陸前高田コミュニティー図書室は4月7日に開館しました!

 

⇒ 図書館開館 500冊でスタート

 

オープニングには、陸前高田市教育委員会の次長の金賢治さんにもご参列いただきました。

 

 

金さんのスピーチの中に

 

陸前高田市が失ったもの。それは「空間」です。

 

というお話がありました。

 

家も、公共施設である図書館も、博物館も、体育館もなくなった…。

 

4月7日の図書室の開館を前に、陸前高田市立図書館の跡地に行きました。図書館員のご冥福をお祈りいたしました。

 

 

そんな中、金さんがこの陸前高田コミュニティー図書室に望むものは

 

 

子どもが、夢を作り

 

大人が、夢を語る場所

 

 

となること。

 

金さんの言葉が心を打ちました。

 

 

そんな場所を作るお手伝いをしていただけたら幸いです。