今回は、2014年あかりオブジェ公開制作の参加作家の滞在の様子をお伝えします。

 

2014年度の作家の皆さんの滞在先は、まちなかのメンバーから提供されたアパートでした。

 

しかし生活道具一切は持ち込まなければなりませんでしたので、その調達や搬入搬出作業が大変でした。

 

共同生活は合宿生活でそれなりに楽しいものではありますが、やはり主催側にも作家側にも過度な負担をかけない資金運営が必要です。

 

 

 

 

 

参加作家の尾崎氏は釣りキチなので、彫刻を彫るより高鍋の海辺で釣りをすることのほうが楽しみのようでした。

 

毎朝、釣りに出かけていたようです。

 


 

唐木戸陶苑では、みんなでピザを焼いて楽しく過ごしました。

 

彫刻家は料理上手が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕食は、今回もたかなべギョーザさんで、美味しいまかない料理を提供していただきました。

 

 

 

新着情報一覧へ