プロジェクト概要

初期目標を達成しました! ネクストゴールがんばります!

イヤーマフをつけて登る

多くの方々のお力添えにより、2日間で、第一目標を達成することができました。

 

心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございます!

 

たくさんの応援のお声を力に、ここから残りの期間7月26日(金)23:00まで、

 

ネクストゴール100万円 を目指して行きたいと思います。

【内訳:当初の目標金額(50万円)+残りの不足分約(50万円)】

 

応援・ご支援くださったみなさま、よろしければ、多くの方に拡散をお願いします。

引き続き応援よろしくお願いします。

 

2019年6月8日

NPO法人アラジンクライミング 小川弘資

 

▼自己紹介 だれもが登れるインクルーシブなクライミングジム

 

  横浜市・鶴見区のスポーツクライミングの普及を目的としたNPO法人アラジンクライミングです。

“すべての人がクライミングを楽しめるようにしたい”という考えから、障がい児・者、子ども、家族づれ、高齢者など だれもが登れるインクルーシブなクライミングジム を運営しています。

 

活動拠点 クライミングジム アラジン URL:

http://www7a.biglobe.ne.jp/aladdinclimbing/climbinggym.html

 

インクルーシブとは…

社会のいたるところで、障がいのある人とない人が分け隔てられず、共に過ごすこと。誰も排除されない社会である。

義足のクライミングシューズで登るクライマー

 

クライミングは、ルールは簡単で、単純に登るだけ!登り方に正解はなく、どんな登り方でもいいんです。また、人と競争するものでもありません。そういうところが、障がい児・者の余暇活動として、ぴったり。生涯にわたってクライミングを趣味として楽しめるような余暇支援をめざしています。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

障がい(ハンディキャップ)があっても、クライミングしたい!

夏でも登れるようにエアコンが必要です。

 

 わたしたちは、障がい児者が一般利用者と同じ時間同じ場所でクライミングをすることができるクライミングジムを運営して来ました。

 当ジムでは、走り回ったり大きな声を出したりするなど、特性のある方が一緒に登っていますが、他の利用者からは一度も苦情が出たことはありません。多くの障がい当事者とそのご家族などと共に努力を続け、分けないのが当たり前という環境を作ってきた成果だと思います。

 

 団体を立ち上げた頃は、夏も今ほど気温が高くなく、朝や夕方は登れる気温でした。プールを設置して、暑い夏もなんとかクライミングを楽しめるように努力をしてきました。しかし、近年の異常高温により、限界です!

 

夏はプールやカキ氷で熱中症対策をしています。

 

 大人はがまんしたり、身体を冷やす工夫をしたりすることができますが、子どもや高齢者、障がいのある人は、暑さが苦手な方が多いです。

 本当は、このプロジェクトの結果を待ちたかったのですが、エアコン工事の空き状況とエアコン本体の在庫不足から、業者さんに「ただちに工事に入らないと次は10月になる」と言われました。絶対に必要なものだから、入れないわけにはいきません!みなさんからご支援をいただけることに賭けて、エアコンの早めの導入を決断しました!

 

 しかし、小規模なNPO法人であるため金銭的な体力がありません。インクルーシブなクライミングジムを維持していくために、ぜひ、みなさまのお力をお借りしたいと思います。

 エアコン購入・設置費用のご支援をお願いします!

 

※障がい児者の利用状況:障がい児者クライミングスクール利用者だけで延べ212人。その他に、一般利用されている方も多数いらっしゃいます。

(2018年度)

 

▼プロジェクトの内容

 

アラジンがもっとインクルーシブなジムであり続けるために

 

エアコン購入・設置費用のご支援をお願いします!

