READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

動物の"癒しの力"に触れる機会。「出張あにまるず」を始めます!

あにまるず

あにまるず

動物の"癒しの力"に触れる機会。「出張あにまるず」を始めます!

支援総額

1,345,000

目標金額 1,000,000円

支援者
103人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
22お気に入り登録22人がお気に入りしています

22お気に入り登録22人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

また来ますね。

お願いね。バイバイ。可愛かった..!! 嬉しかった!!


涙を流して喜んでくれている。。。

頑張った動物たちと、

これからも続けていきたい。

複数箇所回っていきたい...。

改めて感じた、プロジェクトへの想い。

「出張あにまるず」1件のみ先行実施の様子はこちら

 

 

第1目標達成のお礼と第2目標挑戦の報告


本クラウドファンディングにご支援してくださった皆様。
10/25に第1目標である100万円を達成することが出来ました。
これは、偏にあにまるずの活動を応援してくださった皆様のお陰であり、“皆様の成功“でもあります。 厚く御礼申し上げます。

頂いたご支援を基に、責任を持って“出張あにまるず“を実施致します。
18日間を残しての達成となったため、第2目標(ネクストゴール)に挑戦させてください。

11/12まで、200万円の調達にチャレンジ致します。
もちろん、第1目標の100万円の時点で“出張あにまるず“の実施は可能ですが、

・より多くの施設に足を運ぶため
・デリケートな動物の体温調整などが出きるヒーターや加湿器など、環境設備の増強のため

本当に必要な額面である200万円という第2目標を設けました。

我々にとっては非常に高い壁ですが、なんとか達成出来るように頑張ります。

 

改めて、この度はご支援誠にありがとうございます。

 

既に皆さまにはご支援、ご協力をいただいておりますが、11/12の最終日まで引き続きのご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

令和元年10月28日追記:あにまるず一同

 

 

本プロジェクトの目的

✔︎障害者施設や精神障害者施設などに動物を連れていき、癒しや生きる希望を与える活動をしたい

 

✔︎動物達を児童福祉施設に連れて行き、命の尊さを伝える活動をしたい

 

我々"あにまるず"は、YouTubeと動物カフェを通じてエキゾチックアニマル(ミニブタ、カワウソ、ミーアキャットなど)の「可愛さ」や「癒し」を発信しています。

 

上記活動を行いたい理由は、我々が「動物達と触れ合いたいけど、体の不自由もあり中々足を運べない」「親と近所の動物カフェに行ったが車イスが通れず入店出来なかった」といった辛い声を耳にして使命感を感じているからです。

 

我々が、かつて動物の癒しの力によって救われた経験があるからこそ、YouTubeやカフェを通じて「可愛さ」や「癒し」を訴求しているからこそ、どうしても行いたい活動です。


これらの活動資金(本来施設が負担する依頼料や遠征費、留守番中の動物を飼育するための人件費等)を集めるのが、今回のクラウドファンディングです。

 

目標金額について

✔︎第1目標:100万円

 

✔︎第2目標:200万円

最終締切:11月12日(火)

 

下記に、詳細やリターンについて記載しております。

不躾なお願いで恐縮ですが、僅かでもご支援いただけますと幸いでございます。

 

 

エキゾチックアニマルの「癒しの力」を、

「出張あにまるず」で届けます!

 

こんにちは、私達はYoutuber兼動物カフェを営む「あにまるず」です。

 

 

↓↓チャンネル登録者数が10万人を突破いたしました!YouTubeはこちらから↓↓

https://www.youtube.com/channel/UCGkxhoVGXHXxHx-TKkacb2Q

 

動物達の可愛さや、正しい飼い方を世の中に広めるべく、Youtubeで動画を通じて動物たちとの日常を毎日公開しています。

 

現在飼育しているのは、ミニブタ、カワウソ、ミーアキャット、ナマケモノ、アヒル、フクロウ、カメ、ハリネズミ…などなど、「エキゾチックアニマル」と呼ばれる、「ペットとして飼育できるけれど、まだ珍しい動物」たちです。

 

あにまるずで飼育しているコツメカワウソの「しゃもじ」くんです。

 

