プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

食物アレルギーのある子どもをもつママが経験をもとに情報発信!
定期イベントを開催して、ご家族の不安や悩みを和らげます。

 

はじめまして!任意団体 ”all with” の杉浦早恵子と申します。3歳の息子と1歳の娘がおり、長男は、重度の 食物アレルギー があります。(小麦・卵・ゴマ)私自身も大人になってから小麦アレルギーを発症しました。

 

息子の乳児湿疹が治らなく、何が起きているのか、いつまで続くのか不安な日々を過ごしてきました。そして、3歳を過ぎたころ、なんで、僕は食べられないものがあるの?」、「みんなと同じものが食べたい。」と、まっすぐな目で息子が言いました。子どもの純粋な気持ちです。私はずっとこの日が来るのが怖くて考えないように目を背けていました。返事を用意しておくはずだったのです。でもその時はただ彼を抱きしめて頭をなでることしかできませんでした。この瞬間をアレルギーの子をもつ多くのご家族は、怖いのです。

 

湿疹の正体が食物アレルギーだと分かる前も、分かってからも、私の頼るべき情報はインターネットでした。"今までの苦労を、同じ悩みをもつご家族のために活かしたい!"そんな想いを抱くママたち4人が集まりました!みんな、重度の食物アレルギーをもつ子どものママです。食物アレルギーをもつお子さんをもつご家族のために、アレルギーの子どもが参加できるお料理のイベントを開催したいと思います。そして何より、子どもの食物アレルギーに悩むご家族に「ひとりじゃないよ」と伝えたい。“ママだからこそできること”を私たち4人から広げていきます!

 

 

出典:http://komeko.ishikenren.jp/

 

子どもの食物アレルギーに悩むご家族に「ひとりじゃないよ」と伝えたい。

 

 

食物アレルギーの子をもつ親は毎日緊張の糸を張っています。

 

■ インターネットの中で探し続けた一筋の光

 

息子の乳児湿疹がなかなか治らない時、それがなぜだか分かりませんでした。

 

『乳児湿疹 治らない』 

『乳児湿疹 いつまで』

『湿疹 アレルギー』

 

不安な気持ちのまま、彼が寝た後、湿疹だらけの顔を見ながら必死で検索。食物アレルギーだと分かるまでも、分かった後も、情報を得る主な場所はインターネットでした。当時はSNSが今ほど普及していなかったこともあり、欲しい情報はなかなか見つからず、どうしたらよいものか途方に暮れる毎日でした。

 

当時の育児日記 初めての子育てということもあり、毎日不安でいっぱい。

 

謎の湿疹に毎日悩まされ、 掻き毟らないようにミトンをしています。

 

 

■ 成分表とにらめっこの日々

 

また、食物アレルギーがあると日々の食事・買い物に神経をつかいます。治療の過程で食べられないものは、成分表示を見て親が判断する必要があります。

 

「これは○○入ってないかな」

「□□はどこで買えるのかな」

 

アレルギーが重度であったり、小麦や牛乳がNGとなると、スーパーで購入できる商品は少なく通販に頼ったり、専門店まで足を運ばなければなりません。また、安易に外食をしたり出来合いのお惣菜を買ったりもできません。"誤食を防ぎ、食べられない食品を代用して献立を立てる" それがアレルギーの子をもつご家族の毎日です。

 

多くが取り寄せ商品です。通販マニアになりました!

 

血液検査は子どもの細い腕に針をさして・・・と心が痛みます。

 

 

■ 立案者4人のママたち

 

私達は、重度の食物アレルギーをもつ子どものママです。『七大アレルゲンを含まないケーキの試食会』に参加した際、メモをとり質問をしてひとつでも吸収して帰りたい!というような真剣な表情の3人のママたちと知り合って意気投合。

 

"今までの苦労を同じ悩みをもつご家族のために活かしたい!"

"食物アレルギー 辛い・悲しいだけで終わりたくない!"

 

その想いで、4人で立ち上がりました。

 

名古屋市にある「天使の庭」さんより。

 

 

食物アレルギーでも大丈夫!
お料理イベントで、経験のシェアとほっとする仲間との交流の場をつくります!

 

食物アレルギーがあると”食”に関する行事へは参加しづらいのが現状です。アレルギーに配慮されることは少なく、誤食等の心配が尽きません。そこで、all with では定期的にイベントを開催し、食物アレルギーがある子どももご家族の方も気兼ねなくコミュニケーションをとることができる機会を作っていきます。

 

私たちは、お医者さまではなく普通のママです。“だからこそできること”として、以下のイベント内容を考えています。

 

  • 「日々の料理に悩むご家族へ」

これまでの経験を活かし、日々の料理・パンやスイーツのレシピ、外食の情報やアレルギー対応の商品を紹介していきます。

 

アレルゲン不使用でもおいしいレシピはいっぱい!

