谷口の但馬鴨』として商標登録され、餌も自家生産飼料米をはじめこだわりの餌で育てた、『但馬鴨肉』です。甘みがあり、だしが抜群のうまさで、お野菜と併せ、とってもおいしく頂けると大評判の鴨鍋セットをクール便でお送りいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd



最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)