「あにまるず」は、2016年にYoutubeチャンネルを開設。その後、2018年6月に神奈川県横浜市で動物カフェをオープン。動画視聴だけでなく、実際にエキゾチックアニマルと触れ合える場を提供しています。

 

以降、動画視聴・カフェでの触れ合いを通じて『自らも飼いたい』と懇願する御客様の需要を叶えるために、「あにまるず」では、売れなかった際の殺処分を生み出さないよう完全受注制での動物販売も行うようになりました。

 

 

 

動物たちの癒しの力を日々お届けしている「あにまるず」としては、たくさんの人に足をお運びいただき、動物たちの癒しの力を実際に体験して欲しい。

 

しかし、『行きたい』という気持ちは強くとも、ご年配の方、障がいをお持ちのお子さんなど、実際にご来店が難しい方々もいらっしゃいます。

 

そこでこの度、「出張あにまるず」として、「あにまるず」に日頃ご来店が難しい方々にも、エキゾチックアニマルと触れ合う機会をつくります。

 

みなさま、応援のほどどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

- 関係者紹介 -

 

 

■あいるん

群馬県生まれ。

「あにまるず」のオーナー兼タレント。


幼少期から動物をこよなく愛しており、実家では犬・猫を飼っていました。読書といえば「動物図鑑」、当時の将来の夢は「動物に囲まれて生活すること」。動物カフェを営み夢を叶えた現在は、「令和の女ムツゴロウになる」という夢を持っております。後述の「あにまるずブランド」形成のため、基本的には24時間動物と寝食を共にする生活を送っております。パチンコの来店タレントとしても活動しており、そこでも「あにまるず」をPRする程の強い動物愛を持っていると自負しています。

 


 

■A氏マン

東京生まれ。

「あにまるず」社員。

動画の撮影・編集やカフェでの御客様との接客を主に担当。

 

青年期に川で溺れていた猫を飼った経験から、動物愛が芽生え以降ずっと「あにまるず」をオープンするまでずっと動物愛を胸に秘めておりました。動物取扱責任者の資格を取得しているため、カフェでは御客様に対して豆知識を提供できるよう心掛けております。また、職人をやっていたの経験から、飼育用ゲージ・動物用トイレ・「あにまるず」のPOPの制作なども行っています。制作力には自信があるため、この度のリターンでもA氏マンお手製のグッズをプレゼントします。

 

 

 

24時間、いつも一緒。

だから叶えられる「あにまるずブランド」。

 

「あにまるず」の動物達は、生まれた時から肌身離さずあいるんの手で育てているため、限りなく人馴れしています。       

 

一般的に、エキゾチックアニマルは犬・猫と比べて野生が残っているため、人に噛み付くことや、懐かないこともしばしばあります。

実際、過去にミーアキャットやフクロウを飼っていた人からは

「思っていた程甘えてこない」

「噛みついてくる」

「腕に乗った時の爪が痛い」

そのようなお話を聞きます。そして、残念ながらこれら「人馴れしていないこと」が原因で、飼育前のイメージと実際の飼育にギャップが生じると、飼育放棄の大きなきっかけとなってしまいます。

 

2本足で立つミーアキャットの「モナカ」とそれを見つめる2羽のフクロウ

 

「あにまるず」では、そのような飼育放棄を防ぐため、そしてカフェや今回クラウドファンディングで挑戦する「出張あにまるず」の企画で、たくさんの人に動物達の癒しを提供していくことを想定しているため、人馴れした動物しか存在していません。

ミニブタ、カワウソ、ミーアキャット、フクロウ・・・全部の動物が『人間が大好きで甘えたがり』です。

 

何故、「あにまるず」の動物達は人馴れしているのか。

 

それは、生まれた時からオーナーのあいるんが、肌身離さず24時間寝食を共にして生活しているからです。人間の赤ちゃんと同様に、生後間もない動物と同じ時間を共有しています。出かける時も、寝る時も一緒です。

 

もちろん、動物の飼育は言葉が通じないため想像以上に大変です。特に生後間もない子は体も弱いので細心の注意が必要です。しかし、『飼育放棄を無くしたい』、『動物の癒しの力を提供したい』という思いでこのような取り組みを始めました。もちろん、販売する動物も、御客様にお渡しする日まで同様に育てています。

 

最近生まれたミーアキャットの赤ちゃん。新しいご家族が決まりました!