 

~~~子どもや高齢者、障がいのある人への適切な環境設備をめざす!~~~

 

 今回のプロジェクトでは、借入金で、業務用エアコンを購入・設置しました。三菱重工製FDEVP2244HP5S。工事は、「天吊型1方向パッケージエアコン新規取付工事」です。クライミングジムは、1階部分だけで200平方メートルあるので、この規模が最低必要です。

 

※画像掲載許可取得済み

 

 

(内訳)

エアコン本体 ¥457,747

工 事 費  ¥351,883

動力申請費  ¥ 70,000

消費税    ¥ 70,370

 合計  ¥950,000

 

(Readyfor手数料)

¥120,000(支援金額100万円の場合)

※Readyfor の手数料として達成金額の12%(100万円の支援で約12万円)が必要

 

 目標を達成して少しでも資金が手に入るよう、初めの目標金額を約半分にしましたが、おかげさまで達成できましたので、不足分約50万円を、ネクストゴールで目指したいと思います!

 

 利用者の健康と安全を重視し、エアコン導入に踏み切りましたが、ネクストゴールまでご支援いただければ、借入なしで設置することができ、大変ありがたいことです。

 

法人の会計状況は…ぎりぎり

 

 営利を求め、大人の一般利用者を優遇するクライミングジムは多いです。その方が、収益もあがり、ジムの運営はたやすいからです。

 しかし、それでは、わたしたちの目的とするジムの形からかけはなれてしまいます。

 収益よりも理想を求め、わたしたちはNPO法人という選択をしました。このような形をとるクライミングジムは、ここだけだと自負しています。

 一方で、多くの人をよびこめないジム経営の形であることから、ジムの運営は厳しいものです。

 下の内閣府ポータルサイトからわたしたちの収支をみていただければ、借入金の返済が大変厳しいということがご理解いただけると思います。

 

特定非営利活動法人アラジンクライミングの法人情報

出典:内閣府ホームページ (https://www.npo-homepage.go.jp/npoportal/detail/105000599)

 

みなさんの応援をお願いします!

ご支援でエアコンの購入・設置費用を補い

インクルーシブなジムであり続けたい

という夢を 支えてください!

 

ちなみに…NPO法人なら助成金がとれるのでは?→No!

 助成金は、障がい当事者と一般の方が一緒に使うものにはもらえません。インクルーシブなわたしたちのジムでは、健常者も使うという理由で助成金の対象にならないのです。

 

▼利用者の声

 

子どもがアラジンに通わせていただいて、早いもので3年になります。クライミングをしていくなかで、日々成長して行く我が子を見て嬉しく思います。夏の間はジムの空調の環境もあって、足が遠退いていましたが、育ち盛り、延び盛りの小学生で、夏休みの間に頻繁に通えるようになると、とても有意義なものになると考えています。今年こそはみんなで協力して、空調の環境をよくしてもらいたいです。(MK父)

○自閉症の息子と利用させてもらっています。アラジンはいつでも温かく受け入れてくれるのでとても心地の良いジムです。ただ、正直、夏は暑いので、つい足が遠くなり・・・エアコンがあったらもっともっと利用しやすいのにと思ってしまいます。(KN)

「クライミングやりたい!」娘の強い希望。でも近所に障害児OKのジムはありませんでした。登れるとドヤ顔で降りてくる娘。アラジンには本当に感謝です。鈍感で熱中症になりやすいので、冷房が付いたら有難いです!(SC)

アラジンがスタートした頃から通い始めて約10年。アラジンは私達家族にとって心のオアシスです!真夏でも気持ち良く登れるように、エアコン導入を切望します!(SA母子)

 

 障がい児・者、高齢者、子どもなど、だれもが余暇を楽しめるようなクライミングジムを、これからも続けていきます。

 

みなさんのご支援をよろしくお願いします。

 

▼リターン

 

 100,000円のリターンでご紹介する鷹取山は、横浜市から最も近い外岩です。横浜市境からたった2km。 安全にご案内しますので、どなたでも手軽に楽しく登れます!

コース例:京急追浜駅から自然観察をしながらハイキング。クライミングでしか行けない岩の上からクライミングルートをのぞく。インストラクターのサポートで約15mの壁を登る。クライミング後は、神武寺や東逗子への縦走、などなど。いろいろな体験ができる楽しい場所です!

 

鷹取山情報https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=18080

 

▼プロジェクトの終了要項

 2019年5月26日までにクライミングジムアラジンにエアコンを設置したことをもってプロジェクトを終了とする。


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)