プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

「あきらめなければ、夢は叶う!」
と子どもたちへ伝えたい。

 

はじめまして、曙川小学校で教員をしております山野元気と申します!本校は、平成28年度に経済産業省資源エネルギー庁主催の「エネルギー教育モデル校」に認定され、今年で3年目を迎えました。その取り組みの一環として、子どもたちが遊びを通して自然との共生を学ぶきっかけにするために、3ヶ月かけて教員たちが花壇を改造して、体験型エコビオトープ(池)をつくりました。 


子どもたちは、「池なんて、ホンマにできるん?」と半信半疑でしたが、あきらめずに工事を続けたことで、無事に完成しました。池の大きさは他校よりも小規模ですが、ただ見るだけのビオトープではなく、子どもたちも遊ぶことができます。そして、「ホンマに池ができた!すごい!」と彼らに喜んでもらうこともできました。


そして、最近になって「曙川小学校にホタルを呼びたい」という声が上がり始めました。もちろん「さすがにホタルは無理やろ」という意見もありました。しかし、教員たちは「あきらめなければ、夢は叶うんだ!」ということを子どもたちに伝えたいと思っています。是非とも本プロジェクトを通して、夢を叶える努力を続けられる子どもたちを育てていきたいと考えています。

 

そこで、今回は曙川小学校の池をホタルが住み着けるように改良するための費用をクラウドファンディングで集めたいと考えています。ご支援ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

 

ソーラーパネルや手回し発電でプロペラを回して遊べる体験型ビオトープをつくりました!

 

 

「次はホタルだ!」
~全国1位になった小学生の挑戦~


私たちはエコな池を実現させるために、LION株式会社様提供の雨水活用のアイデアを募集する「雨活コンクール」の賞品が雨水タンクと知り、その獲得を目指して、4・5年生が挑戦しました。「さすがに1位は無理やろ」と言う子もたくさんいましたが、彼らは「池ができたんやから、がんばったらできる!」と信じて努力した結果、見事に全国1位の団体奨励賞を受賞し、雨水タンクをもらうことができたのです!

 

そして、今回は「池にホタルを呼びたい!」と子どもたちが考え、池の拡張工事を企画しました。ただ、相変わらず「ホタルは無理やろ」とネガティブな子もいます。しかし、「あきらめずに努力したから、今まで夢が叶ってきた。だから、今回もあきらめたくない!」と自信を持ち始める子がたくさん増えました。

 

そこで、今回は努力だけでは超えられない「費用」という壁を突破するため、クラウドファンディングに挑戦したいと曙川小学校は立ち上がりました!

 

雨水タンクの水は『ししおどし』を通って池に注がれます。

 

 

「ホタルが暮らす池の実現へ」
~拡張工事で池に流れを~

 

今回のプロジェクトでは、皆様のご支援により、曙川小学校にある池に水流を作り、ホタルが住まう池として整備します。そこで、ホタルに詳しい専門家の方にお力を貸していただき、より良い環境づくりを目指していきます。また、ホタルが成育するためには、まずは以下のことを行う必要があります。

 

①エサとなるカワニナを飼育する
②酸素量が十分な流れのある水域を用意する
③水辺に植物が茂っている状態をつくる

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
二つの池をパイプでつなぎ、水を循環させます。

 

ビオトープを大きくするために、隣の花壇を池に拡張する工事を5月から始める予定で、完成後にはカワニナとホタルの幼虫を放し、再来年の5月にホタル観察ができるようになります。現在の池はコンクリートで囲まれており、ホタルが成育できる環境ではありません。そのため、8月末の完成を目処に給水タンクと花壇、池をつなぐ工事を行い、自然に近い環境でホタルの成育を目指します!
 

キンモクセイが池のほとりで香ります。

 

 

未来を切り拓くチャレンジ!
新たな学びを喜びへ!

 

今回のプロジェクトを通して、子どもたちが自然と共生する大切さに気付き、環境教育により一層興味を持ち、彼らの「やってみたい」「叶えてみたい」という夢や好奇心を育てたいと考えています。

 

「主体的・対話的で深い学び」が必要とされる現在の教育現場において、今回のような経験を通して、子どもたち自身が感じて学び合う活動は、実感の伴った理解につながります。そして、新たな学びは喜びへ変わり、わくわくする驚きは子どもたちの心を育てます。

 

このプロジェクトを通して、これからも曙川小学校の子どもたちが活き活きする時間をつくっていきたいと考えておりますので、是非ご支援よろしくお願いいたします。

 

※資金使途

・透明アクリルパイプ・ポンプ購入費:¥80,000

・ホタル・カワニナ・植物購入費:¥20,000

・屋根やカメ脱走防止用の木材購入費:¥50,000

・ビオトープ工事費:¥300,000

 

ご支援はホタルを呼ぶために必要な資金の一部に充てさせていただきます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
あきらめず未来を切り拓きチャレンジする子どもたちを育てます!

 

同プロジェクトは、日本教育新聞社「学校応援プロジェクト」が、日本ファンドレイジング協会の助言を受けて開始した「クラウドファンディングへのチャレンジ」に応募されたものです。曙川小学校のチャレンジの様子は、『日本教育新聞』紙面を通じて、紹介されます。今後もさまざまな学校のチャレンジをかなえるために、お手伝いさせていただきます。詳しくは、学校応援プロジェクトのHPをご覧いただき、ご興味があればお気軽にお問い合わせ下さい。