 

この、生まれた時から肌身離さず24時間寝食を共にして生活するで人馴れしている状態を「あにまるずブランド」と呼んでおります。

 

御客様の足の上で寝てしまうほど人馴れしたミニブタ「つくね」

 

もちろん、エキゾチックアニマルを飼育するために必要な知識も提供しております。例えば、エキゾチックアニマルは温度調節機能が発達しておりません。

適した気温、シャワーの温度なども動物の種類とに異なるためしっかりお伝えしております。他にも、食事を与えるタイミングや量、体調不良の合図など、必要な知識は全てお伝えしております。

 

 

動物の持つ「癒しのパワー」に救われ、

「命の尊さ」について学んだ過去があります。

 

あにまるずを始めたのは、あにまるずを運営しているあいるんとA氏マン、それぞれの過去がきっかけでした。

 

 

- ミニブタつくね君の癒しの力に救われた -

 

私、あいるんは、過去に一度、人間に対する信頼を失いました。飼っていたミニブタが医療ミスによって弱った体にされたこと、そして、そのことに心を痛めていたときにも、周りの人に心無いことを言われたためです。

 

結局、最初に飼っていたミニブタは弱った体でも生きていきやすいようにと牧場へ返しました。その後、A氏マンや牧場の方と相談した結果、2代目のミニブタを飼うことにしました。それが現在のつくね君です。

 

そしてこのつくね君の癒しの力によって私は救われました。とにかく私に回りをついて歩く、顎を舐めてくる、美味しそうにご飯を食べる…。そんな姿を見ているうちに、心は晴れてまた笑顔で人に接することが出来るようになりました。

 

今では、大好きな動物たちに囲まれて、日常的なストレスなど全くない日々を過ごしています。

 


 


 

- 命がけで助けた子猫に学んだ、命の尊さ -

 

私、A氏マンは、いわゆる「不良少年」として青春時代を過ごし、人への愛情や思いやりに欠けた毎日を過ごしていました。

 

髪を銀色に染めて、学校にはたまにしか行かず、先生の言うことも聞かず自由奔放に過ごしていました。『先生の説教も聞きたくない、早く誰にも何も言われない大人になりたい』そう思って高校2年生の夏休みに知り合いが営む建設会社に住み込みで働くことにしました。

 

その住み込み先の田舎で川で溺れかけている子猫を発見しました。他人への興味を失っておりましたが、溺れかけている猫を見かけると危険を顧みず、つい体が動いてしましました。

 

命がけで助けて看病したことで、生き物に対する思いやりや命の尊さを学びました。以降は改心し、助けた子猫のことは寿命を迎えるまで、家族として大切に育てました。

 

 

 

きっと今の世の中にも、かつてのあいるんやA氏マンのように、動物から「癒し」を得たり、「命の大切さ」を学んだり、動物たちの持っているパワーに救われる人はたくさんいるのだと思っています。

 

しかし、今の状況では、そうした動物たちの持つ癒しのパワーを、動画によってでは断片的にしか伝えられない。実際に動物に触れ合っていただくのも、金銭的に余裕があったり、近くにお住まいだったりする、限られた方のみです。

 

この現状を、どうにか打開できないだろうか。

 

もっとたくさんの人に、動物たちの持つ「癒し」のパワーを感じていただいたり、動物の飼育方法を正しく伝え広めることで、「命の尊さ」を学んでいただくための機会を、作ることはできないだろうか。

 

あいるんとA氏マンは、それぞれの経験から、そんな想いを持つようになりました。

そこで思い至ったのが、何らかの事情でお店に来られない方々に、動物たちを連れて会いに行く「出張あにまるず」です。

 

「どんな人たちに会えるかなあ〜」
ミニブタのつくね君も、カワウソのしゃもじ君も、出張を心待ちにしています!

