「肝高の阿麻和利」は、現在190名程のメンバーが在籍しています!

 

このメンバーをまとめているのは、高校生が中心の組織である“リーダーズ”です。

 

毎日稽古前にミーティングを行い、稽古内容を考え、指導者と共に舞台作りを担っています。後輩一人一人を見て指導するだけでなく、衣装・小道具の管理や、各パート間の情報交換も行っており、この舞台を支えている存在です!

 

 

今回は、そのリーダーズの苦労ややりがい、メンバーへの想いをお届けします♪

 

 

 

【大変だと感じるときは?】

 

・どんなにみんなのために動いたり伝えようとしても、思うように出来ず、メンバーとすれ違ってしまうこと。

メンバーに示しがつくような行動をリーダーズになる前よりも意識したことです。

 

・一つの部門、チームを率いる責任をもつこと。自分の行動が、後輩たちの成長に直接関係してくるので、一つ一つの行動を意識しなければならない。

でも、その大変さが同時にリーダーズの楽しいところでもあります。

 

 

 

【リーダーズでよかったことは?】

 

・大変なこともあるけど、みんなが頼ってくれるのが嬉しいし、みんなに踊りを教えることで自分も成長出来ます!なにより後輩の成長を見ることができてリーダーズでよかったと思えます(*^_^*)

 

・稽古中に先輩たちから散々キツイこと言われてボロボロになっても、本番になれば舞台の上でキラキラと堂々と輝いて、お客さんからたくさんの拍手をいただいている後輩たちを見たとき、リーダーズでよかったなと改めて実感します。

 

・リーダーズに入ったことで、他の部門と関わりが深くなったことや、責任感・リーダー性を身につける事が出来ました!

 

 

 

【リーダーズからメンバーへ伝えたいこと】

 

・出会ってくれて、ありがとう!

 

・リーダーズが怒ったりするのは、みんなを成長させたいと思っているから。

だからみんなついて来てください!みんなで良い舞台をつくりましょう!

 

・阿麻和利メンバーとしての誇りを忘れずに。自分たちはプロでは無いけど、いつでもプロ意識を持って。

 

・本当にみんなと出会えてよかったです。厳しく注意することもあるけど、その厳しさには、いつでも愛情がたくさんこもっています!

 

・15年という節目を迎えて、これから先も長続きするような、たくさんの人たちに想いを届けられるような舞台を作り上げましょう!

 

 

 

【いつも応援してくださる皆様へ】

 

・いつも応援して下さり、ありがとうございます!!

楽しいこともツライことも、たくさんこのメンバーで乗り越えてきました。

これからも「肝高の阿麻和利」は成長していくので、応援よろしくお願いします!!

 

・いつも本番中、お客様の笑顔や涙している姿、盛大な拍手に元気や力をもらえます!これからも「肝高の阿麻和利」は進化し続けるので、今後とも応援よろしくお願いします!

 

新着情報一覧へ