プロジェクト概要

 

今年10月31日に谷中銀座で甘味処をオープンします!

 

みなさんこんにちは。立教大学の4年の堤皓介です。突然ですが、この度、僕は大学の仲間たちと祖父の思いを引き継ぎ、谷中銀座で10月31日に「甘味処」をオープンすることを決めました。

 

物心ついた時から喫茶店を作ることの夢でした。

 

今回みなさまに祖父と僕の思い、そしてお店を応援していただきたくクラウドファンディングを立ち上げました。1人でも多くの皆様に想いが届くことを願っております。どうか温かいご支援をお願いいたします。そしてお店に来てください。どうかよろしくお願いします。

 

 

全ての始まりは、祖父の思いでした。


長年喫茶店を運営していた祖父が8年前に脳梗塞で倒れました。その後、半身麻痺などの後遺症により、元気だった祖父の姿は消えました。しかし、そんな祖父が唯一楽しそうにする瞬間、それは昔、祖父が経営していたお店のメニューを眺めている時です。
 

子どものころ家に遊びに行くと必ず何かしらの料理を作ってくれた祖父。きっと彼の思い出がここには詰まっていたのだろう、何かしてあげることはできなかいかと考えていました。

 

そんなある日、祖父はお店の話をしてくれました。

 

脱サラをしてお店をオープン。甘味喫茶をやりたいと思いながら独自の研究をしていたそうです。食べ物だけではなく、コミュニケーションなどを通してお客さんを楽しませることを意識し、それが自分の楽しさに繋がり、その空気がお店中に循環した瞬間が何よりも幸せだったそうです。

 

他にも商品のデザイン性でよろこばせたり、当時のお茶漬けといえば煎茶をかけるだけでしたが、出し茶漬けを始め、大ヒット。そのエリアに1店舗だった甘味処は他のお店が次つぎ増え5店舗まで増え、お店は愛され続けたそうです。

 

しかし、それに応え続けようとした結果、品切れなどといった事態は絶対に起こしたくない。そう意気込み、毎日夜中まで仕込みをしていたそうです。寝れない毎日。ついに祖父は体調を崩し、お店は閉店することになったのです。

 

僕はその話を聞き、「おじいちゃんの思いを引き継いでお店を開こう」そう決めました。

 

真剣に昔の話をしてくれている祖父。

 

谷中茶寮 アンとミツ
大学の仲間達と昔の良さ×新しさでお店を復活させたい!

 

ただやるなら祖父だけのためではなく、祖父がやったように自分自身の挑戦としても他にはない新たな価値を届けたい。そう思い、同じ大学の経営学部、異文化コミュニケーション学部の仲間2人を誘いオープンすることを決めました。

 

そして僕たちは谷中銀座を選びました。そこには日本の昔ながらの良さがあると思ったのと、日本の和の魅力を海外の人にももっと知ってほしいと思ったからです。

 

 

谷中茶寮 アンとミツ 店舗情報

 

■場所:東京都荒川区西日暮里3-14-7

■営業時間:11時~19時(予定)

■オープン日:2018年10月下旬予定

■座席数:8~10席(予定)

■料金:平均予算800円(店内)500円(テイクアウト)

■こだわり :古さ×モダンの表現した甘味喫茶。
古さとは、1949年創業の「梅月」を元に表現。メニューは伝統の自家製あんこや黒蜜を基軸に定番のラインナップを中心、梅月のモチーフや良さを残したデザインで表現。新しさとは、見せ方やデザインだけではなく、提供の仕方やカスタマ体験を通じ表現をするさらに町としても日本の古きよい名残ある谷中銀座という立地でその町との融合を目指す。

■HP:一生懸命作成中

■Facebook:アンとミツ​

 

しかし、卒業までの期間などもあり時期を急いだ結果、自分たちの思い描く内装には予算的に足りない部分が発生してしまいました。内装改良費や海外の方用のサービス拡充などの費用が不足しており、中途半端なお店になりかねない状況です。そこでみなさまにそのための費用をみなさまにご支援いただけないかと思い、プロジェクトを立ち上げました。

 

 

 

祖父の思いと日本の伝統文化を世界に発信していく場所にしていきたいです。

 

伝統を進化させ継承していく今回のプロジェクトで、祖父が亡くなる前に自分の証として残してあげたいのはもちろんのこと、谷中銀座商店街をもっと盛り上げる、世界に日本文化の魅力をもっと伝えていくことが若い自分たちだからこそできる部分ではないかと思います。


昔ながらの良いものを、ただそのまま残すだけではいずれ厳しくなっていく、その価値を活かしながら新しい体験価値などを足し算することでどんどんつなげていくことができればと思っております。そのための一歩が今回のプロジェクトになります。そのためにみなさまのお力が必要です。どうかよろしくお願いいたします。

 

谷中銀座。

 

費用について

 

内装工事費:5,000,000円
運転資金:2,000,000円
物件取得費:1,400,000円
厨房設備費:1,000,000円

 

オープンは確定していますが、より良いお店にしていくために上記の内の500,000円を皆様にご支援していただきたいと思っております。

 

協力メンバーについて

 


■河野瑠美(左)

「幅広い人に「アンとミツ」であんみつを食べたいと言われるようなお店を目指していきます。」

 

■高須郁生(右)

「不安もありますが、まずは自分が楽しんで周りを盛り上げていきたいと思います!」

 

リターンについて

 

・心を込めたお礼のメール
・1食無料券

・半年間有効オリジナルパス
⇨届いてから半年間有効チケット。お会計から50%引きさせて頂きます。※本人を含む3名まで有効、1日1回まで有効。
・HPに一口サポーターとしてお名前を掲載できる権利(小〜大サイズ)
 


最新の新着情報