 

 

動物たちにもらった癒しのパワー」を、

今度は、伝える番。

 

自分たちがそうだったように、動物との触れ合いを通じて「命の尊さ」「癒し」「生きる希望」を伝えたい。エキゾチックアニマルの魅力を日々伝え続けている我々にしかできないことである、と思い至りました。
 

しかし、施設には、費用を負担する余裕が無い所がほとんど。

 

本来施設が負担する依頼料や遠征費といった費用など気にせずに、出張あにまるずを楽しんでいただきたい。ですが、そう考えたとき、上記のような費用は私たちあにまるずで賄わなければなりません。

 

 

そのほかにも、癒しを与える動物達自体が快適に暮らせるためのお金(餌代、糞尿処理、体温調節機能が弱いため多額な光熱費等)、留守番中の動物を飼育するための人件費…などなど、それら全てを施設側・あにまるず側で賄うことは困難であり、「出張あにまるず」を行うことは到底不可能です。

 

一方、ありがたいことに、ご相談をいただく中で「出張あにまるず」に対する需要は、感じております。

 

犬・猫によるアニマルセラピーは存在していても、エキゾチックアニマルによる出張型のアニマルセラピーを行っている団体は存在しません。それはエキゾチックアニマルの癒しの力を感じており、尚且つ「あにまるずブランド」を形成している我々にしか出来ないことであるという使命感を感じております。

 

 

なので、なんとしても「出張あにまるず」を実現させたいと思っております。

 

普段動画を観てくださったり、カフェに足を運んでくださる「あにまるずファン」やエキゾチックアニマルが好きな方々や、あにまるずの理念にご賛同いただける方々…皆様の思いで実現出来れば幸いです。

 

皆様の共感の思いで夢を実現出来るのは、クラウドファンディングならではです。

実際にご支援いただいた皆様のことは施設の方々に賛同者としてお名前・ニックネームを紹介したいと思っております。

 

あにまるずの夢の実現を皆の力で応援していただきたいです。

 

 

 

子ども達には「命の尊さ」を、

体が不自由な高齢者には「癒し」を、

心に病を抱えた人達には「生きる希望」を届けたい。

 

かつて私たちが、動物達から「命の尊さ」、「 癒し」、「生きる希望」を学んだように、今度はエキゾチックアニマルカフェを営 む私たちが、子ども達・体が不自由な老人達、心に病を抱えた人達に伝える側になりたい。

 

それは、生まれた時から肌身離さず24時間寝食を共にして生活するで人馴れしている「あにまるずブランド」を形成する我々だからこそ出来ることであると感じております。

  

あにまるずファン、エキゾチックアニマルが好きな方、あにまるずの理念の賛同者の皆様からいただいた共感の資金で、責任をもって「出張あにまるず」を実現します!

 

 

 

リターンについてのご紹介

 

【おすすめのリターン】

○5,000円のリターン

フクロウの羽で作ったしおりとマグカップのセットを、20名様限定でご用意しております。フクロウの羽は、煮沸消毒をおこなってラミネート加工しています。

 

○30,000円のリターン

あにまるずの中でも絶大な人気を誇るミニブタつくね君の牙(生え変わりのタイミングの関係上、2年に4本しか取れません!)をキーホルダーにして3名様限定でお届けします。

 

【ご留意事項】

○100,000円のリターン

1年間マスコットキャラクターとなる動物たちは、状況によりご希望に添えない場合がございます。あらかじめ、おふくみおきください。

 


本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

もっとみる
プロフィール
あにまるず
あにまるず
エキゾチックアニマルの日常・癒しを提供するYoutubeチャンネル「あにまるず」。 週末は動画に登場する動物達との触れ合いの場を提供するためにカフェも経営。Youtubeの登録者数は2019年8月6日に目標にしていた10万人を突破しました! 今後ともストレス社会に動物達の癒しの力を届ける為、より一層精進致します。 オーナーの「あいるん」はタレントとしても活躍中。

リターン

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

あにまるずを全力で応援!コース

*サンクスメール

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年2月

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

オリジナルマグカップコース

*お礼のメール
*オリジナルマグカップ1個

支援者
15人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年2月

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【先着順!】お得なグッズコース

*サンクスメール
*フクロウの羽で作ったしおりとマグカップのセット
※マグカップとしおりは1つずつ

支援者
19人
在庫数
完売
発送予定
2020年2月

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

クラウドファンディング支援者様限定メルマガを毎週配信!