 

  • アレルギーのお子さんも一緒お料理をつくるイベント

アレルギーの子どもが参加できるお料理イベントを2017年春~開催予定です。その他、お祭や季節の各種イベントを開催します。夏であれば小麦ではなくお米を使った麺で流しそうめんも楽しそうですね!

 

「育児×食物アレルギー」「食育×食物アレルギー」という観点での交流の場をつくります。

“食”に関する行事は参加しづらい・・。その現状を変えたいと思います。

 

将来的には、all with としてのイベントスペース兼キッチンを持つという夢もあります。まずは、場所をお借りして調理器具を新調しイベント開催に備えたいと思います。中古の器具では、これまでに使っていた食品がアレルゲンになる可能性があるためオーブンから新しく購入します。

 

「ケーキっておいしいんだね!」

 

■ 仲間の存在を感じてほしい。

そして、子どもたちが自分が特別ではないと思える場所をつくりたい。

 

先日、牛乳アレルギーのある子どもにママが牛乳を飲ませたと大々的に報道があり、理由は様々だったにしろ、「相談できる仲間はいたのかな…。」と胸が締め付けられる思いになりました。

 

自分がそうだったように、今後、子どもが食物アレルギーで悩んだ時に、同じ悩みを持つ仲間の存在は、精神的な支えや安心になります。また、子どもたちにも、自分が特別だと思わず仲間を自然と作れるようにし、いっしょに成長していく環境を作りたいです。

 

同じ悩みを持つ仲間で支え合い、子どもたちの成長を見守る。

 

 

食物アレルギーと上手に向き合う。“みんな一緒”と感じられる場所に。

 

幸いにも私は食物アレルギーを持つ方たちと知り合い、悩みを相談し合えたことで、精神的にとても救われています。今後、食物アレルギーのお子さんをもつご家族が安心して生活できるような環境を目指したいです。

 

all with -みんないっしょ‐ ※all=allergy アレルギーの意味も含めて

みんないっしょだよ。あなたは一人じゃない。

 

食物アレルギーにまつわる悩みごとはつきません。食事はもちろん、心のケアや

園や学校のこと。 親も子供も負担を抱えて孤立しないように。

 

『いっしょに乗り越えていこう!』

『食物アレルギー ⇒ 悲しい・辛いだけじゃない!』

 

という気持ちを忘れずに活動をしていきたいと思います。

いつか、何でも食べられるようになることを願って。

 

「食物アレルギーのお子さんをもつご家族が安心して生活できるような環境を目指したい!」
左から伊藤・杉浦・吉田・福海

 

 

 

伊藤 真由実 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ◆長女:卵・小麦・ソバ・蟹・スイカアレルギー 、長男:卵・牛乳アレルギー

 ●岐阜アレルギー児の親の会 Yummy!代表

 ●歯科衛生士

   ●食育指導士

 

福海 ゆかり ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ◆長男:卵・小麦・ナッツ類全般アレルギー

 ●保育士免許を取得

 ●学童で8年勤務

 ●名古屋市熱田区にてアレルギーをもつママの交流会を実施

 

吉田 祐子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ◆長女:卵・小麦・クルミアレルギー

 ●ローフードマイスター

 ●米粉マイスター

 ●味噌教室開講

 ●一宮市 Cafe/Lunch Pirouette ~ピルエット~ 勤務 

グルテンフリーランチを担当 

●2017年春~自宅で料理教室を開講予定

 

 杉浦 早恵子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 ◆長男:卵・小麦・ゴマアレルギー

 ●Jr.キッズ食育トレーナー

 ●幼児食インストラクター

 ●パンマイスター

   ●2017年春 米粉プロフェッショナルトレーナー取得予定

 

****************************************************

all with の活動は、2017年に向けてこれからです。

活動にご賛同いただける個人の方、企業様、

"いっしょに活動をしていきましょう!"

"~なことはできない?" 等お気軽にお声掛けいただけますと幸いです。

お問い合わせは下記までお願い致します。

info@allwith.jp

****************************************************

 

■ 資金使途

・調理器具購入費 :300,000円 
・イベント開催費 :200,000円 

・その他諸経費:120,000円

 

■ リターン

ママが子どもに食べさせたいおやつとして考案された

「toco toco クッキー」

 

または

 

愛知県一宮市でご活躍中の harunico様 からご協力をいただき、

"harunico × all with"で7大アレルゲン不使用のお菓子を作成しお届けします

レシピも同封しますので、楽しみにしてください♪

 

●子育てコミュニティ toco toco

子育て世代のやってみたい!学びたい!働きたい!を子連れで 実現させよう!!
子育てに関わる全ての人が参加・提案可能なコミュニティ。

 

ママがレシピを考案

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●harunico

子どもたちに安心・安全でやさしいお菓子を。

卵、乳製品、白砂糖を使わないマクロビオティックスイーツ教室を開催、

スイーツの販売をされています。

 

主催の岡田由貴子さんありがとうございます。
 

 

 


最新の新着情報