*サンクスメール
*支援者限定、オリジナルメルマガ動画を毎週配信

※配信期間は、半年間を予定

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年2月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

クラウドファンディング限定「文字画Tシャツ」

*サンクスメール
*クラウドファンディング限定「文字画Tシャツ」

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年2月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【非売品・クラウドファンディング支援者限定!】あにまるずオリジナルアートフレーム(金)

*サンクスメール
*非売品!あにまるずオリジナルアートフレーム(金)
*ご希望の方に限りお名前も一緒に記載をさせていただきます。

※ご希望でない方は「なし」とお答えください。
※金のフレームはミニブタつくね・カワウソしゃもじのいずれかをお選びいただけます。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年2月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

オリジナルクッションをお届け!コース

*サンクスメール
*あにまるずのオリジナルクッションをお届けします。

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年2月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

あにまるずオリジナルパーカーをお届け!コース

*サンクスメール
*あにまるずオリジナルパーカー

・パーカーの色は黒、紺、グレーの3色よりお選びいただけます。
・サイズ展開はS、M、L、XL、XXLとなります。

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年2月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【限定3名!】超プレミア!ミニブタつくね君の牙キーホルダー

*サンクスメール
*2年に4本しかとれないプレミア品!ミニブタつくね君の牙キーホルダー

支援者
3人
在庫数
完売
発送予定
2020年2月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【世界に2枚だけ!】あいるんとペアルックの限定パーカー

*サンクスメール
*世界に2枚だけ!あいるんとペアルックの限定パーカー

支援者
1人
在庫数
完売
発送予定
2020年2月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【あにまるずとの会食付】あなたの企画をあにまるずで放送!?あにまるずの1日を体験コース

*サンクスメール
*お散歩体験・カメラマンとしての撮影体験・YouTube動画製作の相談を承ります。(地方の方もご利用いただけます)
*動画のエンディングにお名前を掲載します

支援者
1人
在庫数
17
発送予定
2020年2月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【世界に2枚だけ!】A氏マンとペアルックの限定パーカー

*サンクスメール
*世界に2枚だけ!A氏マンとペアルックの限定パーカー

支援者
1人
在庫数
完売
発送予定
2020年2月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【限定6名!】つくね君ハウスに支援者様のお名前を書いた木札をとりつけます

*サンクスメール
*つくね君ハウスに木札を貼り付け

支援者
1人
在庫数
5
発送予定
2020年2月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【限定10名!】非売品!あにまるずビッグボードレプリカ

*サンクスメール
*非売品!あにまるずビッグボードレプリカ

支援者
0人
在庫数
10
発送予定
2020年2月

100,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【企業様向け】あにまるずの動物を、1年間限定のマスコットに!

*サンクスメール
*あにまるずの動物が1年間マスコットになります。

※「マスコット」とは、1日店長や1年間限定のアンバサダーなどを意図として検討しております。動物たちの負荷も考え、状況によりご希望に添えない場合もございます。都度ご相談させていただけますと幸いです。あらかじめ、おふくみおきくださいませ。

支援者
0人
在庫数
5
発送予定
2020年2月

100,000

【複数口ご支援いただけます】全力応援!お気持ちコース

*サンクスメール

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年2月
プロフィール
あにまるず
あにまるず
エキゾチックアニマルの日常・癒しを提供するYoutubeチャンネル「あにまるず」。 週末は動画に登場する動物達との触れ合いの場を提供するためにカフェも経営。Youtubeの登録者数は2019年8月6日に目標にしていた10万人を突破しました! 今後ともストレス社会に動物達の癒しの力を届ける為、より一層精進致します。 オーナーの「あいるん」はタレントとしても活躍中。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXTGOAL挑戦中

放射線治療患者の疑問や悩みに寄り添う手引書「つなぐ手帳」を!

NPO法人つなぐサポート神戸NPO法人つなぐサポート神戸

#医療・福祉

106%
現在
371,000円
支援者
49人
残り
8日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする